30日ドラマ「半沢直樹」第7話を視聴した。

今回は政府から債権放棄を迫られた東京中央銀行はそれにより債権放棄を受け入れる方向に進んでいた。そんな中でスカイホープ航空の新規路線の不認可を受けてスカイホープ航空の融資先に白水銀行を開発投資銀行は谷川の判断で融資されることになったが、自らは政府機関の投資銀行という事で債権放棄の決定は避けられなかった。

しかし東京セントラル証券の森山が大怪我をしたという事で駆け付けると森山はギリギリまで帝国航空の人員受け入れ先を探していた事を知る。そして東京中央銀行に裏切者がいる事を察した半沢と大和田は大芝居を打って裏切者は紀本常務である事を確信する。

そして紀本常務である事を掴んだ半沢は最後の望みとして谷川に更なる債権放棄の拒否をしてほしいと頼み込んだ。

そして主力、準主力銀行が揃った場で準主力銀行は主力銀行に従うという立場で東京中央銀行は拒否の立場を取り、そして開発投資銀行は直前の閣議決定で民営化が決まり債権放棄を見送る事を決定した事で白井大臣は失脚したシーンがメインだった。
ストーリー



今回は半沢は中野渡頭取が業務改善命令を受けたシーンを見てこの銀行内に裏切者がいる事を感じていた。その中で開発投資銀行の谷川に再三話し合いの立場を持つが、政府機関の銀行である以上できる事は限られていた。

しかし近く開発投資銀行が民営化される事になっており、その事で一縷の望みを賭けていた事でもあった。そんな中で森山が大怪我をした事を知り、森山が最後まで帝国航空の受け入れ先を探していた事を知る。

そんな中で半沢が大和田と組んで債権放棄を否決する事で芝居を打つが、そこで裏切者が誰かという事だけは確信し、その役員会議では開発投資銀行が債権放棄を拒否した場合に限り債権放棄を拒否するという条件を得た。

そして最終交渉で谷川は民営化に伴い、役員を説得して土壇場で準主力5行が主力銀行に従うという旨を述べた事で開発投資銀行が債権放棄の見送りを決断して帝国航空への債権放棄は拒否された。

これにより白井大臣は失脚した訳だが、ここでまさかの中野渡頭取が簑部幹事長と面会しているまさかの展開となるのだった。

次回は果たして中野渡頭取はどうして簑部幹事長と面会していたのか?そして帝国航空の再建は実現できるのか?半沢の正念場が続く。





半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
香川照之
TCエンタテインメント
2013-12-26