30日ドラマ「アイムホーム」第3話を視聴した。

今回は久はどういう訳か以前の妻香の父和也の七回忌法要の会場にいた。

当初はどうしてこの場所にいるのかわからず、

親戚に殴られてようやく以前の記憶だった事を知る。

そしてそこから妹祥子から過去の自分について色々聞こうとする。

そんな中久には息子良雄の運動会に出る予定だったが、

当日番組で商品の宣伝で出演する事になった。

しかしそんな中久の元にすばるが現れ、

久に以前ラベルを集めていた事を伝えると、

久はかつての家族だった頃を思い出し久は1つのカギを使って

かつて結婚した経緯を思い出したシーンがメインだった。

ストーリー

法要の場でテキパキと働く家路久。

そこは別れた妻・野沢香の父・和也の七回忌法要の会場で、

またしても記憶違いをした久が間違って来てしまったのだ。

香の妹・祥子は、読経の席で久の姿を見つけ、驚がく。

しかも久は野沢家の親族に突然殴られてしまう!

「葵インペリアル証券の専務だった和也の娘である香と打算で結婚し、

価値がなくなったら離婚。金目当てで資産家の娘と再婚した」

親族たちがそう噂しているのを耳にした久は、社史や登記簿などを調べ、

その事実を認識。忘れ去ってしまった過去の自分の姿にがく然とするのだった。

そんな中、良雄の幼稚園の運動会が近づいてくる。

親子競技の障害物競争に一緒に出場することを恵に約束した久だったが、

運悪くその日に仕事が入ってしまう。

必死に謝る久に、恵も良雄も平静を装うものの、寂しさは隠せない。

「せめて休日には良雄の“登り棒”の練習に付き合う」と宣言した矢先に、

香から呼び出されてその約束すらすっぽかしてしまう!

さらに目の前で香が倒れてしまい、久は慌てて病院まで連れて行くことに。

その姿を偶然目撃してしまった恵は衝撃を受ける!

以上テレ朝アイムホームHPより


今回は久は前妻香の父の七回忌法要に出席してしまう。

通常余程の事が無い限り離婚した後ではまず出席しないものだが、

久は記憶を無くしていた事もあり殴られてようやく気付くぐらいだった。

そしてここから久は妹の祥子から以前の自分について尋ねると

やはり離婚の原因は久自身出逢った事を裏付けるような話が出てきた。

久の仕事熱心であり、香がライターの仕事をしていたがために

お互い仕事のすれ違いが原因で別れる事になったようだ。

そんな中ですばるはやはり以前から言われていた通り久の子供ではなかった。

それでも久はすばるをじぶんの子供のように育てていた事もあり懐いていた。

そして香の父とも久の仕事熱心な姿を認めていた事を知ったのだった。

そして久はそんな記憶を取り戻しながらも良雄の運動会に

参加する為に生放送をすっぽかしたのだった。

次回は久の妻恵が前妻香に近づく。

そして久は以前の付き合いのある会社での出来事と向き合う。

果たして久はその会社にどんな事をしたのだろうか?

その内容に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。