16日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第7話を視聴した。

今回は本郷先生の最新作を校閲する事になった悦子だったが、

その帰り際に幸人とバッタリ会ってしまうも何か空気が違う。

楽しく校閲している悦子だったが、

実は本郷先生と幸人は3歳の時に離れ離れになった親子だった事を知る。

貝塚に本郷先生と幸人とは確執があると聞かされた悦子は

ストレートに聞き出そうとできない。

しかし最新作で書かれている内容はどうしても幸人じゃないと

わからない事があり幸人本人に直接聞き出そうとすると

幸人は少し間を置いて経緯を話だし特に確執がないと語り

本郷先生と幸人は打ち解けたシーンがメインだった。
ストーリー

悦子はかつて校閲を担当した大御所ミステリー作家の本郷大作から、

雑誌に掲載するエッセイの校閲を頼まれる。

悦子が貝塚とともに、会社を訪れた本郷を見送っていると、幸人と出くわす。

悦子から本郷に紹介されて、動揺を見せる幸人。

本郷のエッセイには、彼がずっと昔に別れたきりの息子との思い出が綴られていた。

悦子は、本郷が息子と一緒にラーメンを食べたエピソードの中に

「ラーメンの具をスミレですくって」という記述を見つける。

正しくはスミレではなく、レンゲのはず。

本郷がこんな単純な間違いを犯すとは思えず、悦子は疑問を抱く。

そんな中、悦子は、幸人と一緒に食事をする。

幸人がレンゲのことを指してスミレと呼ぶのを聞き、驚く悦子。

悦子は、本郷もレンゲをスミレと呼んでいることを幸人に伝える。

すると、幸人は意外な反応をする…。

以上日テレ地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子HPより


今回は本郷先生と幸人が実の親子という事が発覚してスタートしたけれど、

こういう偶然って意外と必然だったりするので必ずしも偶然とは言えない。

それでも今まで言い出せなかったのは世間的には

本郷先生と幸人は親子と知られたくないという気持ちがあるからである。

普通にそうですよね。

知られたら知られたで色々面倒な取材が多くなるからね。

しかし悦子はそれを察する事ができずに校閲をしているというのが前半の流れだった。

後半になると悦子も本郷先生と幸人が親子と

知り直接聞きたい事を聞けないもどかしさを抱える悦子の姿があった。

悦子は性格的にストレートに聞きたいタイプなので

こういうのはなかなか自身が悩んでしまう。

そして悦子を意を決して聞いたら幸人は別に本郷先生と

確執がある訳じゃなく単に言い出せなかっただけだった。

そして本郷先生もまた言い出せないだけだった事で

本郷先生と幸人が話すとその場で打ち解ける事ができたのは

何かのキッカケがなかっただけだったと言える。

そしてそれを悦子がキッカケを与えたからに他ならなかった。

次回は悦子は部長の元妻の小説を校閲する。

果たして今度はどんな校閲をする事になるのか?

その校閲に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




校閲ガール
宮木 あや子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-03-14



運命のアイラブユー<初回生産限定盤>(CD+DVD)
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-11-30



Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(初回限定盤)(DVD付)
栞菜智世
ユニバーサル ミュージック
2016-11-09