オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

カテゴリ:ドラマ記事 > ドラマ for 15

3
「下町ロケット」最終話はPMEAの面談をパスした佃製作所はコアハートの耐久性の疑惑を払しょくするためにジャーナリストの咲間と共にサヤマ製コアハートを調べ始める。そんな中中里がサヤマのやり方に疑念を持ち始めそこでサヤマのデータに偽造があるのではないかと疑い始める。それを調べるためには最新機器が必要だったが、航平はその機器を持っている帝国重工の財前部長にその性能検査を依頼する。財前部長は引き受けたが検査機器を扱える富山は当初非協力だったが石坂部長と椎名社長の癒着を見てから考えを改めて検査に協力する。そしてその検査でコアハートのデータ偽造が明らかになった。そしてその直後週刊誌に掲載しようとしたがサヤマに先に回られ封じられたが、直後に中里がデータを流したのは自分だと名乗り出た事で形成は変わり、航平もまた記事の掲載を了承した事で椎名社長を追い込んだ。そして決定的となったのはこれにより帝国重工のバルブにも信頼性を失う結果となる事を財前が報告し、そして更に石坂の椎名との癒着も明らかとなり石坂は更迭され、佃製作所のバルブが採用される逆転劇となった。そして追い込んだ椎名社長に航平が技術者として失格だ!という烙印を押して技術者と社長は一長一短では成功に成し得ない事を説いた。そして椎名は業務上過失容疑で逮捕され、日本クラインも特許違反で門前払いをしたことでガウディ計画は進展してガウディの成功と新型バルブによるロケット打ち上げ成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第9話はコアハートを埋め込んだ患者が容態が急変し死亡した。この件で貴船は初期対応のミスだったと弟子を更迭する。不合理な追放をされた弟子はこの件で知りえる情報をジャーナリストの咲間に情報提供し、その情報提供の関係で佃製作所を訪れた。当初は戸惑った航平たちだったが1枚の設計図を見せられた事で自分たちの持っていた設計図が中里によって盗作された事を確信するが、その後椎名の悪知恵により貴船は弟子を呼び戻し口止めを図って情報提供は断たれた。そんな中で一村は窮地に追い込まれて貴船に共同開発を求めたものの門前払いを受けるが航平たちが渾身のガウディを完成させて一村に勇気を与え、そこで咲間は貴船と滝川審査官の癒着を調べ始める。そして審査当日航平たちはまたも滝川の追及を受けるも技術力と熱意でアピールし審査長の心を動かした。そして航平は審査長に咲間から受け取った写真を見せて滝川の更迭に成功して審査を通過し、臨床試験へと駒を進めた。そして航平はサヤマ製作所の設計図ではない技術ミスによる医療ミスを山崎が指摘した事で椎名を追及するがそこで椎名の本性を垣間見たシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」最終話は素彦と美和は鹿鳴館を訪れて群馬に鉄道を建設してほしいと働きかける。素彦と美和のロビー活動のおかげで群馬に鉄道が敷かれる事が決まり、迎賓館も建設される事になった。そして素彦は群馬での役割を終えたと自ら感じて美和に県令を辞めようと思うと告げて美和はそれに従い、素彦は群馬県令を辞職した。そして素彦と美和はこれまでの功績を称えられて残りの人生を過ごすために群馬を去ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」最終話は姿を消した今日子を追った厄介だったが一向に手掛かりが掴めない。そんな中今日子を発見した厄介は澤野という男が元妻だと名乗り出てきた事で厄介は諦めざる得なかったが、調査した結果今日子はある資産家の隠し子ではないか?とわかりその財産目当てで誘拐された事が判明する。そして手掛かりとして今日子が小説好きだったことで今日が何の日なのか?で今日子の居場所を探すも行き先が見つからない。そんな中で今日子が突然厄介に電話を掛けてきた。実は今日子は厄介から会ってから1度も眠っていなかった。今日子はそれによって厄介に助けられて、その後隠し子が思わぬ人である事を知る事になり今日子は再び探偵掟上今日子として探偵を続ける事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」最終話はシャンインが誘拐され救出に向かったリョウたちだったが、そこで待ち受けていたカリートに阻まされる。しかしカリートはシャンインを殺さず逆にカリートはレギオンの総裁にリョウを合わせる。そして総裁から語られたのはシャンインの真実だった。