19日ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話を視聴した。

今回はファッションショーで幸人と再会した悦子は彼が作家の是永是之だと知り驚く。

そんな中悦子は米岡が担当していた

人気作家・四条真理恵の小説の校閲をする事になった。

この交代には好きな作家は校閲してはならない

というルールがありそれに従ったのだった。

そんな悦子に四条から会いたいと言われて会う事になる。

そしてその時に悦子が校閲していないメモが残されている事を知り、

その犯人が藤岩だった事が判明する。

実は藤岩も四条の小説のファンである事を隠していた。

それを知った悦子は四条にその事を伝えると藤岩に校閲をお願いする事になり、

当初は断ったが周りに押されて校閲する事になった。

そしてその校閲で四条は賞を受賞する事になり喜ばれるのだった。

その後悦子は幸人から小説の感想を聞かれて

詰まらないと答えたシーンがメインだった。
ストーリー

悦子は、ファッションショーで幸人と再会。さらに彼女は、幸人が作家・是永是之だと知って、驚く。

そんな中、悦子は、

米岡が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲を任される。

米岡は、四条の大ファン。

感情移入し過ぎる米岡にミスが出ることを懸念した茸原が、担当を替えたのだった。

その後、悦子は四条から、

自分で気付かなかった作品の中の矛盾を指摘したことを感謝される。

実は、その矛盾を指摘したのは悦子ではなかった。

悦子の知らない間に、誰かが四条のゲラに矛盾を指摘した付箋を貼ったのだった。

悦子は米岡の仕業ではないかと考えるが、彼に聞いても、身に覚えがないという。

そんな中、悦子は、米岡と一緒に四条のトークイベントに出席する。

そこには、なぜか藤岩が来ていて…。

以上日テレ地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子HPより


今回は幸人が作家の是永是之だと知り驚くのだが、

表向きは作家である事を伏せている。

その理由が幸人らしいんだけれど、

確かに自分がやっている事を知られて相手がどう思うかというのは

嫌な経験をすると教えたくないものだ。

教えたい人は教えればよいが、

私も同じ考えなので自分がやっている仕事を教える事はしないね。

そんな中で悦子は幸人が登代子と暮らしている事を知らない。

知ったら知ったで大変になる。

そんな中で悦子は人気作家の校閲を米岡と交代してやる事になった。

校閲では好きな作家の校閲はしてはならないらしい。

そんな中で校閲した悦子だったが、人気作家からまたもお呼びがかかる。

悦子の校閲がそんなに印象に残る校閲なのか不思議ではあるが、

悦子のコメントには弾き付けられるものがあるようだ。

そんな悦子は人気作家の正体でワイン飲み放題のパーティーに出席する事になったが、

そこに藤岩がいる事を知り、藤岩は逃げるが、

悦子と米岡が捕まえて事情を聞くと実は藤岩もその人気作家のファンだった事を知る。

この事を悦子が人気作家に事情を説明すると人気作家たっての希望で

藤岩が校閲する事になった。

そしてその校閲が見事に賞の候補となり、

藤岩は悦子のファッションコーディネートで人気作家の自宅へ悦子と訪問し、

そこで受賞の連絡が入り藤岩は喜んだのだった。

その頃登代子に幸人の小説を読んでもらったがどうも詰まらないらしい。

正直どう詰まらないのかはやはりその人の世界観によるところが大きいのだろうと思う。

そして悦子もまた幸人に小説は詰まらなかったと語ったのだった。

次回は週刊誌の校閲をする事になった悦子はスキャンダル記事で真っ向から向き合う。

果たしてそのスキャンダルとは?悦子の反論に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

校閲ガール
宮木 あや子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-03-14



運命のアイラブユー<初回生産限定盤>(CD+DVD)
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-11-30