20日ドラマ「ゴーストライター」第2話を視聴した。

今回は正式に遠野リサのアシスタントになった由樹は

リサにもうすぐ結婚するのでそれまでアシスタントをやりますと告げる。

しかしリサは小説のプロットを書くように命じて由樹は

改めてリサのゴーストライターへの道を歩み始めた。

それを知った婚約者の浩康は止めようとするも由樹は

リサのアシスタントを続けたいと思い始める。

そんな中でリサの指導の下で由樹はプロットを書き始めると

その才能を開花させていく事になっていくシーンがメインだった。
ストーリー

遠野リサは、川原由樹を正式にアシスタントとして採用する。

由樹は、婚約者の尾崎浩康にそれを報告し、すぐに辞めることを約束する。

あくる日、リサは、やってきた由樹にいきなり連載中の小説のプロットを書くように言い渡す。

有無を言わさぬリサの口調に、由樹は辞めることを切り出せないまま引き受ける。

神崎雄司は、プレゼンしていたリサの小説の映画化が決まり、出世に手応えを感じる。

そんな矢先、これまで一度も締切りを落としたことのないリサが、

別会社の連載を落としたと報告が入った。

映画化する新作の取材のためウエディングサロンへ向かったリサは、

助手席に座る由樹に対し、提出したプロットのダメ出しをして書き直しを命じる。

サロンで合流した神崎に、差し替え前の追悼文を書いた人だと由樹を紹介するリサ。

さして気にした様子のない神崎は、リサに原稿を落とさないように念を押した。

由樹は、書き直したプロットをリサに渡し、アシスタントを続けられないことを告げる。

リサは一瞬の沈黙の後了承するのだったが、再びプロットの書き直しを命じる。

その上、代わりのアシスタントを探す手配をしようとする秘書の田浦美鈴を制した。

その夜、執筆中のリサのもとに、

母親の元子が入所している施設から元子がいなくなったと連絡が入り…。

以上フジテレビゴーストライターHPより


今回はついに由樹が遠野リサのゴーストライターへの道を歩み出す事になる訳だけれど、

リサは当初そのつもりはなかったようだが、

やはり自身のアイディア不足が由樹を自身のゴーストライターへと利用する事を考え始める。

リサそのものが必ずしも実力がない訳ではないけれど、

小説家とはいえある程度休養期間が必要なのも事実なのだが、出版社がそれを許さない。

そしてそれが故に遠野リサは追い込まれていたのが事実なのだが、

そこに由樹が現れた事でリサの代わりを務めてもらう事になっていく。

当初は小説そのものを書く事が初めてだった

由樹は出版業界の専門用語に戸惑うも、次第にリサの指導の下で頭角を現し始める。

そしてそれがリサが認めるほどの実力を発揮して行くのだった。

次回は由樹の実力を認め始めたリサが自らの出版の代筆をさせる。

果たして由樹の書く小説の評判は?

その評判に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。