14日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第14話を視聴した。

今回はストックホルムで惨敗した四三は日本に帰国するがその時には既に元号が明治から大正に移っていた。そんな四三を待っていたのは厳しい報告会だったが、この不在の間に日本は大きく変わり、四三もまた時代の流れの中でストックホルムで経験した事を伝える役割が担われた。

そんな四三も故郷に戻りまさかのお見合いであの人が現れたシーンがメインだった。

ストーリー

オリンピックの戦いを終え、ストックホルムから帰国する四三。元号も明治から大正に移り、四三には人々の空気が変わったように感じられる。報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘を称える中、敗因を問いただす女性が出現。永井道明の弟子・二階堂トクヨである。永井とトクヨはオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強靭(きょうじん)な肉体を作る体育の推進を改めて主張する。同じころ、孝蔵は四三とは逆に旅立とうとしていた。円喬とは別の噺家について地方を回るのだ。新橋駅から出発の日。師匠に見限られたと思っていた孝蔵のもとに、円喬が駆けつけて──。

以上NHK大河ドラマいだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜HPより


今回は四三がストックホルムから戻った時には年号が大正になっていた。当然色々な事が変化した激動の時代だが、四三は棄権した事によりその原因を追究されたが、それ以上に四三にはこの五輪で学んだ事をこれからの人たちに伝える役割を担う事になった。その中でベルリン五輪を目指していく事にもなる訳だが、四三は大森が生きている間に残した近代体育の著書を広める役割を担った。

当時は敗戦は死を意味するみたいな風潮が強かっただけに四三も帰国後色々な事を言われたと思います。その中で経験した事をいかに伝えていくのか?というのは必要という事でした。もちろん四三は4年後のベルリンを目指していく訳ですが目指しながら伝えていく事はかなり厳しいと言えます。

そんな四三に故郷熊本でまさかのお見合い話がもたらされる事になります。当時はお見合い結婚が当たり前の時代なので拒否もなかなかできないものですが、その相手がまさかのスヤさんというのがどういう経緯なのか?という事です。

次回はスヤさんがどうしてお見合い相手となったのか?その経緯に注目だ。








大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
大友良英
ビクターエンタテインメント
2019-03-06