28日ロシアW杯グループリーグ日本対ポーランド戦がボルゴグラードアリーナで行われ、0対1で日本は後半14分にDFベドナレクに決められリードを許す苦しい展開だったが、同時進行していたコロンビア対セネガル戦でコロンビアが後半29分に先制した事によりコロンビアに運命を託して1点差を守る選択肢をし、0対1で敗れたもののコロンビアが1対0で勝利した事で日本とセネガルは勝ち点、得失点、得点全て並んだが、警告数2のフェアプレーポイントの差で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた。

試合は日本が6人を入れ替えて挑む大胆なスタメンで挑み、前半はポーランドもそれほど運動量もなく、日本は上手く攻めるもゴールを決める事ができずに前半を折り返した。後半日本は運動量のないポーランドを攻めるも逆にカウンターを受けてしまい、後半14分にFKからDFベドナレクにヘッドで決められポーランドに先制を許す苦しい展開となる。

このままいけば日本は3位に転落し敗退となるが、コロンビアが後半29分に先制した事で状況は大きく変わった。コロンビアもブラジルとベスト8で対戦したくないという気持ちが強い事を信じた西野監督がコロンビアに全てを託してこの点差のまま逃げ切る事を選択し、決定的なピンチもGK川島が防いで0対1を守り抜き、コロンビアもセネガルに得点を許さずにこのまま終わりフェアプレーポイントの差で日本が2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

これで日本は決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦する。

LINEUP111530203195674


当初3連敗という言われ方をした日本代表は2戦を終えて勝ち点4で3戦目を迎えた時点で日韓大会以来という状況だっただけにコロンビア、セネガル相手に大健闘した結果が最後の最後で西野監督の賭けは勝ったという事だ。非常に難しい選択だったと思うし、ここで全力を尽くしてしまったらベスト16で相当厳しい状態のまま迎えた事を踏まえれば西野監督はこの6人入れ替える起用は本当に大きな賭けだった。1度は死んだ身という気持ちで挑めば1%でも確率を上げるための賭けだったと捉えれば良い訳で、当然敗退していれば西野監督への批判は相当なものだっただろう。


グループリーグはあくまで決勝トーナメント進出するためのリーグなのでどんなに内容が悪くても行ければ良いと考えればこの選択肢に賭ける事が監督の立場として1番確実な選択肢だったという事だ。


前半にチャンスはもちろんあった訳でそこで決め切れなかった事は2戦のレギュラーから外れた理由と言えるのだけれど、このメンバーはメンバーなりに良く戦ったと思いますし、普通に考えれば酒井高徳をサイドハーフで使う時点でどう点を獲るのか?という部分があった訳です。引き分け狙いよりショートカウンター狙いだったと言えるだけに前半で先制できなかった事が後半に先制を許す結果となった。


その後ここからどうやって得点を獲るのか?という所にコロンビア先制という情報が流れてきた事で全ては変わった。ここは非常に難しい選択で同点に追いついておけば安全圏だった訳ですが、当然カウンターというリスクを伴う。今回のW杯ではむやみやたらに前掛かりになり失点して敗れた国が多かった事を西野監督も過っていたのだと思います。だからこそこの情報を知った時にブラジルのサイドに行ってしまうがコロンビアもブラジルとはやりたくないという考えがあったからこそ必死に守るという判断があったと思います。


もちろん観ている側からしたら完全に面白くありません。しかし目標はあくまでベスト8進出という事ですからベスト16へ行けなければ目標は達成できない訳です。そこはどんな形でもベスト16へ行くという選択肢は監督の立場からしたら否定はできません。


リスクの大きい喜びを選択したばかりにベスト16行きを失う方が相当失うものが大きい。それ以上の理由はありません。これを批判する人は敗れた時には袋叩きをするつもりだったのでしょうね。その立場にならなければ変わらない事があるという事を学ぶ事が必要だと思います。


とはいえベスト8でブラジルが来る事が濃厚としてもその前にベルギーと対戦するだけに決勝トーナメント1回戦は厳しい事に変わりない。


最後になりますが、2大会ぶりのベスト16入りはアジア勢唯一の快挙です。今大会はサウジアラビア1勝2敗勝ち点3、イランはスペイン、ポルトガル相手に1勝1分1敗勝ち点4の大健闘、オーストラリアが1分2敗と唯一未勝利で終わり、韓国は1勝2敗ながらドイツに歴史的なグループリーグ敗退に追い込む大金星を獲得し、そして日本代表は1勝1分1敗で勝ち点4で決勝トーナメント進出を果たしました。


前回のブラジル大会でアジア勢1勝もできなかった大会でしたが、今大会では4勝し、日本がベスト16入りを果たし2大会連続グループリーグ敗退を回避しました。


ベスト16のベルギー戦ではどんなドラマが待っているのか?7月3日3時キックオフの試合から目が離せない。