7日ドラマ「小さな巨人」第4話を視聴した。

今回は小野田一課長が怪しいと踏んだ香坂と春彦だったが、

小野田一課長が付けられている事に感づかれて尾行は失敗に終わった。

そしてその中で香坂は殺人事件のマスコミへのリークを行うも

そこから色々な組織の思惑が動き始める。

そして鍵となっていた山本アリサが動き出した事で事件は急展開を見せる。

そして香坂と春彦は山本アリサの身柄を確保する事に成功し、

その黒幕の1人である三笠署長である事を掴んだが、

三笠署長の反撃にあって香坂と春彦は

窮地に追い込まれるシーンがメインだった。
ストーリー

香坂は山田と手を組み、風見京子殺人事件の真相を突き止めるため、

鍵となる山本アリサの身柄を押さえようとするが、

寸前の所で取り逃がしてしまった。

警察内部に内通者がいることに気付き、

この事件の背後には小野田がいると悟った香坂は、

小野田が警察の情報を外部に流しているのならこちらも、

と供述を変えた菜穂の一件を新聞社にリークする。

その狙いは、記事を見た中田が憤慨し、

小野田と接触する様子を押さえるためだ。

予想通りの動きを見せた中田と小野田。

「チャンスはこの一度きりだ」と、

渡部ら芝署員とともに二人が会合する店に潜む香坂だが…。

以上TBS小さな巨人HPより


今回は黒幕が小野田一課長である事を掴んだ香坂と春彦だったが、

寸前のところで現場を押さえる事ができず逆に香坂が追い込まれる事になった。

追い込まれた香坂はマスコミに殺人事件について

リークする事で容疑者を動かそうとした。

そして動いた人物が犯人と目されるゴーンバンクの息子だった。

そしてそのカギを握る山本アリサはこの報道で

自らが行った事が犯罪である事を知り恐怖に陥る。

これを狙っていた香坂と春彦は山本アリサの確保に成功した。

そしてアリサの供述からこの事件の黒幕をあぶりだしたら

その黒幕の1人が三笠署長と判明した。

しかし三笠署長は完全なる証拠がない事をいい事に反撃に転じ

香坂と春彦は絶体絶命に追い込まれるのだった。

次回は懲戒免職寸前の香坂と春彦に

一発逆転のチャンスはあるのだろうか?

その結末に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。