4日ドラマ「中学聖日記」第9話を視聴した。

今回は聖は晶を追いかけて船に乗ってしまった事で山江島へ行く事になった。そこには晶の父康介が家具職人として暮らしているという手紙を持っていた事でその島へむかったのだった。

そこで3歳以来再会した晶と父康介はこれまでの時間を埋めるべく話すが、そこに聖がいる事で晶が好きになった人が聖だと気づいていた。そんな父康介が晶に告げたのは愛子との離婚の原因だったが、俺のように逃げる男になるな愛子に認められるようにしろと告げられて晶にとって大きなハードルが立ちはだかった。

そんな中で聖はこの場所から離れたものの船が欠航して島から出られないという事で新たに泊まる場所へ向かったが、そこで聖は崖から落ちてしまい足を捻挫して動けない。聖を捜索していた晶が聖を発見して2人は小屋に避難するが、そこで聖はもう拠り所がない心情を話して晶と一線を越えたシーンがメインだった。
ストーリー

父・康介からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶。二度と晶とは会わないと決めていた聖だったが、晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。
そして、翌日二人は山江島に到着して…。

一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(は、思い余って勝太郎の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、まるで逃避行のような二人の行動に苛立ち、聖に何度も電話をかける勝太郎。そんな彼の様子を、心配して見守る原口。

そんな中、聖と晶は山江島で非日常なひとときを過ごし、気持ちの変化を感じていた。今までの自分に起きたこと、そして胸の内を話す聖を見て、晶の中に聖を思う気持ちが再び込み上げてくるが…。

以上TBS中学聖日記HPより


今回は聖は晶の言葉に不安が過り追いかけたが聖は晶と共に山江島へ行く事になってしまった。その山江島は晶の父が住んでいるという事で晶が向かった島だった。初めて行く島だったので晶も聖も何処を探せばよいのかわからない状況だったが、ようやく辿り着いたところで晶と父康介は3歳以来の再会を果たした。

聖は元教師と元生徒と説明したが、普通にこの状況で2人でいる事はさすがに説明する事は簡単ではない。それでもこの島では2人は温かく迎えてくれていた。

2人の事情を知らなければ何処へ行ったとしても何か言われる事はないし、ここに住んでいなければそこまで言われる事もない。そこに住んでいるとどうしても何か言われるものだけれど、住んでいるといないではこれだけ違うという事だ。

そんな2人を迎えた康介は次第に事情を察してくるようになる。そして行方を捜す愛子は勝太郎の職場まで駆けつけてきて、更にその後とんでもない行動に走ってくる事になる。こうなってくるともう事態は収拾付かなくなってくる訳で、次回は相当修羅場と化すだろうけれど、その前に康介は晶に聖と一緒になるなら愛子に認められる必要があると説き、晶はそのハードルの高さと向き合う事になる。

一方聖は晶には大学に行ってほしいという気持ちもある中で自らは晶から聖を守りたいという事を告げられた事で聖にとってももう何処に拠り所を見つければ良いのかわからない状況であった。

それは晶が原因で中学校を辞める事になり、そしてさらに小学校も晶が現れた事で辞める事になった状況だから聖にはもう晶の事を素直に受け入れる以外に選択肢が無くなっていたのは間違いない。

好きな気持ちは次第に愛情へと変わっていった中で聖はもう選べる選択肢は晶の事を愛する以外に亡くなっていただけにこの選択肢は聖にとってはこれしかない結論だったと思うし、聖ももうそういう運命を受け入れるしかないという状況だった。

別れても地獄、一緒になろうとしても地獄である以上は純粋に晶を愛するしかないのだと感じるが、それは更なる試練を聖と晶に与える事になる。

次回は愛子が聖の実家まで乗り込んできた事で聖は実家にも居場所を失う。果たして聖はここから何処へ向かっていく事になるのか?波乱の展開から目が離せない。











中学聖日記 コミック 1-4巻セット
かわかみじゅんこ
祥伝社
2018-07-19



TBS系 火曜ドラマ「中学聖日記」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMM itaku (music)
2018-12-05