23日ドラマ「半沢直樹」第6話を視聴した。

今回は帝国航空再建に向けて動く半沢だったが、再建タクスフォースの乃原を激怒させた事で白井大臣が東京中央銀行に乗り込んできた。大臣直々に乗り込んできた事で半沢の責任を問う声が上がるが、それ以上に黒崎が当時の500億の融資を問題視してきた事で事態は大きく急転する。

当時の500億の融資について金融庁審査を通過していたが、その資料とは全く違う数字が帝国航空から発表されており、その事実確認に追われていた。そしてそこで明らかになったのは曽根崎がこの事実を隠していた事だった。

改ざんが明らかになった事で中野渡頭取は業務改善命令を甘んじて受ける事としたが、それ以上に政府が半沢たちの再建を妨害してきた事が明らかになるシーンがメインだった。
ストーリー



今回は帝国航空再建の為に立ちはだかるのは政府というこれまでにない難敵となった訳だが、今回半沢は今できる人員削減に各社の受け入れ先を徹底的に探していた。

そんな中で再会したのが東京セントラル証券の森山だったが森山もまた再び半沢と仕事ができる事に喜びを感じていた。

森山が持ってきた情報ではスカイホープ航空の新規路線に対する人員増の話だった。この可能性に賭けようとしていた矢先に東京中央銀行に500億の帝国航空への融資が適正だったのかを金融庁の黒崎が乗り込んできた事で事態は急変し、当時の資料に誤りがあった事と帝国航空と東京中央銀行が発表した内容が全く異なる事が判明する。

それを最初は曽根崎が帝国航空のミスだとするが、実は曽根崎が嘘をついていた事が判明しこれにより帝国航空と東京中央銀行の内容が食い違う事が確定した事で中野渡頭取は甘んじて金融庁から業務改善命令を受ける事になった。

そしてさらに白井国土交通大臣が新規路線の認可を却下した事によりスカイホープ航空の新規路線は暗礁に乗り上げるのだった。

次回は半沢はこの情報を誰かが政府に流した事を察して犯人を捜しにかかる。果たして犯人は誰か?その倍返しに注目だ。





半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
香川照之
TCエンタテインメント
2013-12-26