1月17日スタートのドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」を視聴した。

このドラマは臨床犯罪学者火村英生と推理小説家有栖川有栖がコンビを組んで

数多くの難事件を解決していくストーリーある。

人を殺してみたい臨床犯罪学者火村英生と

その歯止め役の有栖川有栖の前にどんな難事件待ち受けているのか見どころだ。
人を殺したいと思っている火村英生と

その歯止め役というべき推理小説家有栖川有栖のコンビで

事件を解決していく訳だけれど、

臨床犯罪学を先行する火村には現場で感じる能力を持っており、

そこから犯罪を推理していく。

一方有栖川はどちらかというと火村の助手というべき位置づけだ。

そんな2人にあるゲームに関わる殺人事件が発生する。

その事件の犯人を果たして捕まえることができるのだろうか?

キャスト

火村英生演じる斎藤工

有栖川有栖演じる窪田正孝

小野希演じる優香

木島朱美演じる山本美月

八十田宗則演じるマキタスポーツ

坂下恵一演じる清水一希

松野貴子演じる堀口ひかる

渋谷千尋演じる松永渚

謎の少年演じる小野寺晃良

諸星沙奈江演じる長谷川京子

難波洋演じる松澤一之

鍋島久志演じる生瀬勝久

篠宮時絵演じる夏木マリ

他多数のキャストでストーリーは進行する。

ストーリー

英都大学の准教授・火村英生は、

警察の依頼を受けて殺人事件の捜査協力をする犯罪学者。

彼は「人を殺したいと思ったことがある」と公言し、究極の犯罪を追い求める。

心に闇を抱える火村を見守りサポートするのは、

友人の推理作家・有栖川有栖。

火村は有栖をパートナーに、数々の事件を解決してきた。

火村は、若い女性2人が殺害された連続通り魔事件の捜査に関わっていた。

2人の口の中には、解読できない謎のメッセージが書かれた紙切れが残されていた。

事件が起こったのは、2週連続で火曜日の夜。

火村は、3週目の火曜日の夜に第三の殺人が起こるのではないかと考えていた。

火村の予想通り、3週目の火曜日の夜に同じ手口の殺人が発生。

火村と有栖は、現場へ駆け付ける。被害者はまたしても若い女性で前の2件と同じく、

背中から鋭利な刃物による刺殺。

被害者の口の中には、犯人からのメッセージらしき紙切れがあり、

そこには「NIGHT PROWLER」(ナイトプローラー)と書かれていた。

“ナイトプローラー”とは、「絶叫城」という人気テレビゲームのキャラクターと判明。

犯人には「絶叫城」の知識があると考えられた。

火村は、「絶叫城」を制作したゲーム会社を訪ね、ゲーム制作に関わった人間を探る。

次の火曜日まであと3日となった晩に、第四の殺人が起こってしまう。

被害者は、フリーライターの雪枝。

殺害の手口は前の3件と同じで、

口の中に残された紙切れには“GAME OVER”と書かれていた。

「絶叫城」も、4人が死ぬとゲームオーバーというストーリー。

一連の犯行は「絶叫城」に従って行われ、

これが最後の犯行ではないかと思われた。

しかし、火村は「この事件は、これまでの3件と違う」と断言し…。

以上日テレ臨床犯罪学者 火村英生の推理HPより


今回は若い女性が次々と殺害される連続殺人事件が起きていた。

その事件には必ずあるダイイングメッセージが口に入れられていた。

そんな中で火村はこの犯行にはあるゲームと全く同じ殺され方をしている事が判明する。

その殺され方は人気げ^無の絶叫城に登場するナイトプローラーという殺人鬼だった。

このゲームに関係している事は間違いないと感じた

火村と有栖川は有栖川にゲームをクリアさせることで鍵を探そうとしていた。

そして火村もまた現場から犯人を特定する手がかりを探していた。

そんな中でまたもある事件で女性が殺されたが、

その女性はこれまで殺された女性とは全く異なる手口だった。

そしてそこからこの事件の真相を掴んだ火村は犯人が殺された

女性の弟だと突き止める。

実はこの事件3人目まではその弟が殺していた。

しかしそれを知った姉がこれ以上罪を重ねないために

自らの命と引き換えに弟を守ろうとした

自作自演の殺人事件に見せかけた自殺だったのだった。

どんなに庇っても悪い事は悪いと言わなければ

この事件は解決しないということでもあるんですけれどね。

次回はある旅館で包帯男が殺人事件を繰り広げる。

果たしてこの事件の真相とは?その犯行に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

臨床犯罪学者・火村英生の推理 I 46番目の密室 (角川ビーンズ文庫)
有栖川 有栖
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-09-29