7日ドラマ「偽装不倫」第5話を視聴した。

今回は岩手旅行へ行くはずだった鐘子は駅で賢治と一緒にいた所を観られてしまいショックを受けていた。そんな中1人で岩手旅行へ行った丈はそこで喫茶店の女性に絡まれるも残された時間で旅行をしていた。

そんな中鐘子はまさ子とやけ酒をあおって完全に出来上がっていたが、やはり丈の事が忘れられず岩手旅行へ行く事にした。そんな中葉子は風太と不倫をしていたが賢治が気づき始めて不穏な空気が流れ始める。そして賢治から1泊2日の温泉旅行へ行こうと提案され、その日が風太の試合と重なり困り果てる。

そんな状況の中で鐘子は駅へ向かうが新幹線が故障して途方に暮れていると丈と偶然再会し心を躍らすが丈は倒れてしまったシーンがメインだった。

ストーリー

鐘子(しょうこ)と行くはずだった岩手旅行に一人でやってきた丈(じょう)。東京駅で鐘子と一緒にいた賢治(けんじ)が鐘子の夫だと思い込んでいる丈は、幸せな家庭を持つ鐘子を旅行に誘ったことを後悔していた。そして鐘子も、丈が姿を消したのは不倫の厄介事から逃げるためだと思い、落ち込んでいた。心配したまさ子が訪ねてくるが、鐘子は小さなことでいちいち丈を思い出してしまう。その頃、岩手の丈も鐘子のことを思っているのだが…。

葉子(ようこ)は、賢治の大阪出張の隙を狙って風太(ふうた)との休日デートへ出かける。賢治からの「帰りが遅くなる」という連絡に安心し、風太の練習まで付き合う葉子。しかし、葉子の態度を不審に感じていた賢治は予定を変更し、観光を切り上げようとしていた!

一方、岩手の丈は、立ち寄った喫茶店の娘・カナエに案内され宮沢賢治記念館を訪れていた。『銀河鉄道の夜』の結末でジョバンニとカンパネルラが離ればなれになることを思い出し、寂しく笑う丈。その頃、まさ子と共に居酒屋でヤケ酒を煽る鐘子は、「丈のことを忘れる!」と宣言するが…。

そんな中、東京中央病院の外科医・一之瀬(いちのせ)は、脳腫瘍を抱える丈が手術を受けようとしないことが気にかかっていた…。

以上日テレ偽装不倫HPより


今回は賢治と一緒にいる所を観られてしまった鐘子は夫と一緒にいると思われてしまった事にショックを受けてやけ酒をあおる。まあ無理にないけれど未婚なのに結婚していると言ってしまったばかりにそういう勘違いを起こされるのはある意味当然と言えば当然だ。

そんな中で今度は葉子が風太と不倫を繰り返して風太の試合を観戦しに行く事を決めるが、そういう不倫の空気を察した賢治が葉子に温泉旅行を提案されて葉子はブッキングに困り果てる。鐘子は既に岩手へ行く事を決めており頼れない。

その頃丈は岩手で喫茶店の店員と意気投合してそこで岩手の案内をしてもらうが、残された時間が限られている事に丈も不安を覚えていた。そんな状況で鐘子は岩手へ向かったものの新幹線故障の為に運休となり尽くついていないと感じたが、そこに丈と偶然再会しまた胸を躍らせるがそんな状況で丈は倒れてしまったのだった。

次回は倒れた丈に鐘子は一体丈の病状を知る事になるのだろうか?その展開に注目だ。