21日ドラマ「小さな巨人」第6話を視聴した。

今回は豊洲署に左遷された香坂は新たに部下として

三島を加え春彦も左遷されて勤務する事になった。

そんな中早明学園の事務局で経理課長を務めている夫が失踪したから

探してほしいと依頼され操作する香坂らだったが

ここで警察の天下り先である事で捜査が難航する。

そしてそこから香坂は警察組織の闇と闘う事になるが

春彦が殺人容疑で逮捕される事態になるシーンがメインだった。
ストーリー

捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂は、

「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一が失踪したから探して欲しい」

と横沢亜美に相談される。

その学園の専務・富永は、

元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、

退任後に天下りでこの職に就いていた。

また、小野田を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、

捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史を所轄へと異動させた過去を持つ。

香坂は、山田や祐里と早明学園に出向き、

新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、

そこで理事長の金崎玲子を紹介される。

金崎と富永から失踪事件の聴取をすると

「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。

一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」

と言われるのだった。

しかし、この横沢の失踪騒ぎは、

のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する——。

以上TBS小さな巨人HPより


今回は豊洲署に左遷された香坂と春彦、

そして異動してきた三島らと共に早明学園の事件を追っていく。

どうして失踪したのか?と捜査する事になった香坂と春彦だったが、

春彦は独自に動く中で香坂はこの事件には色々な思惑があると感じるようになる。

かつて香坂の父が左遷させた元捜査一課長で現専務・富永がそこにいたからだ。

そしてその人物こそ小野田一課長を一課長に押し上げた人物であった。

失踪した経理課長を追っていくうちに

この事件が学園の横領事件に繋がる事を知った香坂は様々な思惑に翻弄されていく。

そして事態は大きく動く。

香坂は春彦が殺人容疑で逃走し逮捕される事態になるという

波乱の豊洲署編の幕開けとなるのだった。

次回は逮捕された春彦は果たして本当に殺人を犯したのだろうか?

その真相に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。