16日ドラマ「家売るオンナの逆襲」第2話を視聴した。

今回は庭野が交渉していた客の交渉が成立しそうになるも土壇場でキャンセルされて庭野は泣きが入る。そんな中でサンチーは夜通しで都内を物色する行動を取っており屋代課長もサンチーの仕事魂にダジダジな状況だった。そんな中顧客のおばさんが庭野が紹介した物件も拒否するなどどうしても物件を買ってもらえそうにない。そんな中で留守堂が現れて庭野の物件を横取りしようと詮索してくる。

そんな中で顧客のおばさんがまさかのネットカフェに寝泊まりしていることが発覚する。理由は以前住んでいたボロアパートが取り壊されてから住む家が見つけられないままだった。そんな状況をサンチーは見抜いており、自らの預金を叩いてまさかのネットカフェを買収して寝床を奪う強硬手段に出るもサンチーはここがあなたの最高の物件です!と説いて見せて店舗をトレードしてサンチーは店の顧客の獲得に成功したシーンがメインだった。

ストーリー

気まぐれな高齢のひとり客・神子巴から契約をドタキャンされ振り回される庭野は、残業で終電を逃し、生まれて初めてネットカフェに泊まることに。

狭い個室で隣室のいびきに苛まれ、眠れぬ一夜を過ごす。一方仕事に燃える万智から今日は家に帰れないと言われ、ちちんぷいぷいを訪れた屋代は、足立と来店していた噂の切れ者不動産屋・留守堂に遭遇する。自分が万智の夫だと知っている留守堂になにか不穏なものを感じる屋代だが、話題は万智が会社で歌っていた鼻歌のことに。

そのメロディーにピンときた様子の留守堂だが…。翌日、庭野の内見にダメ出しする神子の前に現れた万智は、自分が家を売ると宣言!美人の万智が気に入らない神子は庭野を酒に付き合わせて…。再び終電を逃した庭野はネットカフェを訪れるが、そこに現れた万智になぜかカップル用の個室に泊まるよう指示される。

狭い個室で万智と二人、緊張に鼻血を出した庭野がシャワールームにむかうと、なんと常連風情の神子と鉢合わせる!!さらに、混乱する庭野の前に現れたのは留守堂!!訳あってネットカフェ暮らしをする神子は、留守堂の独自の家哲学に心を開き…。果たして万智は神子の家探しに終止符を打てるのか!?

以上日テレ家売るオンナの逆襲HPより


今回は庭野が久しぶりに物件の売買が成立しそうになるも直前でキャンセルされてしまう。泣きが入る庭野にサンチーがこの顧客に目を付けて夜通し何処かへ都内を物色する事になる。

この時点で屋代課長もサンチーの熱心さにただただ感心するが、屋代課長にとって毎日フルコースで胃が限界だった事でサンチーと井戸端の家族会議をするが、サンチーは相変わらず固い。

そんな中で庭野の顧客であるおばさんは再び庭野の紹介した物件を観に行くがどうしても気に入らない。困った庭野はさらに接待をするが口説き落とせず帰路に付かれた。途方に暮れた庭野は終電を逃し仕方なくネットカフェで泊まろうとしたが、そこにまさかのサンチーが現れて庭野はただただ驚く。そしてそこでまさかの顧客のおばさんがそこで寝泊まりしている事が発覚する。

そしてその事情を聞くとおばさんが入れる賃貸物件がないという事だった。確かにおばさんのような高齢者が入ると孤独死されてしまう可能性があり、大家や不動産屋も事故物件にしたくないという意思が働いて入れないらしい。

そこに目を付けたサンチーは自らの預金全てを下ろしてまさかのネットカフェを買収しておばさんらの居場所を奪う強硬手段に出るが、ここでサンチーはここがあなたの最高の物件です!とまさかの提示をしておばさんをこのネットカフェをトレードして自らはそのネットカフェに住み着いている顧客を獲得して利益を出したのだった。

確かにここに寝泊まりしている人達は家がありませんから交渉次第では十分売る事ができる訳である。

次回はLGBTのレズの顧客にサンチーはどんな家を売るのだろうか?留守堂との攻防にも注目だ。