2日ドラマ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」第8話を視聴した。

今回は凛が突然1課に連行された。

先日起きた殺人事件の重要参考人として連行されたのだ。

その事件は凛がかつて性的暴行事件を受けた過去を

7課のメンバーが初めて知る出来事でもあった。

凛は殺された被害者のアパートに立ち寄ったという事実が判明し、

その被害者こそ性的暴行犯の1人だった。

凛の無実を晴らすために7課のメンバーが動くが

性的暴行を受けた被害者の多くは口を開こうとしない。

凛はそれを知っていたからこそこの事件の難しさを知っていた。

しかしすみれの一言で凛は重い口を開き女性刑事こそ

この事件で被害者の心を開きやすいという視点から

7課のメンバーは捜査を開始すると被害者たちは次々と口を開いた。

そして浮上したのがある演奏者だった。

そして来宮が殺害現場である男の言葉から

この事件は金絡みのもつれによる事件である事を突き止めた来宮は

犯人を追い詰めて凛が被害者の想い全てを込めて

犯人を殴って逮捕したシーンがメインだった。
ストーリー

会社員・郷田が自宅アパートで刺殺体となって見つかり、

薫子、黒田、東野が現場検証に立ち会っていた。

そこで東野は部屋の片隅に見覚えのあるモノが落ちていることに気付く。

その後、黒田と東野は捜査七課にやって来るなり、

凛に任意同行を求め、連行していく。

郷田のアパートで東野が見つけたのは、

なんと東野が凛にプレゼントした お守り<まもるくん>だったのだ。

取り調べを受ける凛は、事件への関与を否定せず、増々疑いが深まるばかり。

そんな中、凛の疑いを晴らそうと渚と雪乃は郷田のアパートを訪れ、

そこで怪しいメモリーカードを発見する。

厳重にセキュリティがかけられたそのカードの中に事件に

関係する重要な手がかりがあると

感じた七課のメンバーは悪戦苦闘しながらも解析を進める。

凛のために必死で捜査をする七課メンバーの姿を見たすみれは、

凛の過去にまつわる【ある衝撃的な事実】を告げる。

殺された郷田は3年前に起きた婦女暴行未遂事件の犯人であり、

凛はその被害者だったという。

郷田は、連続婦女暴行犯だったのだ。

凛の他にも、被害者の安奈や彼女を診る医師が捜査線上に浮上するが…?

復讐のためか?それとも…!?

何も語らない凛が胸に秘めた思いとは…!?

以上日テレヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜HPより


今回は凛が突然1課に連行されてしまった。

その理由が先日起きた殺人事件の重要参考人という事だった。

その現場に凛の指紋がついたお守りが落ちていたのだった。

この事件の被害者はこれまで数多くの婦女暴行事件を起こしていた

常習犯だった事も判明する。

しかしその多くは被害届を出していない事もわかり、

婦女暴行事件の難しさを痛感させられる。

こういう事件はどうしても女性は被害概要を知られてしまうために

話したくないというのが殆どだ。

そのためなかなか事件解決に向かわない。

凛はその事件の被害者でもあり、

より難しさをしっていたからこそ凛もなかなか口を開かないのだった。

しかしすみれが凛に向けた一言で状況は動き出した。

そして殺された被害者のSDカードから色々な写真が出てきて、

その中には凛を含めて色々な女性の写真が写っていた。

その写真の多くは婦女暴行事件の被害者であるが、

中には被害にあっていない人もいたため、

この捜査は女性刑事にこそ適任となり、

7課メンバーが捜査をする事になる。

そして判明したのは犯人の左首にアザのような跡があったという事だ。

そして浮上したのがある演奏者で写真にも載っていた人物だった。

来宮は被害者の殺害現場からある言葉から犯人を特定した。

そしてその人物こそ凛を暴行した犯人でもあった。

来宮らは犯人を追い詰め、

そして凛はその犯人に対して多くの被害者の想いを込めて

犯人を殴りそして逮捕したのだった。

犯人を逮捕しなければ負の連鎖を断ち切れない。

その負の連鎖を断ち切った事件だった。

次回はある資産家が殺害される。

その資産家の財産が狙われたがこの事件の真相とは!

事件の真相に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。