9日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話を視聴した。

今回は幸人と登代子が同居していると知った悦子は

状況を確りしようと冷静になろうとするが理解し切れずに動揺し続けていた。

そんな中で子供向けの新雑誌が創刊される事となり、

その中に有名作家の小説を掲載しようとするが、

子供には難しい表現が多く、この表現をどうしようか悪戦苦闘していた。

そんな中有名作家は掲載を取り下げた事で記事に空きができてしまうが、

そんな中でかつて作家志望の男と再会した貝塚は

その男に子供向けの雑誌に掲載しないかと持ち掛けて掲載する事になり

3日かかるところを1日で仕上げようと校閲部が

徹夜で作業に取り掛かり見事に完成させた。

その朝に悦子は幸人から告白を受けるシーンがメインだった。
ストーリー

幸人が森尾と同居していると知った悦子。

彼女は、恋人でもない女性の家に間借りをする幸人の感覚が理解できずに悩む。

幸人がどんな人間なのか確かめたい悦子は、彼を尾行することに。

幸人は、悦子を困惑させるような不思議な行動を重ねるのだった。

恋でモヤモヤする悦子、仕事では子供向けの新雑誌『月刊こどものべる』に

掲載される小説の校閲を任される。

その小説は言葉遣いが難解で、子供が理解できる内容ではなかった。

悦子が編集担当の貝塚に意見すると、彼は悦子に反発。

衝突する二人の前に、バイク便の男性が現れる。

彼は、かつて作家志望で貝塚が担当していた桐谷だった。桐谷は、貝塚を恨んでいた。

そんな中、『月刊こどものべる』に掲載予定だった小説の作者が

作品を引き上げると言い出して掲載できなくなり…。

以上日テレ地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子HPより


今回は悦子は登代子と幸人が同居していると知り激しく動揺していた。

そんな中で新たなる仕事である子供向け新雑誌の創刊を手掛ける事になった

悦子は幸人ショックを振り払おうと張り切る。

しかし子供向けという事で大人向けの表現が子供には

難しい事を痛感しながら校閲する事になった。

確かに子供の理解力でどれだけ大人向けの小説の内容を理解できるか?

と問われると実に難しいけれど、

こういうのって逆に掲載しながら脇に解説を加える事が重要だと思う。

意味をいかに理解させるか?

これは国語の授業に通じる部分があり、

この部分で嫌いになってしまうと確かに文章嫌いになる人は少なくないだろう。

そんな中で掲載予定だった作家は掲載を取り下げた事で記事に空きが出てしまい、

貝塚はかつて作家志望の男と再会した事でその男にチャンスを持ち掛ける。

当初は断っていたが、次第にやる決心が固まり通常3日かかる作業を1日でやる事になり

校閲部は徹夜をする事になった。

こんな無茶な作業は普通ならブラック!ですと言われますけれどね。

そんな中で悦子たちはそれぞれの役割を分担して徹夜で完成させて見せた。

その直後の朝に悦子は幸人からまさかの告白を受けたのだった。

次回は再び大物作家本郷が登場し、悦子は幸人を紹介する。

しかしこの紹介がある時間を埋める事になる。

その時間とは?その展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




校閲ガール
宮木 あや子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-03-14



Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(初回限定盤)(DVD付)
栞菜智世
ユニバーサル ミュージック
2016-11-09



運命のアイラブユー<初回生産限定盤>(CD+DVD)
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-11-30