15日ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」最終話を視聴した。

今回は桜のひき逃げ事件を追っていた藤は川合の似顔絵でようやく守護天使の手掛かりを掴みかけていたが、なかなか守護天使の情報が得られない。

そんな中で免許更新に来た情報を手にした藤、川合らは守護天使を逮捕する為に勤め先の農場へと向かう。そこで川合は守護天使と鉢合わせてしまい追い込もうとするが、守護天使は逃走してしまうも証拠の軽トラックは見つかり守護天使が犯人と断定された。

そして守護天使を追い込んだ藤と川合は所長の説得により守護天使は逮捕に至り、守護天使によって大怪我を追った桜は辞表を提出しようとするが、川合のマウンテンメスゴリラ級の説得で桜は警察に残る事を決意し、藤と川合はペアを続ける事になったシーンがメインだった。
ストーリー



今回はようやく守護天使の情報を得る事ができた藤と川合だったが肝心の足取りが全く掴めずに1週間が過ぎた頃にようやく守護天使そっくりの人物に辿り着いた。

その人物は娘に警察官がいた事で迷惑をかけたくないという話をしていた事があり、その為に3年間逃げていたようだ。

ようやく守護天使の居場所を突き止めた藤と川合は2手に別れて源と川合は勤め先の農園に向かったが、そこで川合は犯人と鉢合わせしてしまい言葉が噛んでしまいながらも犯人が引いた証拠の軽トラックを発見する。

しかし犯人は逃走し、町山署総出で犯人を追いかける事になったが、所長の機転で犯人は橋から飛び降りる可能性があると橋に向かったら犯人はそこに現れて追い込んだ。

そして所長が犯人に死ぬのは許さない!と一喝して犯人が怯んだ隙に源と田中が取り押さえて藤と川合が守護天使を逮捕した。

後日桜に守護天使の逮捕を報告したが、桜は退官を決意して退官届を提出に来たところに川合はマウンテンメスゴリラ級の説得で桜は退官を思い止まり桜は警察官を続ける事になった。

そして藤と川合は町山交番でペアを続けるのだった。

3か月の間に永野芽郁さんが新型コロナウイルスで倒れるというアクシデント事ありましたが、確りお帰り!と言って無事に復帰した事がまず何よりです。

本来ならもう少し描けるストーリーがあったと思いますがそれでもこの3か月間とても楽しんで観れるドラマでした。原作が警察官だからこそ描けるリアルな出来事は経験しなければわからない事ばかりですが、それがコメディになる当たり警察も色々とお堅いばかりじゃないという事でもあります。

とは言っても普段は近寄りがたい警察官という職業は警察官になった女性だからこそ知るリアルな現実を見事に描かれていた作品でした。そして最後には桜を負傷させた犯人逮捕に繋がり事件は解決したのでした。

総評として警察官も人間ですし、リアルな現実があるという事を実に上手く描いた作品でしたし、また警察の違った一面を見る事になった作品でした。

10月の水10も続投します。次は視力が弱い女性がヤンキーとの恋に堕ちるストーリーですが、障害を持つ人の視点から見るとどのように見えるのかを注目して行きたいと思います。

それでは10月のこの時間で盛り上がりましょう。