それを知ったリョウは総裁の依頼でシャンインの父親になる事を受け入れ、シャンインもまたリョウを父親として受け入れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第8話は挫折しかけたガウディ計画にやる気を漲らせた佃製作所の社員たちだったが今度は帝国重工からコンペを1週間早めてほしいと言われ苦戦を強いられる。しかし持ち前の乗り越えようとする一致団結の気持ちで佃製作所製作のバルブシステムは好成績を収める。一方サヤマもまた試験には成功するが佃製作所に及ばなかった。それでも財前に新開発中のシュレッダーで起死回生の案を持ちかけたが仕組まれた会議では財前の太刀打ちできずサヤマのバルブシステムが採用された。それにより帝国重工との取引が終わったが、ガウディ計画は諦めていなかった。そんな中サヤマ製コアハートを埋め込んだ患者が死亡する医療事故が発生したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第49話回は美和がせいから素彦との再婚を促された。素彦もまた阿久沢から美和との再婚を促された。そんな中で美和が秀次郎が正式に久坂家を継ぐ事となり実家へ戻ると成長した秀次郎と再会し、そして母の滝から素彦との再婚話を話して美和は再婚を決意し、素彦も美和との再婚を決めてお互いの意志を確認し合い2人は再婚したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第8話はシャンインがレギオンに誘拐された。レギオンはシャンインに何を望むのかはわからないが、シャンインを救出するためにリョウやシンホン、ファルコンらがレギオンの本拠地に乗り込む!そしてシャンインはカリートに香として過去からの苦しみを乗り越えるように諭す。そしてリョウたちはレギオンとの対決に挑むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第7話はガウディ計画に挑戦する事になった航平たちだったが、そこにはこれまで医療業界に関わってこなかった事もあり想像以上に厳しい審査と厳しい基準に苦戦を強いられる。更には資金力という点で劣る以上時間との勝負でもあった。そんな中サヤマの椎名が様々な刺客を送り込んでくるが、そんな中引き抜きでサヤマに入った中里は納品している製品が欠陥がある事に気づく。一方佃製作所は開発チームが全力で製作するもあと一歩のところで成功しない。キッカケを掴もうと開発チームの3人が実際に一村が手術している場面に立ち合いそれによってこの事業が人の命を救う大事な仕事と認識して使命を持って再度挑戦を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第48話は美和が粘り強く言い続けた女性たちの学び場ができた事で女性たちも色々学ぶ意欲が増してきた。これによって女学校の設立も決まり群馬でも女性教育が活発化し始めたが政府が富岡製糸場が赤字の為に閉鎖する事を決定する。ようやく順調に輸出が軌道に乗ったところで群馬の人々は動揺するが素彦は嘆願書を書き、女性たちが署名して政府に提出し富岡製糸場の存続が決まった。そして美和は素彦との再婚話が持ち込まれたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第8話は今日子の1日の始まりから描かれる。今日子は自分を思い出すために色々な文字から思い出そうとしている事が伺えた。そんな中今日子に事件の依頼が舞い込む。その事件は試着室で女性が死んでいたという事件だ。不幸にもまた厄介がそこにいた。推理を始める今日子だったが、今回依頼された予算が半分だった事で半分で推理を止めてしまう。しかし厄介は以前の事件で資金を使い果たしてしまっており、事件が解決しそうにないが、それを聞いた今日子が突然捜査を再開し、事件は見事に解決するが、その後今日子が付き合っていたという元カレが現れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第7話はピアニストの少女がリョウの下を訪れ殺された父親が何者だったのかを知りたいという依頼を受ける。だがその殺した相手はグラス・ハート時代のシャンインだったことがわかり心中複雑となる。そんな中実際にその父親は少女の本当の父親ではなく、実はその父親が少女の両親を殺していた事がわかるが、その事実を少女はその父親から聞かされており、少女ながらも知っていた。そんな中少女は何者かに狙われる。それによりシャンインが軽症を負うも命に別条はなかった。しかし少女は殺された父親がシャンインが殺した事を知りシャンインに銃を向けるも撃てない。そんな中近づいてきたのがある殺し屋でその殺し屋こそ少女の両親を殺せと命じた張本人だった。しかしその殺し屋はレギオンに始末されてしまう。そして少女はシャンインが命じられてやっただけと理解し、自らの失った気持ちを理解したからこそシャンインを許せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第6話はロケット開発成功から3年が経過していた。