13日ドラマ「家売るオンナの逆襲」第6話を視聴した。

今回はサンチーと留守堂が小学校の同級生だと知った屋代課長は動揺を覚える。そんな中でサンチーの下には不思議な夫婦関係の夫妻が訪れて風水に適した部屋を売ろうとGO!と押し続ける。

一方で留守堂もまた年の離れた夫婦を対応していたがこちらはこちらで思うようにいかない展開となっていた。そんな最中サンチーはもう一歩で契約成立というところで留守堂の顧客が乱入した事により契約は一時白紙となる。

しかしこれで転ばないのがサンチーでありサンチーは留守堂とタッグを組んで4角関係の夫婦に理想な部屋を再度提示し、サンチーは留守堂と共に2組の夫婦に家を売ったシーンがメインだっだ。

ストーリー

留守堂の正体は同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚!万智は留守堂から愛の告白をされる!

その様子を盗み見て衝撃を受けた屋代は帰り道、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓に出会う…。そんな中、万智と庭野は美容院を経営する八十多湊人・つぐみ夫妻を担当する。家はすんなり売れそうだが、お互いの不倫を公認している“友達夫婦”だと言う八十多家の突飛な夫婦観に新宿営業所メンバーの価値観は揺さぶられる。

一方留守堂は大学教授の尾田順平から家探しの相談を受ける。妻・まりの愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子。その夜、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴しに行く!しかし、『密かに思う心の自由』は誰にも侵すことはできないと諭され、いつの間にか留守堂と意気投合。

心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気づく…。翌日、契約のために来店する湊人だが、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て刃傷沙汰が勃発!二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂!手を組んだ二人の天才の下、新宿営業所をあげて驚愕のプロジェクトが始動しようとしていた…!!

以上日テレ家売るオンナの逆襲HPより


今回はサンチーと留守堂が同級生だと知った屋代課長は心が動揺する。まあまさかの展開である以上屋代課長にとって知らないサンチーがそこにいるという事だ。

そんな中でサンチーの下に不思議な夫婦関係の夫婦が訪れて、サンチーはこの夫婦を理解しようと2人に色々な話を伺う。そんな中で留守堂もまた年の差夫婦の対応をしていたが年数の経ると気持ちも変わってくるという事に悩んでいた。

そんな中でサンチーは契約寸前まで持ち込んだ顧客の前にまさかの留守堂の顧客が乱入して契約が白紙撤回になる事態に陥った。ここからサンチーが思わぬ行動に出る。サンチーは留守堂のタッグを組んでそれぞれの顧客を引き合わせて同じマンションのフロアをそれぞれ売るというまさかの展開になるもそれぞれの顧客に見事に家を売る事に成功するというこれまでのサンチーにない展開だった。

次回はサンチーと留守堂がタッグを組んだ事で新たなる展開となってきたがサンチーは果たして留守堂とどういう関係になっていくのか?その展開に注目だ。