2日ドラマ「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第7話を視聴した。

今回は巧の母留美が入院する事になり慌てる巧だったが、

依子は冷静にこれはチャンスと巧との結婚へ向けて結婚契約書の作成をする。

そして巧に色々な条件を突きつけるが、尽くNo!を突きつけ話し合いにならない。

そんな中巧の母留美が入院した事により巧は母留美を失うという絶望感に襲われる。

そんな中で依子は巧の父を連れてきた事で巧の怒りは爆発し、

依子が書いてきた婚姻届を破り捨てて結婚破棄を宣言する。

その直後巧の母留美の手術はあっさり終了し

ここで巧も知らなかった両親が実は会っていた事を知らされ知らなかった巧は愕然とする。

そして依子もまた巧を忘れられず巧もまた依子に再度結婚を考え直すシーンがメインだった。
ストーリー

藪下依子と谷口巧は、「結婚契約書」の作成を急ピッチで進めていた。

ふたりが急ぐのは、谷口留美が体調を崩したからだった。

以前に検査を受けた時には異常はないと言われたが、

最近、貧血と体重の減少があると言う。

それを聞いた依子は、病院を紹介。

早速検査を受けた留美は、胃潰瘍と診断され手術が行われることになった。

結果を聞いた巧はもちろん、島田佳織や島田宗太郎も一安心するが、

不安がよぎった依子は、

藪下俊雄に胃がんガンで亡くなった藪下小夜子の当時の症状を尋ねる。

そんな日の深夜、巧がリビングに降りてくると、

留美が読んでいた書類を引き出しに片づけて寝室へ去っていった。

巧が書類を取り出して見ると、それは、家や土地の権利書だった。

さらに、佳織や宗太郎も、留美が身辺整理らしいことをしている言動を目撃。

小夜子のことで後悔がある依子は、それを繰り返さないためにも、

自分たちが出来ることを速やかに実行しよう、と巧らに呼びかける。

その裏で宗太郎は、鷲尾豊に、

依子と巧が結婚を合意するタイムリミットが迫っている、とハッパをかける。

ある日、谷口家で「結婚契約書」の作成をしていた依子がリビングに降りてくると、

留美が不要品の整理をしていた。

そこで依子は偶然、巧の父親である男性の写真を目にする。

留美の夫でもあるこの男性がいつ亡くなったのか、と依子が尋ねると、

留美は意外な事実を告げた。

それを聞いた依子は、猛然と巧に詰め寄り…。

以上フジテレビデート 〜恋とはどんなものかしら〜HPより


今回は巧の母留美が胃潰瘍で入院する事になり、

巧はこのままでは1人になるという事で慌てふためく。

まあ高等遊民にとって生活の糧となる母親がいなくなる事に対して

ショック以外に何ものでもないからね。

そんな事を察した依子は巧との結婚契約書を作成する事になる。

さすが依子は結婚を契約と捉えている故にこういう事は予め決めておきたいようだ。

でも結婚する時はお互い何をするのか何ができるのかを

決めなければならないのである意味理に適ってはいる。

そんな条件を突きつけられたもののやはり主導権は依子にあるのは

明白で稼ぎのある人と稼ぎのない人に平等はないという事だ。

普通に誰の金で食っている?と問われたら・・・反論は言えない。

それでも巧は依子に抵抗し、

さらには依子の計らいで巧の父を呼び寄せたが

これにも抵抗して依子が書いた婚姻届も破いてしまうという

もう手が付けられないとはこういう事を言うのだと思う。

そんな巧もまだ依子を諦め切れないようで再び依子の下へ駆けつけるのだった。

なんか高等遊民というのはある意味たちの悪いニートという感じだ。

少なくてもここまで巧に同情できるほどの余地がないんですよね・・・

身近に働かせてくれる場所があるようにも感じるだけにね。

次回はそんな依子は巧からの告白を待つ事になる。

果たして依子に巧は何を送るのだろうか?

その贈り物に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




あなたに恋をしてみました(初回生産限定盤)
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-02-18



あなたに恋をしてみました(通常盤)
chay
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-02-18