7日Jリーグ15開幕戦が行われ、

浦和レッズはアウェイShonan BMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦し、

3対1で浦和が選手層の厚さで湘南に快勝し公式戦の連敗を止めた。

試合は前半に湘南にPKで先制を許す苦しい展開になるも、

前半のうちに同点に追いつくと、後半湘南との実力差が次第に出始め、

後半30分、32分に立て続けにゴールを決めて勝利した。

ガンバ大阪はホームでFC東京と対戦し、

2対2でFC東京のFW武藤に2ゴールを決められドロースタートとなった。

その他昇格組の松本山雅はアウェイで名古屋グランパスに3対3のドローで

J1初勝ち点を手にしたが、モンテディオ山形はアウェイでベガルダ仙台に0対2で敗れた。

これでJリーグは2ステージ制がスタートして1年間の戦いが繰り広げられていく。
開幕戦という事で新戦力がどれだけ活躍するのか?

という部分もあったけれど、

特に開幕前からサポーターに異例の謝罪文を掲載した浦和は

アウェイで昇格組の湘南相手に最終的には圧倒する形で勝利した。

とはいえ怪我人が多数いるチーム状態だけにACLでは苦戦必死という状況に変わりない。

ガンバ大阪は難敵FC東京と対戦してFW武藤に2ゴールを決められて勝ち点3を獲れなかった。

武藤の2ゴールに東口も脱帽という感じだった。

その他ではやはり唯一のJ1初昇格となった松本山雅が

開幕戦で名古屋相手に3ゴールの打ち合いで初勝ち点を獲得した。

山雅の戦力だとJ1での部隊で戦う事は厳しいと見られていただけに

名古屋の守備陣の問題もあるだろうが、それ以上にこの戦力でも戦い抜くという形を示した格好だ。

前半戦俊輔を欠いて戦う横浜は新加入の外国人FWが登録が間に合わない

という状況で開幕戦を落とした。

それ以上にディフェンス陣の多くが30代というチーム状況も問題ではあるんだけれど、

チームとして世代交代の必要性が急務というところだ。

これでJリーグは開幕し1年間の戦いで果たしてどのチームが年間王者になるのか?

最後まで見逃せないシーズンになりそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。