31日ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON」第3話を視聴した。

今回は14歳の天才ピアニストが脳腫瘍の手術を受けるとピアノを弾けなくなるという難しい選択を藍沢は向き合っていた。そして藤川もも冴島の妊娠を知り、冴島との結婚を決意する。そんな最中公園で意識を失った患者の搬送に白石、冴島、灰谷が向かう。しかし搬送中に患者が嘔吐した事で冴島が倒れ、灰谷、白石も意識が朦朧とする異常事態が発生した。患者はシアンを飲み込み自殺を図っていた事を突き止めた藍沢は適切な処置を施すが、冴島は意識不明のままだった。

一方自殺をしようとした患者はある研究に敗れて生きる希望を失っていた事を知るも、病室にいた患者と口論になった事で再び自殺を図り、今度は内臓破裂の予断を許さない状況になった。藍沢は懸命の処置を施すが、現状とでは無理に治療を進めず一度ダメージコントロールを施して24時間後に再び手術を再開し手術は成功したものの患者の心の傷が癒えるのには時間を要しそうだ。

そして冴島は意識を取り戻し、幸い後遺症もなく済んだ。藤川は冴島に改めて結婚の意思を伝えるが、冴島は自分の子供を守りたいという答えで藤川の返事を返したシーンがメインだった。
ストーリー

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作はあらためてこの問題に向き合っていた。

藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀は頭を悩ませていた。

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣が運び込まれる。こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子は興味を持つ。

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵らが救出に向かった。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。藤川一男は身重の冴島はるかも汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

以上フジテレビコード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON HPより


今回は冴島の妊娠がわかり改めて藤川は結婚しようと話すも冴島は答えを返さない。一方で藍沢もまた脳腫瘍を抱える14歳の少女の手術について向き合っていた。そんな中で白石、冴島、灰谷がドクターヘリで緊急出動し具合が悪い患者の搬送を行っていたが、その途中で患者が嘔吐してその嘔吐で冴島が倒れ、白石、灰谷も意識が朦朧とする事態になり緊急を要する事になった。緊急を要しながらも原因が特定できない藍沢は焦るが、シアンの症状に近い事を感じてシアンに対する治療を施す。それにより患者は一命を取り留めたが冴島の意識が戻らない。

そんな中で自殺をしようとした患者はある研究者で研究に敗れて自殺を図った事が明らかになった事でその場にいた別の患者と口論になる。1つの事に全てを賭けてきた人にとって敗れるというのは全てを否定された心境になる。色々やっている人ならこの事があったとしても切り替えができるかもしれないが、1つの事しかやってこなかった人は切り替えが非常に難しいものだ。私も若い時に仕事がダメになって次の目標が全く見つからない経験をした。今でこそ仕事でやる事が見つかって今がある訳だけれど、そこにたどり着くまでに長い時間を必要とした。心が折れた訳じゃなかったけれど、気持ちが切れてしまった経験はしているのでそれまでやってきた事が何だったんだろう?という気持ちになったものだ。何も手が付かないというのはそういう事で今思うと1つの事だけに全力を投入してはいけないものだと感じた。それから辿り着くまでに5年の月日は掛かっているので自殺しようとした人の気持ちは解らない事はない。本当に一時期生きる意味を見つけられなかった経験をしただけにそれ以来私は笑う事ができなくなってしまったんですよね。嬉しいという気持ちになる事はあっても笑うという状況にならない。私が笑っていたのは20世紀の話なので今の人生笑っている場合じゃないなというのは今だに変わらないものだ。

そしてその患者は再び自殺を図るも医者として命を救うのが医者の使命である以上何が何でも救わなければならない。ただ救ったとしてその人に生きる気持ちが残っているのか?そして生き続ける事ができるのか?というのはまた違った部分であり、医者として難しい所ではある。医者は安楽死や尊厳死と向き合う事になっても最後まで命を救わないといけないという矛盾と向き合わなければならない。

そして冴島が意識を取り戻して藤川が改めて冴島の事を大切に思う気持ちを再確認したと再度プロポーズをするも冴島の答えは自分の子供を守りたいという答え藤川に応えた。冴島もこういう状況になって改めて家族になりたいそして自分の子供を守りたいという気持ちになった。

冴島の妊娠で本来ならフライトナースを降りた方が良い訳だけれど、問題は冴島に代わるフライトナースがいないという現実がある。なかなか冴島の代わりが務まるナースは簡単にはいない現状を踏まえると救命センターとしても冴島は必要な戦力であり、冴島が抜けると戦力ダウンは避けられない。新人ナースの雪村が冴島の後釜に期待されているがそう簡単に行かないのが現状だ。長年1人担当者を経験した身として自らが倒れた中で大量の物量を1人で行うのは何かあった時何も機能しないと痛感した経験をしている。最も倒れる前から2人体制が必要だと言い続けてきたがやはりいざそうならないとわからないものだと経験した。故にそういう経験をその後にいかに活かせるか?それはそういう経験をした人じゃないとわからない事があるという事だ。

次回は8歳の少年が不慮の事故で予断を許さない状況を迎えていた。果たして藍沢たちは8歳の少年を救えるのだろうか?その救命に注目だ。