1日ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」第7話を視聴した。

今回は川合は伊賀崎所長から藤の同期が事件により休職している事を知る。

藤はその事件を負う為にこの交番に来たという事を知った川合だったが藤はその事をあまり語ろうとしない。そんな中で山田が警察手帳を無くす失態を犯して大騒ぎとなり、所轄総出で探す事になる。

一方藤は事件の詳細を次第に明かし始め同期の桜を引いた軽トラックを探し続けていたが証拠がなく犯人も捕まっていない。

そんな中で源が川合に似顔絵を書かせる為に呼び寄せてある産休中の刑事を呼び寄せて何の先入観もない川合に描かせた。

しかしその描かせた犯人の似顔絵は守護天使といって藤が追いかけている事件の犯人である事を知るシーンがメインだった。
ストーリー



今回は藤がどうしてこの交番勤務を希望したのかが明らかになった。3年前に事件で負傷した藤と同期の桜を引いた犯人を追いかけていたのだ。

その面影が川合と似ている事から川合をめがけて再び現れるのではないかという思惑も感じながら・・・

川合は伊賀崎所長から藤の同期の桜について聞かされる。事件の詳細は交通事故の検証を行っている最中に桜が白の軽トラックに引かれた事に端を発している。

事件はその直後に雨が降った事で証拠は一瞬伊賀崎所長が見かけた白の軽トラック以外はなく、ナンバープレートもわからずじまいだった。

藤は休みの時になると密かに追いかけていたのだったが、今だに事件の手掛かりすら見つからない。

そんな中で川合は源に呼び出されて似顔絵を描く事になった。その犯人は守護天使と呼ばれる人物で殆ど手掛かりがなく現在に至るが、その犯人こそ藤が追いかけている犯人である事を知るのだった。

次回は守護天使を追う藤は証拠が乏しいまま捜査を続ける。果たして川合はそんな藤を見てどういう行動をするのだろうか?その行動に注目だ。