27日プロ野球開幕戦巨人対横浜DeNA戦が東京ドームで行われ、

3対2で巨人が序盤に取った3点を守り切り開幕戦勝利を飾った。

試合は巨人先発菅野投手、横浜先発久保投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が1死2塁から3番長野選手のタイムリー2ベースで1点を先制すると、

2回には7番亀井選手の2ランでリードを広げた。

しかし横浜も5回に4番筒香選手のホームランで1点を返したが、

後続が凡退して1点止まりになった。

その後菅野投手は7回まで投げ切り、

8回に2番手山口投手がピンチを招くも

レフト由伸選手がタッチアップした選手をホームで刺して無失点に切り抜いた。

9回には抑えとして澤村投手が登板したが

代打関根選手にホームランを浴びて1点差とされたが、

後続を打ち取り巨人が開幕戦勝利を飾った。

これで巨人は開幕戦勝利でリーグ4連覇へ向けてスタートした。
開幕前は6連敗と全くいいところがなかっただけに不安視されたが、

悪い部分はオープン戦に出してしまったというケースも過去になかった訳ではない。

確かに今のリリーフ陣には不安がない訳じゃないが、

元々総合力のあるチームなので上手く打線が噛み合えば得点力はあるし、

投手陣も内海投手らが故障から戻ってくれば十分勝ち星を積み重ねられるので

2勝1敗ペースを維持する事が当面の戦い方になる。

開幕投手の菅野投手が開幕勝利を飾れた事はまず良かったが、

打線は初回と2回以外良いところがなかっただけに

しばらく投手陣ば踏ん張る試合が続くかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。