26日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第4話を視聴した。

今回は週刊誌の記者と接点を持つ事になった悦子は

週刊誌の記者のドブネズミ以下の仕事に怒りを覚えていた。

そんな中校閲した人気女優の自伝を手掛けていた悦子だったが、

その女優が隠し子のスキャンダルで記者会見を開く事となり

自伝も出版中止の可能性もあった。

そんな中で悦子は観ていられず記者会見場に駆け付けるが

そこで週刊誌の記者と対立する。

そんな中始まった記者会見は週刊誌記者のえげつない質問で

女優は倒れてしまいそこに現れた悦子の行動で

視聴者が女優を擁護する書き込みで溢れて悦子は女優を救った。

そして無事自伝は出版されたシーンがメインだった。
ストーリー

悦子は幸人に誘われ、二人きりで食事をすることに。幸人との初デートに、悦子は大喜び。

一方、森尾は幸人に、『Lassy』専属モデルに選ばれるために、

是永是之の名で小説を書いていることを公表した方がいいと勧める。

しかし、幸人は承諾しない。

そんな中、悦子は、人気女優・杉本あすかの自叙伝の校閲を担当。

自叙伝の内容を確かめるため、悦子は彼女が幼少期を過ごした町へ。

あすかの実家の周りを歩いていた悦子は、

あすかの姿を隠し撮りしようとする男を発見。

彼は、山ノ内というゴシップ誌の記者だった。

その後まもなく、あすかに隠し子がいるというスクープ記事が発表される。

その記事を書いたのは、山ノ内だった。

スキャンダルの余波で、あすかの自叙伝は出版中止の危機に。

あすかが釈明会見を開くと聞いた悦子は、思いもよらない行動に出る…。

以上日テレ地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子HPより


今回はひょんなことから人気女優の自伝を校閲する事になった悦子は

自伝に沿ったストーリーの検証をしていた。

そんな中で悦子は人気女優を追いかけている記者と偶然遭遇する。

その記者は週刊誌の記者でスクープを追いかける記者だった。

そのやり方に汚いと感じた悦子は怒りを覚える。

そしてある日その女優に隠し子がいる事が判明し釈明会見を開く事になった。

いても立ってもいられず悦子は記者会見場へ向かうが

そこでまたしても週刊誌の記者と遭遇しそのやり方を批判するが、

それが仕事と意に返さない。

そして通行証のない悦子は記者会見の配信を観て

その記者の質問に怒り心頭となり会場に殴り込みをかけるが、

そこで女優が倒れてしまい悦子が助ける。

それが視聴者の擁護発言に繋がり悦子は女優を救い、

そして自伝の出版も無事に出版されたのだった。

芸能人のスキャンダルはどうしても芸能人である以上避けられない訳であり、

取材される側としてそのプレッシャーと何時も闘っている訳だからね。

それだけ大変タフでないと続かない仕事ではある。

次回はスタイリストの校閲をする事になった悦子は

そこでどんなやりとりをする事になるのか?

そのやりとりに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

校閲ガール
宮木 あや子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-03-14



運命のアイラブユー<通常盤>
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-11-30