そんな佃製作所の前に新たなるバルブシステム開発に向けて最大のライバルが立ちはだかる。それはNASAの技術者だったサヤマ製作所社長の椎名直之という人物だった。彼は他の競合他社を強引な手法で押しのけて仕事を奪っているという業界の噂だった。そんな中で航平に新たなる依頼が舞い込む。それは日本クラインから人工心臓のバルブの製作だったが、予算があまりにもなく厳しい状況だったが大手企業という事で1度引き受けるもあまりにも理不尽な対応に取引は中止した。そんな中かつて佃製作所の技術者だった真野が心臓外科医の一村、繊維会社の桜田を連れて訪れ子供の人工弁開発をしてほしいと依頼されるが資金調達が難しく1度は断る。しかし真野の熱い思いで航平は1度桜田の会社サクラダを訪問し、そこで桜田がどうしてこの事業をやる決意をしたのかを知り航平はこの事業に参加する事を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第47話は美和が東京の姉寿の見舞いに訪れた。寿の容態が悪く余命わずかと悟った美和は再び素彦の下に戻る。そんな中生糸の相場が暴落して素彦はアメリカの商人との取引をすることを決意する。そして取引は成功し、大量の注文が入り忙しくなるがそんな中で今度は生糸の相場が高騰しこの取引を中断するように阿久沢は告げるも、これから先の信用を大事にする事を素彦は伝えて素彦はこの取引を継続する事にした。そんな中寿の容態が悪化して素彦が駆けつけるも寿は亡くなり、寿は手紙に美和と再婚するように遺言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第7話は厄介が今日子に以前人気推理作家の事件に関わった事もあり、その事件が自殺ではないか?という事になり今日子に人気推理作家が残した99冊の著作を完読して事件解決を目指す事になった。しかしわずか1日しか記憶が持たない今日子はいくら30分で完読できるとしても4日は掛かる作業に厄介が付き合う事になった。当初こそ順調に読み終えたが、次第に読むスピードが遅くなり、4日目終了時には今日子は倒れてしまい眠ってしまった。この依頼があまりにも無理だったと悟った厄介は今日子が書き残していた体へのメモを消して翌日出版社の方と会っていたら今日子が現れ、わずか1分で事件の謎が解けたと言い出して、99冊中7冊が同じ月に発売されその中に同じ人物像に似た人が登場する事がこの事件解決のカギだったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第6話は香の兄槇村を殺した犯人が10年ぶりに姿を現した。槇村は10年前に冴子にプロポーズ直前に殺されたのだった。冴子にメールで必要に挑発するもその理由が末期の肝硬変により余命わずかという事が冴羽の調査で明らかになった。そんな最中ミキが犯人に誘拐され、それを知った冴子が駆けつけて犯人を制止しようとするも、冴羽の一撃でミキは救出され、冴子は槇村を殺した犯人に残りの時間を贖罪に生きるように告げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第5話は佃製作所のバルブシステムをテストした帝国重工だったが、テスト段階で異常が見つかりそれがバルブシステムが原因ではないかと疑いが掛けられる。3日しか与えられなかった航平たちは何とかして原因追及するために原因特定に挑むも原因がつかめず3日目を迎えた中で航平はある異常を発見し、その以上は帝国重工が準備したフィルターに原因があった。佃製作所のフィルターでは異常がなかった事からその原因が帝国重工の中小企業を見下した考えが原因でもあった。原因が特定できたことで試験は見事にパスする事となり、あとは社長を財前がどう説得するかに掛かっていた。そして財前はこれまでの経緯を説明し、全て自社で作り上げるという拘りを捨てなければこのスターダスト計画は成功しないと強く訴えて社長は財前の技術者として、そしてかつて技術者だった頃の熱意を思い出し財前の説得を了承した。そして打ち上げ当日国産ロケットは航平たちの夢を乗せて見事に打ち上げ成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第46話は美和と素彦は旅館で足止めをされた。そのころ素彦が進めていた生糸の共同施設が不満を持った仲介人たちの仕業とわかりショックを受けるが、素彦は美和と共に旅館で宿泊した事が逆に問題視される。噂は瞬く間に広がり素彦も美和も立場を悪くするが、やましい事は何もないとこれまで通り毅然とした態度を続ける。そんな中西南戦争で囚人を各地で受け入れる事となり、更生の為に受け入れ先を求めるもなかなか理解を得られない。