10日サッカーW杯アジア2次予選日本対モンゴル戦が埼玉スタジアム2002で行われ、6対0で日本がMF南野、DF吉田、DF長友、FW永井、MF遠藤、MF鎌田のゴールで大勝し2連勝とした。

終始圧倒した日本代表は次節アウェイでタジキスタンと対戦する。



daihyo2019-8


これ位の試合をして当然の相手なので特に特別に記述する事はないけれど、こういう試合で1番怖かったのは怪我人を出してしまう事だがそういう最悪の事態は確り回避した。これまで格下の相手に対して怪我人を出してしまったという事例は何度かあっただけに未知なる初めての相手であったが力の差を見せつける結果になった。

問題は次節のタジキスタン戦になる。アジア予選で1番厄介なのは相手よりアウェイの環境だ。ミャンマーの時も環境の悪さに苦しんだだけに内容ではなく勝ち点3を確りキープすることが先決だ。

連勝して波乱なく今年を終える為にも選手たちには欧州の厳しい環境でプレーする力を見せてほしい。