8日サッカーW杯アジア2次予選兼アジア杯予選

日本対シリア戦がシーブスポーツスタジアムで行われ、

3対0で日本がMF本田のPK、FW岡崎、宇佐美のゴールで勝利してE組首位に浮上した。

試合は前半は日本が有利に試合を展開するもゴールを割る事ができず0対0で折り返す。

後半日本は後半10分にPKを獲得するとこれをMF本田が決めて先制すると、

後半25分にはFW岡崎が追加点を上げて

リードを広げ最後は途中出場のFW宇佐美が決めて勝利した。

これで日本はグループリーグ首位に浮上して

前半を折り返しこのまま首位突破を目指す。
シリア情勢を考慮すればシリアがチームとして纏まっていない事は明らかなので

この結果はある意味当然と言える。

特に大きな危ないシーンもそれほどあった訳じゃなく

正直なところ4試合連続完封という結果は当然であるし、

ここで躓いているようでは最終予選では苦戦する訳だからね。

ただ現時点の代表では高さによる攻撃がほぼないので

このレベルなら問題ないが最終予選の相手になったら通用しなくなるので

次のイラン戦で高さ対策がどれだけできるのかを確認したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。