4日ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON」第8話を視聴した。

今回は灰谷が駅のホームから転落したのは自殺しようとしたのではないかと周りは感じていたが、本人の口からなかなか語られない。そんな中外国の旅行先から帰国した乗客が突然倒れた連絡が入り現場に向かった緋山らが治療にあたるが、名取が誤って緋山に注射器を刺してしまった。

その患者は治療の甲斐も空しく亡くなったがその原因が伝染病ではないかと疑われ、緋山は隔離される事になった。不安に駆られる緋山だったが、親しくなった患者や白石の励ましもあり乗り越える事ができた。

一方で灰谷は自信を取り戻せない状況が続くが、1人の少年の容態がおかしい事に気づいて子供に処置を施そうとするが自信がなくできずにいたが、名取、横峯と3人で子供の治療を行い子供の位置のを救った。

そして白石は藍沢の指導力に自分の力のなさを感じながらもそれぞれフェローの成長を感じる事になったシーンがメインだった。


ストーリー

藍沢耕作は天野奏のリハビリの様子を離れて見ていたがおはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声もかけられない。

その日、灰谷俊平が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男もぎこちなくなってしまう。

そんな時、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入る。緋山美帆子、名取颯馬、雪村双葉が現場に向かうと、男性はショック状態でエコノミー症候群が疑われるとのこと。名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払った。そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまう。初療室に運び込むとその患者、堀内豪は吐血。エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出す。感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。緋山は処置を続けるが顔色を失っていく。名取も気にしないではいられない。

密かに緋山は藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼する。そこへ堀内がICUで亡くなったと冴島はるかが告げに来た。堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったという…。

以上フジテレビコード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON HPより


今回は海外渡航者により伝染病の疑いがある患者が死亡した。その患者を救急搬送した緋山が名取のミスで治療を誤り注射器が指に刺さってしまった。特に海外渡航者は予防接種しなければならない地域もあるけれど、帰国して数日したのちに体調を崩すケースもある。帰国直後に搬送されてくる患者が伝染病となると治療手段は大きく変わるが、今回の患者は残念ながら死亡した。

しかし緋山は伝染病の疑いがあるという事で隔離される事になった。ここで1番怖いのは院内感染だから院内感染を避けるためにも隔離は絶対に必要だ。その中で緋山は普段強気な態度を見せているけれど、内面は誰かに受け止めてほしいと感じていたが、入院中の患者と接していく事で普段と違う自分の感情を感じる事になる。緋山も強気の自分とそうじゃない自分を見せられる人が身近にいないというのは確かにあるからね。

一方でフェローたちの指導で悩んでいた白石は藍沢の教え方を見て自分の力不足を感じるもその教え方を否定している訳じゃなくそれぞれのやり方があるという事だ。これはどう教えるかなんだけれど何時も色々教えていく事が良いタイプと時々言った方が良いタイプがあるけれど、これは人それぞれになる。

白石は最初何もできなかった自分があった事もあり色々ケアしようとするタイプだが、それはそれで色々な目線で見る事ができる。藍沢はどちらかというとクールで時々アドバイスするタイプだが、そのアドバイスが的確だという事だ。ある程度自らやらせる事が必要という事もあるけれど、白石のように最初からできなかった人と藍沢のように最初からできた人では大きく異なるという事だ。

そんな中でフェローたち3人で少年を救ったシーンは1つの経験として自分に足りないものを見つけるには非常に良かったと言えるし、1人では救えない事でも3人なら救える事があるという事もある。1人で抱え込まずにやる事も大切だ。

次回はチームワークが良くなってきたが藍沢も緋山も再び元の専門医療に戻ろうと考えていた。果たして藍沢、緋山の決断は?そして地下崩落事故でどうチームワークが活かされる事になるのか?そのチームワークに注目だ。