21日プロ野球日本シリーズ2020第1戦読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンク戦が京セラドーム大阪で行われ、1対5で巨人はエース菅野投手が福岡打線を抑える事ができず、巨人打線もチャンスで千賀投手を攻略できずに初戦を落として福岡は日本シリーズ新記録の9連勝とした。

試合は巨人先発菅野投手、福岡先発千賀投手の投げ合いで始まり、2回に福岡が5番栗原選手の2ランで先制する。巨人も4回に無死1,2塁のチャンスを掴むも5番丸選手が併殺打に倒れてチャンスを活かせず6回に福岡が2死1,3塁から再び5番栗原選手にタイムリー2ベースを打たれて、8回にも失点した巨人は9回に辛うじて1点を返すのが手一杯だった。

これで巨人は対福岡戦シリーズ5連敗となり苦しいスタートとなった。

この時期にシリーズがある事そのものが異例中の異例だが、巨人がホームの東京ドームが使えない事そのものも痛い中で初戦を迎えたがDH制が全試合で採用される事となりこれがどう考えても福岡有利のシリーズという見方があった訳だが、試合を観る限りDH制があったから負けたというよりも巨人と福岡の差があり過ぎるという印象を受ける初戦となった。

特に先発菅野投手が2回に2ランで失点してしまった事も痛かったが、同じ選手に4打点も献上してしまった時点でこの試合勝負があった。巨人もクリーンナップが千賀投手を攻略できず逆に丸選手が尽くブレーキしてしまった事も痛かった。特に4回のシーンはこの試合の中で最もチャンスらしいチャンスだっただけにそれを潰した時点で勝負がついていた。

唯一の救いは抑えの森投手から1点奪った事位だがどちらにしても苦しいシリーズになる事は間違いない。

第2戦を獲れなければ圧倒的に不利になるだけに第2戦の巻き返しができるか?