22日ドラマ「Dr.倫太郎」第2話を視聴した。

今回は小説家の診療する事になった倫太郎だったが、

倫太郎のやり方では時間が掛かり過ぎると担当医から外れるも、

倫太郎はその小説家の症状に疑問を持っていた。

そんな中夢乃からお金が必要と言われて雪乃の口座を渡される。

そんな中で倫太郎は小説家の秘書は実は自分の娘だと知った中で

小説家の症状はその娘が原因である事を突き止めた。

そして倫太郎はその症状の原因を小説家にハッキリさせるために

娘との対面で症状を自覚させた事で自らの症状の原因を自覚させた事で

小説家の症状は改善させる事に成功したシーンがメインだった。
ストーリー

倫太郎は円能寺から、大物小説家の風間を紹介される。

風間は、最新作が酷評されて精神的に不安定になっていたのだ。

そんな彼は、長年彼を支え勤めてきた秘書のむつみに向かって

「むつみにそっくりな別人だ」と言って暴れ出し、頭部を負傷して慧南大学病院に入院。

百合子の治療を受けることとなる。

そんな風間に対し、宮川が画像診断の結果から出した診断に、倫太郎は異論を唱える。

「そう判断するのは早すぎませんか」と。そして倫太郎は、風間の話を聞きに行く。

一方、夢乃は、倫太郎をデートに誘う。

謎めいた夢乃の言動に翻弄される倫太郎は、夢乃に「あるお願い」をされ…。

以上日テレDr.倫太郎HPより


今回は倫太郎は小説家の患者の診療に当たる事になったが、

当初は倫太郎の治療方針に他の医師が難色を示し担当を外れる事になった。

しかし倫太郎はその医師の方針に納得がいかず、自ら横やりを入れる形で診療を行う。

倫太郎はどうしても納得がいかない場合は横やりを入れるようだ。

そんな中で倫太郎は小説家の症状が悪化したのが

助手を務める女性のある行動がキッカケだと気づく。

その行動がどうしてなのかを調べるうちに倫太郎は

小説家とその女性とは親子関係である事を知る。

小説家は家庭を持つと小説を書けないほど神経質な性格だった。

家庭を持ったら小説を書けないというのはどうなのかとは思いますけれどね。

そんな中で倫太郎は診療し小説家と女性を対面させてある行動をさせるのだった。

その前に小説家の胃の中に指輪が混入しているが、

それは症状とはあまり関係なかった。

そして女性は柿の種のピーナッツを食べようとしたところで

小説家の表情が一変してピーナッツを弾き飛ばす。

実は女性はピーナッツアレルギーであった。

それを知っての行動に倫太郎は女性に対する愛情が

エスカレートした結果だと小説家本人に自覚させ、

周りもその行動を理解させたのだった。

そして倫太郎は小説家が娘である女性に幸せになってほしかったのだ

という事を知ったのだった。

やはり行動する理由がわかるとその行動に対してどう向き合うかができるものである。

そんな倫太郎も夢乃の頼みに応じてしまう弱さもこの回では見せるのだった。

次回は重傷を負って運ばれた女性はDVを受けている事を倫太郎が気付く。

果たして倫太郎はその女性に対してどうDVと向き合わせるのだろうか?

その診療に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

セラピューティック・ラブ
清 心海
KADOKAWA/角川書店
2015-03-21