25日プロ野球開幕戦巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、

3対1で巨人が菅野投手の好投、長野選手のホームラン、

小林捕手の2点タイムリーで勝利し由伸監督の初陣を飾った。

試合は巨人先発菅野投手、東京ヤクルト先発小川投手の投げ合いで始まり、

2回に菅野投手が無死2,3塁のピンチを迎えるが、

後続を抑えてピンチを切り抜けると、

4回に巨人は1番長野選手のホームランで先制する。

その後菅野投手は7回まで無失点に抑えて迎えたその裏

巨人は1死1,2塁から8番小林捕手の2点タイムリー2ベースでリードを広げた。

8回に東京ヤクルトは3番山田選手のタイムリー2ベースで1点を返したが、

最後は抑えの沢村投手が抑えて巨人が開幕戦勝利を飾った。

これで巨人は由伸監督の初陣を飾ったものの不祥事から危うい船出になった。
まず無事に開幕戦を迎えられたものの、

不祥事もあり今後不測の事態が起こらないとも限らない。

毎年順位予想をしていたものの、

今季は今後失格選手が出た場合戦力の計算が成り立たなくなるので

今季の順位予想は見送る事に致しました。

とはいえ由伸監督の初陣という事で同世代の私にとって

ついにこの時代が来てしまったのかと思うと色々な思いがあるけれど、

これからは由伸監督のサポートをしていくつもりでいる。

開幕戦という事でかなり引き締まった試合展開になったけれど、

流石菅野投手というべきシーンが2回にあった訳で、

あれだけのピンチで無失点で抑えた投球は見事というしかない。

これによって打線も長野選手のホームランと

小林捕手の2点タイムリー2ベースでわずかなチャンスを活かして勝利した。

ただ開幕戦を見る限りは巨人の貧打解消とはいかないという感じでもある。

これから数試合を観ていく中でどう選手たちが調子を上げていくのか注目したい。

今後はツイートで試合を語っていくのでブログで書く事は少ないと思います。

予断を許さない開幕となったプロ野球は果たして無事にシーズンを送れるのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

読売ジャイアンツ 選手別応援歌 2016
ヒット・エンド・ラン
ユニバーサル ミュージック
2016-03-23