28日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第28話を視聴した。

今回は田畑はロサンゼルス五輪に向けて張り切っていたが、満州事変により状況は一変する。そんな中で田畑は犬養毅と対面する事となり犬養毅が次の首相となる。これをスクープした田畑だったが、日本水泳チームは前年の前哨戦でいい成績を上げておりロサンゼルス五輪へ向けて突き進んでいたが5.15事件により犬養首相は撃たれ田畑はそんな中でロサンゼルスへ向かうシーンがメインだった。

ストーリー

ロサンゼルスオリンピックが迫るなか、関東大震災からの復興に手ごたえを持つ東京市長・永田秀次郎は、東京にオリンピックを招致する構想をぶち上げる。田畑政治がロスの前哨戦と位置づける日米対抗水上競技大会が開幕すると、日本水泳陣はアメリカチームに圧勝。本大会に向けて勢いに乗る田畑たちだったが、その矢先に満州事変が発生する。混迷する政局。田畑はスクープを狙って高橋是清を訪ねるが──。

以上NHK大河ドラマいだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜HPより


今回は田畑はロサンゼルス五輪へ向けて意気込んでいたがそんな最中で満州事変という田畑でもどうする事もできない事態に陥る。そんな時代に首相に就任したのが犬養毅という名政治家であった。犬養毅は常に対話を求める人だった。そういう人だったからこそ田畑もロサンゼルス五輪へ向けて専念できると感じていたが、そんな犬養首相は5.15事件で命を落とす事になる。

犬養首相の話せばわかるという言葉は将校たちには通じなかった。この世の中話してもわからない人がいるという事だ。これは時代を経ても変わらない部分であるという事だが、話して解らないから時代は重大な局面に動いていく事になるのだった。

次回はロサンゼルス五輪へ出場する田畑たちだったが、そこではアメリカで応用していた人種差別の壁にぶち当たる。果たして田畑はそんな状況でどんな戦いをする事になるのだろうか?その戦いぶりに注目だ。








大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編
大友良英
ビクターエンタテインメント
2019-07-24