11日ドラマ「小さな巨人」第9話を視聴した。

今回は春彦が容疑者を逃した事で

所轄の立場が危うくなった香坂は謹慎を言い渡される。

しかし香坂は山田が自宅に容疑者と共に訪れた事で

状況は一変し春彦に帳簿の鍵を渡された。

しかし帳簿のありかを知るのは容疑者だけという事で

決定的証拠でどう富永専務を落とすべきか?

と考えたところこの事件は殺人事件でなく横領事件として

動かす事で金崎理事長を逮捕する事に成功したが、

肝心の帳簿は小野田一課長の手元に渡り

そこで香坂はこの事件に自身の父が関わっている事を知ったシーンがメインだった。
ストーリー

香坂ら豊洲署員たちは苦労の末に、

元捜査二課の刑事・江口を殺害したとして、

容疑者・横沢裕一の身柄を確保。

だが、山田が横沢とともに姿を消してしまった。

香坂は山田と共犯の疑いがあると自宅謹慎を言い渡されてしまう。

一方、山田は父親であり内閣官房副長官の勲の家に乗り込むが…。

以上TBS小さな巨人HPより


今回は春彦が容疑者と共に逃げた事で香坂も思わぬ展開になってしまった。

しかしこの思わぬ展開が突破口になっていくのだが、

この事件に富永専務が関わっていた事は間違いなく、

どうやって富永専務に迫るか?というのが問題だった。

そこで帳簿のコピーからその先に書かれている名前が誰なのかが問題だったが、

関わった中では香坂の父がこの帳簿について知っているという事は確かのようだが、

既に香坂の父は痴ほうが進んでしまい証言をあまり得られないが、

その中で証言らしいものを思い出したらしい。

そしてそこから香坂は富永専務を落とすには

金崎理事長を落とすしかないと考えた香坂は

富永専務がいない隙を狙って直接学園に乗り込んだが、

香坂はそこで金崎理事の証言に矛盾がある事を確認した。

そして富永専務が戻ってきたがそこに捜査2課が乗り込んできて

横領の罪で脅した事で金崎理事は逮捕された。

ここで裏帳簿が捜査2課に渡れば富永専務も小野田一課長も破滅になる。

それを防ぐために小野田一課長は予め渡部をマークしていた事で

裏帳簿は小野田一課長の手に渡った。

そして小野田一課長は切れ端を金庫から出して見せた

その先に書かれていた名前が香坂の父だった事で信じられない香坂がそこにいた。

香坂の父がどうして関わったのか?

そして香坂はこの事件の真実に辿り着く事ができるのだろうか?

そのネバーギブアップの精神に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。







小さな巨人(下)
脚本 丑尾健太郎
扶桑社
2017-06-29



TBS系 日曜劇場「小さな巨人」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMM itaku (music)
2017-06-07