24日サッカーW杯アジア2次予選兼アジア杯予選

日本対アフガニスタン戦が埼玉スタジアム2002で行われ、

5対0で日本がFW岡崎のゴールで先制すると、

その後怒涛のゴールラッシュでアフガニスタンを圧倒し

他の組の結果により最終予選進出を決めた。

試合は前半からゴールを固めるアフガニスタンになかなかゴールを割れず苦戦するが、

前半39分FW岡崎のゴールで先制して前半を折り返すと

その後は怒涛のゴールラッシュとなり、

MF清武、DF吉田、FWハーフナー、

相手のオウンゴールでアフガニスタンを圧倒して試合を決めた。

これで日本代表は最終予選進出を決めてシリア戦で1位突破を決める。
メンバーをかなり入れ替えて挑んだ今年最初の試合だったけれど、

この相手に対してならこのメンバーで十分という試合内容だった。

もちろん最初のFW岡崎のゴールを決めるまではヒヤヒヤ的な展開だったが慌てなかった。

後半は先制されてしまった事でプランが崩れた

アフガニスタン相手に圧倒した展開で進み怒涛のゴールラッシュで実力差を見せつけた。

この結果は当然なので特に話す事はないけれど、

次のシリア戦で無失点のまま最終予選進出を決めたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。