14日ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON」第5話を視聴した。

今回は下水道工事中の作業員が増水の為に流された事故の救助に当たったが、1人は流されて意識不明の重体、もう2人は当初名取が診断した中で軽症と判断し別の病院に搬送されたが、途中でベテラン作業員の容態が急変し、骨盤骨折を見逃した事が原因だったが一命は取り留めた。このミスに白石は患者に次はないと厳しく名取を叱責して名取は自分のミスを受け入れられない。

そんな中で冴島が突然子宮が破水して一刻の猶予もならなかったが冴島の子供は流産してしまった。この現実に冴島は受け止められず、藤川もどう言葉を掛けて上げれば良いのか思い悩む。そんな状況で名取はベテラン作業員から誰なら任せられるか?という事を問われる。この言葉に名取は自分のミスで命を落とすかもしれないという現実と向き合い自分の判断ミスは謝罪した。

そして藍沢は新海と緊急オペを行った少女の容態を確認したがやはりピアノが弾けなくなる状況になってしまった現実と直面したシーンがメインだった。

ストーリー

藍沢耕作は天野奏の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるかが今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬、雪村双葉がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司をヘリで救命センターに搬送した。

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

以上フジテレビコード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON HPより


今回は藍沢は新海と共に少女の脳腫瘍の緊急摘出手術を行った。正直かなり難しい手術である事は言うまでもなかったがギリギリのところで手術を成功させた。

一方でそんな状況もつかの間下水工事の緊急出動の連絡が入る。緊急出動した緋山、名取、雪村だったが、先に流された作業員を優先し、名取がその2人の患者を診断し、緋山が流された作業員を病院に搬送したが意識不明の重体となる。一方名取は診断した患者の容体が急変してその原因が自分の診断ミスが原因で容体が急変し骨盤骨折で患者は藤川の処置もあり命に別状はなかったがもう少し遅ければ命を落としていた状況だった。このミスに名取は表面上では落ち込んでいなかったが、内面は非常に落ち込んでいた。なかなか表情に現れない人もいるけれど、名取は同僚の医師たちに言われるよりも患者からこの医者なら任せられるか?と問われた事で医者として任せられる医者にならなければならないという事を学ぶ。

その後で患者にミスした事を謝罪するのだが、これは1つ間違うと訴訟になるケースもあるので難しい判断ではある。意識不明の重体になった作業員はベテラン作業員が助けられなかった事に公開している姿が映っているけれど、現場監督はとにかくけが人を出さない事が非常に重要である。事故になった直後に一番問われるのは安全確認と安全に作業をする事だが、本当に安全に作業を行うというのは簡単ではない。私もそういう業界にいるから余計にわかるんだけれど1つ間違えば命を落とす事になる。それをいかに防ぐ事は日ごろの行い全てに掛かっているという事だ。

そして今回1番のメインだったのは冴島の流産になる訳だけれど、これは非常に難しいもので冴島のような過酷な現場になればなるほどこういう無理がたたる可能性はある訳だけれど、順調に成長する過程で妊娠初期は流産の可能性が非常に高いものでもある。あとは体質にもよるけれど、妊娠は初期が一番不安定であるというのは良く言われるがこういう過酷な現場になるほど仕事から外す事が簡単でない事も痛感させられる。そしてその傷は深いものでもある。これは2人で乗り越えないといけない部分である。でも13周目まで藤川、冴島そして子供と3人で暮らしていた時間は2人にとってかけがえのない時間だった。

そして藍沢も少女の術後の経過をみていたが、最善の結果にならず現実を受け止めるしかなかった。こればかりは彼女自身がどう感じるかなので実際に弾けなくなったと理解した時にどう受け止めるのかがポイントになる。

次回は藍沢はこの結果をどう向き合うのか?そして冷凍倉庫に閉じ込められたフェロー達はこの状況でどんな最善の医療ができるのか?その窮地からも目が離せない。