そんな中美和もまた各家を回って交渉する姿を見たせいが美和の信念ある行動に心を打たれてせいも交渉した事で受け入れ先は確保した。そして素彦は囚人たちにこれからの未来はここから作っていく事を強く訴えて職員たちの心を掴んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第6話は女子中学校の管理作業員として働き始めた厄介だったが、ある日の放課後に1人の女子生徒が気を失って倒れているところを発見したが、ボンベのガスが噴き出しており厄介少女を助け出そうとするもドアが開かず仕方なく火災報知器で煙を認知させてこの場を何とか命からがら助かるも、その直後容疑者として怪しまれる。現場には遺書が残されていたために厄介はすぐに無罪となるも、どうして少女が自殺しようとしたのか今日子は捜査を開始すると、少女は元々ある事を気にしており、それが原因で自殺しようとしていたのだった。それに気づいた今日子は厄介にこの事件は隠館厄介殺人未遂事件だった事を打ち明けられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第5話はかつて組織で仲間だったシンホンの仲間パイランが接触してきた。パイランは偶然シンホンを見つけた事で再会を果たしたが、パイランは冴羽も知るあるマフィアに潜入していた事を知る。そこでパイランはマフィアの会長が2年前の抗争で亡くなった娘とソックリだった事で受け入れたのだった。パイランにとって初めて父親という存在ができた事で心境の変化を感じていた。しかしレギオンがマフィア会長を暗殺しようと企てておりそれを知った冴羽はマフィア会長の依頼を受けてシティーハンターとしてこの依頼を受けた。その依頼とはパイランを助けて自らのわずかな命を捧げるという辛い依頼だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第4話は佃製作所が帝国重工の下請けとして適合するのかを審査すると帝国重工が通告してきた。通告された佃製作所は当初内部で反対もあったが、審査1日目に担当者から言われた言葉に佃製作所の内部が結束する事になり、帝国重工が求めてきた書類を社員総出で仕上げた。そしてバルブシステムも社員総出で完成させて納品した。2日目に視察に訪れた帝国重工の技術担当者は改めて佃製作所の技術力を認めて技術者としては不合格は出せないという結論に至った。しかし納品したバルブシステムに以上が発生しその原因が社員がわざと不良品を入れた事によるものだった。理由がわかった航平は自ら出向いて謝罪しバルブシステムの試験を見事パスしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第45話は美和は生糸の製造を習い始めたが、そんな折生糸の相場が暴落する事態が起きたい。暴落の理由が粗悪品が混じった事で安定した品質を確保できない事が問題だった。それを解決しようと向き合う素彦はこれまでの常識を疑う農業方法を行う船津伝次平と出会いこれまでに常識に捉われない改革に取り掛かる。しかしこれまでやってきたやり方が無くなる事で反発する者たちが続出して素彦は自ら何度も説得し続けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第5話は出版社のアルバイトを始めた厄介は編集者から人気推理作家のフェスタに参加しないかと持ち掛けられ今日子がその作家の大ファンである事でそのフェスタに参加する事になったがその直前で人気作家が死亡するという事件が起きてしまった。しかしフェスタは続行されそこで作家が残したメッセージを探す事になった。色々な設問からヒントを探すも参加者の推理は見事に外れて、そして今日子は4つ目の質問で今日子が作家が隠したメッセージのありかを見つけてそのメッセージに今日子らはジーンときたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第4話はシティーハンターを再開させたリョウだったが、即依頼が舞い込んできた。その依頼はシャンイン同様に心臓移植したクライアントの男性でその男性は心臓移植の相手を知りたいという依頼だったが以前この街である女性を感じた事を話した。そしてその女性が務めるキャバクラへ行くとその女性が接客したがそのキャバクラはぼったくりバーだったためリョウとシャンインが対処したがお金は大金をポンと支払えるほどの大企業のCEOだった。そして翌日再びこの街で女性の母親が来ている事を感じ取った男性は話しかけて心臓の記憶からこれまでの話をするが、それを知った女性が飛び込んできて抵抗するもその場は会社の社員としてごまかして翌日男性の会社を訪れる。そしてそこで男性は女性の姉の心臓を移植した事を告げるが信じてもらえず、男性はその場で倒れた。その出来事をシャンインが女性に自身の出来事を説明して女性は初めてその言葉を信じて姉を死なせてしまった事を後悔した事を詫びる。