9日アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」2ndシーズン第2話を視聴した。

今回は宇宙海賊夜明けの地平線団に襲われた鉄華団は

三日月のバルバドスルプスの初陣で夜明けの地平線団を蹴散らしたが、

逆に標的となってしまう。

そこでオルガたちはその先鋒になる事で道を切り開こうとする。

一方マクギリスもまた夜明けの地平線団の存在が目障りであり、

夜明けの地平線団を倒す援軍を鉄華団に送る。

そして三日月は再び最前線で戦う決意を固めたシーンがメインだった。
今回は宇宙海賊夜明けの地平線団に襲われた鉄華団は

三日月のバルバドスルプスの初陣を飾った。

しかし無理をし過ぎて稼働不能になるという三日月らしい無理もあった訳だけれど、

それでもかなり強化されたルプスである事は証明された。

その中で三日月に大きな嫉妬心を燃やす奴がいた。

ハッシュ・ミディ・・・彼の兄貴分は

かつてアラヤシキシステムの手術を失敗して自殺していた。

このシステムは諸刃の剣なのでやるべきじゃないオルガの意志は十分理解できるし、

そういうシステムに頼らない戦いができるようになる必要がある。

そんな中でもオルガは三日月に夜明けの地平線団と戦う事になる事を告げるのだった。

次回は夜明けの地平線団との対決となる。

果たして鉄華団はどんな戦いをするのだろうか?

その戦いに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。