28日サッカーアジアカップ決勝トーナメント準決勝日本対イラン戦がハッザ・ビン・ザイード・スタジアムで行われ、3対0で日本がFW大迫のPKを含む2ゴール、MF原口のゴールでイランを圧倒して勝利し2大会ぶりの決勝進出を果たした。

試合は前半から激しい攻防を繰り広げるも両チームともゴールを決める事ができずに前半を折り返した。後半日本はカウンターからチャンスを掴み出し、後半11分にMF南野のクロスにFW大迫がヘッドで決めて先制すると、後半22分にはPKを獲得し、これを再びFW大迫が落ち着いて決めてリードを広げた。イランもゴール前に迫ってくるも最後の精度を欠いて迎えた後半アディショナルタイムにMF原口がダメ押しのゴールを決めて日本がアジア最強と言われたイランを圧倒して決勝進出を果たした。

これで日本代表は2大会ぶりの決勝進出を果たしアジア王者に王手を掛けた。

daihyo2019-3


これまでの日本の戦いが嘘のように日本はイランを圧倒した。これまでは守って相手の隙を伺う戦いが続いた事もあり本当に大丈夫なのか?という部分が大きかったが、そういう戦いをしてきたからこそイランも日本との戦いに迷いが生じたのではないかと感じる。これまで日本はアジアで圧倒する事が当たり前という意識がどの国もしていた訳で、特にサウジアラビアはその真逆の戦いをした事でイランも迷ったのではと感じる。

格下のベトナムについては攻撃する時間が長くなるのは当然だったとしても本来の戦い方ではないと見ていたが、実際にイラン戦はそういう戦いをしていたからこそカウンターが決まるシーンが多くなったという事もあるし、イランもこれまでの戦いで無失点をしてきたがエンジンの掛かった日本代表のプレーに翻弄されるシーンが後半から目立ち始めて今大会初失点をするとその後は焦りからボールをロスとするシーンも多くなった事でカウンター狙いの日本の術中にはまった。

最終的にはボールポゼッションは日本が上回ったが確り守って主導権を程々にしての戦い方は昨年のW杯でポゼッションする事が勝ちに繋がる訳じゃないという事を証明した試合でもあった。

ここまで怪我の為温存し続けた大迫がここで大活躍をしてくれた事で温存し続けた意味が出てきたし、多くの選手が出場機会に恵まれた事でモチベーションが非常に高い事も大きい。

決勝ではカタールかUAEとなるがここまで来たら絶対にアジア王者にならなければならない。加楢治今の日本代表ならアジア王者になれる!