24日ロシアW杯グループリーグ日本対セネガル戦がエカテリンブルクアリーナで行われ、2対2で日本はFWマネに先制ゴールを許すも、MF乾のゴールで同点に追いつき、後半再びリードを許すも途中出場のMF本田が3大会連続となるで同点に追いつきドローに持ち込んだ。

試合は前半11分にセネガルはGK川島が弾いたボールをMFマネが決めて先制される苦しい展開だったが、日本は縦パスからチャンスを作り、前半34分MF乾のゴールで同点に追いつき前半を折り返した。後半は日本がボールをキープしチャンスを作るもラストのプレーでゴールにならない。

決め切れない中迎えた後半26分セネガルはDFワゲが決めて再びリードを許す苦しい展開となった。リードを許した日本はMF香川に代えてMF本田を投入する。そこからセネガルゴールに襲い掛かり迎えた後半33分MF乾のクロスにMF本田が決めて再び同点とした。その後両チームとも勝ち越しゴールを決める事ができずに2対2のドローに終わった。

これで日本代表はポーランド戦に引き分け以上で勝ち上がり、敗れた場合でも引き分け以外ならセネガルがコロンビアに勝利するか?コロンビアが勝利した場合セネガルより得点を獲るか?同じスコアの場合フェアプレーポイントによりグループリーグ突破が決まる。

LINEUP111529420070155



コロンビア戦と同じメンバーで挑んだ訳だけれど、立ち上がりからセネガルの速い攻撃に苦しみ前半11分で失点した時は本当に苦しい戦いになると思った。しかし今の日本だこういう状況でも立て直すだけの経験値があり、ズルズルいかなかった事が同点劇に繋がった。乾の同点ゴールのシーンはこの大会で積極的に縦パスを出している事で掴んだゴールだった。


DF長友が積極的に上がり、DF長友が繋いだチャンスをMF乾が見事にゴールを決めてくれた。スペインではバルセロナからアウェイで2ゴールを奪った男にとってこのプレーはスペインではごく普通のプレーだが、世界最高峰のGKから奪った自信はさすがだった。前半はこのまま1対1で折り返した。


セネガルもカウンター攻撃の脅威は何度も見せていたが日本の選手達が体を張って守り競り負けなかった事が大きい。後半は運動量が落ちたセネガルに対して日本はパスでボールをキープできる時間が多かった。セネガルが前線から積極的なプレスを掛けてこなかったという事もありボールを回せた。対してセネガルもボールを持った時には一瞬のプレーではさすがな部分もあったが、集中力が切れてきた時には雑なプレーに終始したが、後半26分にその一瞬のプレーで勝ち越しを許してしまった。


しかし日本はここから諦めなかった。リードを許した時点で日本はMF香川に代えて、MF本田を投入した。本田の正確なパスと得点力で同点を狙ったが、その狙いが見事に的中する。後半34分にセネガルのGKと途中出場のFW岡崎が競り合った後にMF乾がグラウンダーのクロスを上げて、これをMF本田が落ち着いてゴールに叩き込み日本は同点に追いついた。あの場面は案外ふかしてしまうケースが多いが、ふかさなかったのはさすがだった。


その後両チームともゴールを決められず終了し日本は勝ち点4としてグループリーグ突破へ大きな勝ち点1手にした。


当初セネガルに圧倒されるのではないかと言われた試合だったが、セネガルが元々カウンターのチームという事もあり、カウンターを乗り切った事でボールを回す時間が作れた事が大きい。上手く縦パスが繋がり展開できた事でチャンスを多く作れた。


決定的なシーンは両チームに同じぐらいあったが、セネガルの集中力が欠如する時間にゴールを決めた日本と、身体能力を生かしてゴールを作ったセネガルという印象だった。少なくてもセネガルにこれだけの試合ができた事は自信を持って良いし、コロンビアがポーランドで3対0で勝利している事を踏まえると87分間10人のコロンビア相手だったとはいえコロンビアの強さは本物だったし、その相手に競り勝った事は大きい。勝ち点4以上は日韓大会の2勝1分の7、南アフリカ大会の2勝1敗の6に次ぐ勝ち点となる。


当初1番最弱と思われた日本がコロンビアに勝利し、セネガルにも互角以上の試合をした事は評価される。次は敗退が決まったポーランドだが、ポーランドも敗退が決まったがこのまま1勝もできずに終わる訳にはいかないという気持ちで挑んでくるだろう。ただコロンビア、セネガルにこれだけの試合をできた以上は勝てない相手ではないという事は誰に目にも明らかだ。


引き分け以上で無条件での決勝トーナメント進出が決まるが、敗れた場合はセネガルがコロンビアと引き分けた場合はコロンビアとの勝負なる為得失点差で下回り敗戦となるが、セネガルが敗れた場合はセネガルとの得失点差、総得点、フェアプレーポイントが対象となる。ここまでと得失点差、総得点共に同じなのでスコア次第になる。


同じスコアの場合はフェアプレーポイントとなるために、現在日本が警告3、セネガルが警告5と2ポイント有利に立っている。それも同じになった場合は抽選となるがそういう色々な条件が付いてしまうよりも文句なしに引き分け以上で決めたいところだ。


次は28日23時にポーランドと対戦する。既に敗退が決まったポーランドだがどれだけのモチベーションで挑んでくるのか?全てはこの試合の引き分け以上で決まる。