23日ドラマ「家売るオンナの逆襲」第3話を視聴した。

今回はサンチーの過去を何故か知る留守堂の言動に屋代課長、庭野は困惑していた。そんな中で3件の家を売ろうと屋代課長は号令を出すも、なかなか条件が悪く売れない。そんな物件にLGBTを抱える2人の女性、性同一性障害に苦しむ男性家族が訪れる。しかしどちらもオーナーの意向で断られてしまう。

そんな状況にサンチーはまず性同一性障害に苦しむ男性家族の行動を調べてよりベストな道を探し続けるも、サンチーは体の大きい相撲部屋だった家を何故か紹介する。当初は理解されなかったこの家の紹介も、娘が父親を理解した事により将来的に広い家でそれぞれ別に暮らす事を見通して落とす事に成功したサンチーだったが、逆に2人組のレズビアンは留守堂にまさかサンチーお得意の口調で落とされてしまう屈辱を受けたシーンがメインだった。

ストーリー

屋代と庭野は、なぜか万智の過去を知る留守堂の存在に心を乱される…。そんな中、新宿営業所では庭野が家を売った客がゲイだったことからLGBTが話題に上がる。

一方、女性二人組の担当客に内見案内をしていた足立は、バスルームでキスを交わす二人を目撃!二人がレズビアンであることを知った売主に販売を拒否されてしまう。別の物件を探す足立だが、万智は自分が家を売ると横取りを宣言!ストレスを抱える足立は留守堂を頼り…。

一方庭野は、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美を担当する。家探しを一任されていると話す真奈美だが、万智はなぜか会社帰りの真奈美の夫・剛史を尾行し、あるアパートへ。そこで万智と庭野が見たのは、なんと女物の着物を着た剛史…!剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも男性として生きてきたトランスジェンダーだったのだ。

夫の変化を受け入れられない真奈美は、家を買うことで家族をつなぎとめようとしていたのだが…。出口の見えない夫婦関係に、万智が驚きの家哲学を提案する…!?そして、万智に忍び寄る留守堂もまた、意外な方法で家を売ろうとしていた…!!

以上日テレ家売るオンナの逆襲HPより


今回はなかなか条件の悪い家を売るために号令を出した屋代課長だったが、相撲取りが住んでいた家は相撲取りには敬遠されるような家であり、道路からかなりの細道に入った場所にある家などなかなか厳しい条件ばかりだ。

そんな条件の中でようやく売れそうな状況になった家があったものの、その家を買おうとした2人の女性はレズビアンだという事が判明し、オーナーが売るのを拒否するのだった。売るのに失敗した足立はサンチーから私が売る!と言われて足立は留守堂に頼る事にする。

一方庭野が担当していた3人家族の顧客はどうも様子がおかしいとサンチーが感じた事により夫の勤め先を調べ始めるサンチーだったが、その事で夫が性同一性障害である事を知る。この事を娘に知られないようにしなければならないと語った父親に対して、サンチーは大胆な発想で相撲部屋だった家を売ろうとする。

確かに女性にとっては手狭だけれど、男性の体格を持つ夫には丁度良い大きさだった。最初は接待する社員が女装するという事に対して納得できない夫婦だったが、サンチーは理解できませんと言い放ちそれでも夫婦として理解していると言って2人を強引に納得させただけでなく、娘は元々父親がそういう障害を持っている事を感じており、その事は別に気にしていないという事を告げた事で家族の理解は深まった。

そしてサンチーは次なるレズビアンの2人を説得しようとしたがここでまさかの留守堂にサンチー節で落とされる屈辱を味わい改めて留守堂の正体は何者なのか?という事になった。

次回はついにサンチーは完全なる敗北を受ける事になる。果たしてサンチーはどうして敗北する事になったのか?その攻防に注目だ。