19日ドラマ「デスノート」第3話を視聴した。

今回はLが月がキラだと疑い始めた事を

直接Lの電話で告げられた事で焦り始める月だったが、

まだハッタリである事を知り捜査のかく乱させようとするが、

その中でミサミサが負傷しながらも助かった事を聞かされ月もリュークも混乱する。

一方Lは月がキラだと断定する寸前まで来ていたが

殺しの手口がわからず何とか殺しの手口を探ろうとする。

そんな中月は尾行しているレイを追い詰めようとレイのフィアンセの名前を

覚えていた事で脅しに使おうとする。

そして予め下見をした事で月はあるオープンカフェに

レイを呼び出しレイはフィアンセが狙われている事に焦り

フィアンセを助ける為に月の要求を聞き受けるが、

月はレイが死んでいる事を確認するためにある場所へと向かうが

レイは自らの名前を書いておらず月は追い詰められるが

レイがいきなり苦しみだし間一髪助かったが

この時点でミサミサが第2のキラだと知らないシーンがメインだった。
ストーリー

バスジャック事件でFBI捜査官のレイを殺害することに失敗した月に、

Lは月こそがキラではないかと指摘。

計画の裏の裏まで指摘された月は呆然とする。

その上、父・総一郎がキラ対策室の室長であると知ったリュークから、

生き延びるためには父の名前をデスノートに書くしかないとけしかけられ…。

Lと戦うために、今度こそLから疑われることなくレイたちFBI捜査官全員を消し去ろうと、

完璧な計画を練り始める月。

そんな月に、相手の名前と寿命を知ることができる“死神の目”を、

寿命の半分と取り換えようと持ち掛けるリューク。

時を同じくして、Lは捜査員たちを可能な限り危険にさらさずに

キラの正体に近づこうと動き始めていた。

それぞれの思惑が交錯する中、

死神のレムから赤いデスノートを授けられた海砂は、

自分の恩人であるキラを探し出すために、ある行動を起こすことに…!

以上日テレドラマデスノートHPより

今回は月がLから携帯に連絡を受けた事で追い詰められる心理状況が描かれた訳だけれど、

普通の人であれば当然ここまでプロファイル分析されていると

焦りを感じて当然な訳だけれど、

ここでLがまだハッタリで当たっている事を知った月は

デスノートのルールを理解した上で行動を起こそうとするが

その前にミサミサが生きている事を聞かされリュークも驚きを隠せない。

そんな中で月はレイを振り切ろうとFBI捜査官の名前を書かす事で

事件を分散しようと目論むが、月はここでレイの写真の名前を思い出し、

その名前で月はレイをおびき寄せる事に成功した。

そしてレイをおびき寄せた月はそこからレイにFBI捜査官の名前を書かせる事で

事件を分散化させようとするが、

レイもフィアンセの命が掛かっているだけに簡単には引っ掛からなかった。

結局月がキラだと知ったレイはそこで月を射殺しようとするが

直前でレイは苦しみだし月はどういう事になっているのか

わからないままピンチを逃れたのだった。

まさかここでミサミサが月を助けた何て思いもよらない訳だけれどね。

次回は捜査に失敗したLは直接月と積極を試みる事にした。

果たしてこの対面で月とLはどんな対決を繰り広げる事になるのだろうか?

その対面に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。