29日ドラマ「コントが始まる」第7話を視聴した。

今回は春斗、潤平、瞬太は解散ライブまで最後となる地方公演に向かった。そこに里穂子も駆けつけて地方公演最後のライブを披露するが、その帰り道でこれまで歩んできた車の思い出を語り始めた。

そして里穂子もまた新たなる社会復帰へ向けて面接に訪れていた。

そして春斗もまた次の人生へ向けて模索し続けるシーンがメインだった。
ストーリー




今回は3人がマクベスとして歩んできた中で赤い車を手放すシーンが主にメインとなったけれど、やはり苦楽を共にした車を手放すというのは色々な想い出が過るものだ。

ドラマではこの車で福岡までラーメンを食べに行ったけれど、それ以外にも10年に渡る苦楽を共にしている訳だから4人目のマクベスである事は言うまでもない。

そして里穂子もまた春斗に社会人の先輩という事を言われた事で次なる人生を歩む勇気が出てきた。

しかし春斗はまだ次の人生の決めれずにいた。

次回は解散まで残り少なくなった時間で5人はどんな思いを過って向き合っていくのか?その展開に注目だ。