24日ドラマ「白衣の戦士!」第3話を視聴した。

今回ははるかはかつてこの病院の看護師をしていた患者が入院してきた。色々ダメ出しをされるはるかはやりにくい日々を送るが、患者の検査結果でステージ4の末期がんだと判明した時に終末医療で患者とどうやって残された時間と向き合うのかを考えていく事になる。

はるかにとっては初めての末期がんの患者と接する事になり自分に何ができるのか?と問い質すが普通に接する事が大切だと知っていく。そしてはるかは患者に3年会っていない息子がいる事を知り、その息子を探しにはるかは奔走して患者の病状を伝えに向かった。

そしてそれを聞いた息子は駆けつけて最後の親孝行をする事が出来て患者は息を引き取り最後の看取りをしたシーンがメインだった。


ストーリー

新米ナースのはるかと斎藤にとって初めての夜勤の日がやってきた。「夜勤ができるようになって一人前」と言われ、張り切るはるか。だが、寝ている患者を起こしてしまったりと、ここでも指導係の夏美から叱られてしまう。さらに、柳楽から病院にまつわる怖い話を聞かされて不安になったところに、誰もいないはずの病室からナースコールが鳴り響く――!

夜の外科病棟を騒がす事件が勃発した数日後、外科病棟に、一人の女性・加奈が入院してくる。入院するなり、はるかと夏美の仕事ぶりにダメ出しを連発する加奈。口調は厳しいが患者のためを思った“正論”の数々に驚くはるかと夏美だったが、加奈が元ナースだと聞き、納得する。

だが、検査の結果、加奈はステージ4の膵臓ガンであることが判明する。そしてはるかは、「家族はいない」と言っていた加奈に、離れて暮らす息子・太一がいることを知るーー。

以上日テレ白衣の戦士!HPより


今回ははるかは初めての夜勤、そして初めての末期がんの患者と向き合うというシーンだったが、看護師の仕事はどうしても夜勤の仕事になるだけにこの仕事の大変さは夜勤をしなければならないという事だ。特に夜勤は絶対的に人が少なく、急患が運ばれてくる事も珍しくないだけにその対応は非常に大変なものだ。これも1つ1つ経験して乗り越えていく事になる。

そしてさらに今回ははるかにとって末期がんの患者の最後を看取るという看護師にとって避けて通れない経験を初めてする事になる。終末医療はもう手術も難しい患者が亡くなるまでのどうやって生きるかを重点に置いているけれど、最期を迎えるに当たり日々できなくなっていく事は増えていく。

そんな状況ではるかは何ができるのか悩むが、日々日常な事を触れる事が大切なのだと気づき、何気ない日常を送ってもらう事を心掛ける。そしてその中で患者には3年会っていない息子がいる事を聞かされたはるかはその息子を探す為に休日に遠くまで会いに行ったはるかはそこで患者の病状について伝える。

これ難しい事だけれど、本来患者の要望で家族に病状を伝えないでほしいという人もいる。今回はどちらでもなかったようだけれど、患者が伝えてよいのかを同意を取らないと後で大変な事になるのでそれははるかにとって今後気を付けなければならないが、結果的には患者の最期に親孝行できる事になり、最期を看取る事ができた事で患者にとって最後の心残りなく亡くなる事ができたと思います。

はるかもこの1つの経験が看護師として成長する1つの壁を越えた事になったシーンでした。

次回は令和元年1日はお休みとなります。本城看護師長の娘が入院してくる事となり、父娘と向き合う姿にはるかはどう対処していく事になるのか?その展開に注目だ。