4月10日スタートのドラマ「白衣の戦士!」を視聴した。このドラマは元ヤンの新米ナースがベテラン看護師の指導を受けながら医療現場の戦場で奮闘していく姿を描いた成長ストーリーである。

元ヤンの名残を残しつつ看護師として成長していく姿に注目だ。

看護師は今の時代は人手不足の代名詞的な仕事であるけれど、医療現場の現実は本当に過酷そのものだ。その中で奮闘していく新米ナースは元ヤンという事で元ヤンの名残を残しつつ一人前のナースへ成長していく姿が描かれていくが、如何せん元ヤンだけに暴走する事も数知れずという事でその戦場となる医療現場と共に注目していきたい。

キャスト

立花はるか演じる中条あやみ
三原夏美演じる水川あさみ
斎藤光演じる小瀧望
村上真由演じる片瀬那奈
小野貴子演じる鈴木紗理奈
藤井雪乃演じる小松彩夏
岩崎絵里奈演じる山萌香
高木昇太演じる三宅亮輔
柳楽圭一郎演じる安田顕
本城昭之演じる沢村一樹

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

はるかは、四季総合病院・外科病棟で働き始めたばかりの新米ナース。実は“元ヤン”で、度胸と根性には自信があるはるかだったが、やる気が空回りしがちで、指導係の夏美から叱られてばかり。しっかり者の同期・斎藤とは差がつく一方だ。

そんなはるかが初めて担当することになった患者は、腸閉そくで入院中の高校生・潤也。潤也は、病院でタバコを吸おうとしたり、医師の柳楽の指示を無視して固形物を食べようとしたりと、問題行動ばかり起こしていた。

はるかは思わず潤也とバチバチになるが、看護師長の本城から、潤也の母・智子がほとんど面会に来ていないことを聞かされる。潤也の反抗的な態度の原因が母親にあるのではないかと思ったはるかは、智子の職場へと乗り込んでいくが……。

一方、「35歳までに結婚退職!」を目標に婚活に励んでいた夏美は、ハイスペックなお見合い相手・里中からデートに誘われて有頂天に!「結婚したら仕事は辞めて家庭に入ってほしい」という里中の言葉に、二つ返事で承諾してしまう。
そんな中、潤也が病院からいなくなってしまった!!

以上日テレ白衣の戦士!HPより

今回は立花はるかは四季総合病院・外科病棟に配属されたばかりの新米ナースだが、実は元ヤンという異色の出身である事を初日でバレてしまう。その指導員となったのが三原夏美は35歳までには結婚して退職したいという願望を抱いていた。

そんなはるかは色々な失敗やドジで夏美は頭を抱えるが、そんなはるかを更に超える問題の高校生の患者がタバコを吸ったり、病院を抜け出すなど問題行動でナースたちを悩ませていた。入院している高校生は腸閉そくで食事制限されていたが、高校生ゆえに食欲を我慢できず、悪い仲間とつるんでいる事で問題行動が続いていた。

そんなはるかは別の患者の点滴で医療ミスを起こす失態を受けて夏美ははるかに看護師失格!と突きつけられた。しかしその患者は自ら点滴を弄った事を告白してこの事ははるかが原因じゃないという事が明らかになる。

本来点滴は患者が操作してはならない訳で、これが原因で病状が悪化した場合は患者責任で保険も下りない可能性があるだけに患者側は注意しなければならない。
 
そんな中で問題の高校生について高校生の母親に直接会いに行ったはるかだったがそこではるかは息子の為に懸命に働く母親の姿をみてはるかも考えを改める。見舞いに行かなくなったのは息子の入院費と医療費を払う為だったという事だ。

私も入院経験があるのでわかるんだけれど、1日入院するだけで1万以上必要ですからね。私は11日間入院してその掛かった費用は医療保険に加入していたのでほぼ賄えたが、医療保険に入っていないと入院時などの費用は全て自己負担しなければならない。国民健康保険や厚生健康保険で賄えない分は自己負担となる訳だけれど、入院費と手術費を払う為には相当働かないと厳しいという事だ。

高校生だとそれがどれだけ大変な事なのかをわからない訳で、これは働いた時に知る事になるだろうから母親がいかに大変な事をしていたのかを知る事になると思います。

そんな状況にもかかわらず病院を抜け出した高校生を探す事になったはるかは街を隈なく探すが見つけたのははるかが高校生に伝えていたお店の前だった。しかしお店の前で倒れた高校生の看護をするはるかは経験がなく戸惑うが夏美の的確な指示の下で見事にこの窮地を乗り切り高校生を助ける事に繋げる事ができたのだった。

色々無茶な行動も多いはるかだが筋は良く失敗を繰り返しながらも次第に成長していく姿がこれから描かれていくのだと思うし、これから数多くの出来事と遭遇していく事になるだろう。

次回は相変わらず失敗して夏美に怒られる日々の中で同僚の斎藤の元カノが入院してくる。果たしてはるかはこの患者とどう向き合っていくのか?その奮闘に注目だ。