21日ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON」第6話を視聴した。

今回は藍沢と新海は天野奏の手術は無事に終わったものの手術は結果的に後遺症を残す結果となった。
そんな中で冷凍倉庫内での荷崩れ事故が発生し緊急出動する藍沢たちは倉庫内から患者を運び出し、治療に努めるもそんな中で停電が発生しフェローの灰谷、横峯が閉じ込められてしまう。

そんな中で灰谷はもう1人負傷した患者を発見するもその患者は大量出血しており一刻の猶予もならない。横峯は白石の指示に従い治療をするもこれまで1度も経験のない治療故に途中で断念してしまう。しかし藍沢が灰谷に以前の毒ガス事故の経験を思い出せ!と背中を押した事で灰谷は勇気を振り絞って治療をし患者の出血を止める事に成功した。

一方緋山は名取と共に臓器移植の患者と向き合っていた。脳死判定され遺族の同意の上に行われる臓器移植は脳死した患者の名前を知られる事無く行われるがそれはある意味亡くなった患者にとって誰かの命を救う事になるが反面最後まで諦めきれなかった遺族の想いもあると緋山は名取に過去の経験を通じて伝えていた。

そして藍沢は天野奏にリハビリしても指は元に戻る可能性は低いという事を伝えると天野奏はその現実を知った事で藍沢に嘘つきと現実を受け止められない気持ちをぶつけたシーンがメインだった。

ストーリー

藍沢耕作と新海広紀により、天野奏の手術は無事に終わった。しかし、白石恵が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。それは橘啓輔の息子、優輔のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。循環器内科医の井上宣顕の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男、雪村双葉が向かう。商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平、横峯あかりと交代した。

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

以上フジテレビコード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON HPより


今回は藍沢と新海は天野奏の緊急手術を無事に成功させた。天野奏の決断が遅れた事で緊急手術するしかないという部分もあった訳だけれど、藍沢と新海は最善の手術を施した事は確かだったがやはり懸念されていた後遺症は残る結果となった。普通に暮らすだけなら元に戻るようだけれど、繊細な神経を必要とするピアニストには致命的な事であった。

一方そんな中で冷凍倉庫内の荷崩れ事故により多数の負傷者が発生する事故で藍沢たちは駆けつけたが、冷凍倉庫という事で電源を切る事ができない場所だった。冷凍倉庫は1度電源を切ってしまうと元に戻るまで1週間以上掛かるというものなので事情を考慮しても仕方ないとはいえ氷点下以下になる倉庫内の患者の治療は一瞬の判断が必要となる。

その状況で灰谷、横峯の2人は停電により冷凍倉庫に閉じ込められてしまう。右肩付近を骨折した患者を診ていた2人だったが、灰谷が倉庫内を探しているともう1人大量出血した患者を発見し2000cc以上に及ぶ出血が確認された。灰谷、横峯は白石に映像から判断してもらい治療の指示を受けるも麻酔なしでこういう緊迫した現場とやった事のない治療をやる事になった2人は理療する事はできない。

無理もない話だが経験がないを突然やるというのは当然簡単な事じゃないし、こういう一瞬の決断をしなければならない場所では経験が無いからと逃げる事は許されない。それでも藍沢、白石の経験が灰谷、横峯を後押しし患者を救う事に成功した。

一方で緋山と名取は臓器移植で脳死判定された患者と向き合っていた。緋山はかつての経験から脳死判定された患者の最期を看取るという事を改めて向き合っている姿に名取はなかなか理解できずにいた。

緋山の場合は自身が生死を彷徨った経験をしただけにそういう生死の経験が人生観を変える事もあるという事だ。名取はそういう生死と向き合う経験がなかなかできていないだけであり、これから医者としての経験をする事で緋山のような気持ちが解っていくのかもしれない。

そして藍沢は天野奏に手術に関する現実を告げなければならなかった。手術前は必ず治すと言っていた藍沢だったが医者としてはベストを尽くした手術でも患者にとっては失敗と捉えられてしまう今回の件では患者が10代という事もあるけれどやはり現実を受け止められるには時間を要するという事である。これは次回以降も見届けていく。

次回はドクターヘリが墜落したという知らせが届き藍沢たちは動揺する。果たしてドクターヘリはどうなったのか?その展開から目が離せない。