2日ドラマ「過保護のカホコ」第4話を視聴した。

今回は衝動的に初に告白したカホコだったが、あっさり断られ失恋したが、失恋のショックよりも空腹が勝るカホコだった。そんな中で失恋からどう立ち直ればよいのか考えるカホコだったが泉と冷戦状態となり正高を介してしか会話をしない。

一方で親戚同士が集まりカホコを励まそうとするがそこでカホコはお酒を飲んでその勢いで初に絵についてこんなのダメだ!と率直な気持ちを伝えるもカホコや糸の絵は天才だよと言って初の良さを伝えるも酔った勢いを後悔する。それを知った正高は初に友達で良いから付き合ってほしいと頼むとそれを汲んだ初は受け入れて初はカホコに正高の絵を見せてカホコと接していく事になり、カホコは何時ものカホコに戻ったシーンがメインだった。
ストーリー

カホコが生まれて初めて泉いずみに反抗したことで、固い絆で結ばれた母娘の関係は冷戦状態に突入する!間を取り持とうと奮闘する正高まさたかは、お互い譲らない2人の板挟みにあってしまう。


 そんな中カホコは、勢いで告白したまま逃げ出してきてしまった初はじめと顔を合わせづらく悩む。人は誰かと出会うことによって自分を変えることができるという叔母の環たまきの言葉に励まされ、改めて初に会うカホコだったが、変な期待をさせない方がいいと思った初から、過保護でガキっぽいところがタイプではないとあっさりフラれてしまい…。
 人生初失恋のあまりのショックから食事もとらず部屋に引きこもるが、失恋中もしっかり空腹を感じることに自己嫌悪で落ち込むカホコ。正高は泉に隠れてカホコに差し入れをするが、そのことが泉にバレて過保護だと責められる。


 一方、退院したイトはカホコを通じて知り合った初を訪ねるが、チェロを弾けなくなったことを親のせいにするイトに、初は冷たく接してしまうのだった。
 部屋に引きこもったまま『失恋から立ち直る方法』を調べるカホコに、正高は気分転換のため泉の実家を訪ねることを提案。しかし、集まった親戚もタイミング悪く各々の家庭の問題を抱え、いつもおしゃべりな泉がいないこともあって空気は沈んだまま。失恋の痛手を忘れるにはお酒が効くと聞いたカホコは、初めてお酒をガブ飲みし、酔ってしまう。そして、その勢いのまま初の元へ向かう!

以上日テレ過保護のカホコHPより


今回はカホコがストレートに初に告白するもあっさり断られ失恋のショックで泣き続ける。しかし失恋のショックよりも空腹が勝るが母泉とは冷戦状態となり父正高を頼る。一方で初めて経験した失恋にカホコはどう受け入れたらよいのか自ら調べ始める。確かに何かから立ち直るには自分から立ち直らなければならないからね。

そんなカホコを励まそうと親戚が集まってカホコを励ましたが、カホコは母泉と冷戦状態な故に父正高と一緒にいく。そんな状況でカホコは初めてのお酒を飲んですっかりでき上ってしまいその勢いで初のところへ走っていったカホコは初にストレートな気持ちを改めて伝えるも、そこでカホコは暴走しこれまで描いた初の絵をこれはダメだ!と切り裂いてしまう。しかし糸の絵は初は天才だよ!と伝えてカホコはフリーズしてしまった。そんな行動を知った正高は初に会ってカホコと友達で良いから付き合ってほしいと頼み込むが、初は正高にある条件を出したのだった。それは正高を描かせてほしいということだった。そして正高を描いた絵をカホコに見せるとカホコは初から付き合うと言われて母泉との冷戦も終わったが、その先に父正高の溜まっていた不満が爆発したのだった。まあ確かに色々やっても報われないような状況ですからね。

次回はカホコはインターンを経験するが、そんな中カホコの親戚はトラブルだらけの連続を迎える果たしてカホコはこのトラブルでどう成長するのか?そのトラブルに注目だ。