奇跡的に男性は意識を回復させたものの翌日妹に見守られて亡くなり、家族が抱えた借金を全て支払って借金返済したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第3話は特許訴訟でナカシマ工業から和解を勝ち取った佃製作所は帝国重工からの特許売却を打診されていたが、航平は下請けとして部品供給したいという予想だにしなかった回答をする。この回答を知った佃製作所の社員たちの中には良しとしない人も少なくなかった。しかし技術開発部長の山崎がこの会社に入った経緯を語り、かつて大手企業に勤務していたがやりたい事ができずやりたい事ができる佃製作所に転職した事を語る。一方帝国重工は特許使用料という形で妥協する事を念頭に置いて再度財前が訪れたが、航平はそこで佃製作所の制作現場を財前に見せてそこで佃製作所でしかできない制作過程を見せて財前はこれまで見た事のない部品の完成度を目のあたりにして佃製作所の技術がロケット開発には必要だと痛感して佃製作所を下請けとして部品供給してもらう事に考えを改めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第44話は群馬に教育を根付かせようと素彦と美和は奔走するもなかなか理解を得られない。素彦は群馬の実態を知るべく自らの足で群馬各地を回ったら学校が近くになく子供たちがいく事ができないという実態が浮き彫りになった。その為に素彦は近くに学校を新設する事によって対処しようとした。一方美和もまたせいを何度も訪ねて根気強く説得に当たる。そんな中1人の女が旦那の借金を繰り返すため字を読めない借用書を書かされ、それでは何も変わらないと美和が強く言った事がキッカケでせいは美和の教育を認めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「掟上今日子の備忘録」第4話は美術館の事件を救ってくれた有名な額縁匠の和久井から警護を頼まれた厄介だったが、同行者に今日子を連れてくるように依頼される。今日子と共に向かった厄介だったが既に額縁匠の和久井は殺されており、そこから犯人探しが始まった。犯人は殺されたマンションから一歩も出ていない事だけはハッキリしており犯人はマンションにいる事だけはハッキリした。そして捜査をすると以前出会った少年が何かを知っており、その凶器の1部に不審な痕がある事に今日子が気づく。そして今日子はもう1人の人物とこの少年が額縁匠の和久井の作品から外されている事を突き止める。そして犯人はもう1人の人物である事を突き止めた今日子は直接自首するように求め少年は経緯を話はじめてこの事件は外された理由が作品に彼らが使う色を使わないからという理由だけで外されていたのだった。その理由を知りただただ悲しくなる悲劇の事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「エンジェル・ハート」第3話はファルコンが幸福の少女と言われている少女と交流を持つようになった。当初はその少女がどういう境遇なのかを知らなかったが、その少女は身寄りのない少女で半年前に母親が亡くなっていたのだった。少女はその直後栄養失調で倒れてドクのところへ担ぎ込まれた。そして少女がホームレスに食べ物を分け与えていた事を知り、シャンインが少女を今までいた部屋に連れていくとシャンインが香の母性反応を示して少女にこれまで抱えていた悲しみを受け止めて少女に現実を受け止めさせた。そして少女はファルコンの目になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第2話はナカシマ工業を逆提訴した佃製作所は壮絶な法廷闘争に入る。一方帝国重工は佃製作所が所有するバルブシステムを買い取りに出向いたが使用許諾権及び独占使用権での話をするも帝国重工は買い取り以外に応じる構えがない。そんな中で神谷弁護士はある秘策を持って航平に法廷での証人尋問に臨むように伝える。そして証人尋問ではこれまで培ってきた失敗の先に成功がある事を熱弁をふるい、数多くの努力の先に技術の成功があると熱く語り、これが裁判官の心を動かし、ナカシマ工業の特許侵害を認めて裁判所から和解勧告を勝ち取り、和解条件として特許侵害の取り下げを勝ち取ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第43話は前原が萩で反乱を起こして美和は萩へ戻るが素彦は寿の具合が悪く東京へ向かった。しかし萩の乱はわずか10日で鎮圧され、前原は処刑され、叔父の玉木文之進は切腹した。止められなかった美和と素彦は悲しみの中再び群馬の混乱に身を投じていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