30日ドラマ「小さな巨人」第3話を視聴した。

今回は山田に手柄を持っていかれた香坂だったが、

その事件はどういう訳か小野田一課長が突然捜査本部を

設置するという異例の展開を見せる。

この異例の展開には裏があると感じた香坂は重要人物として

香坂が左遷されるキッカケとなったバーのオーナーである女性が浮上する。

当初は一課が任意で事情聴取したがアリバイが成立した。

しかし香坂は執念で捜査していくとアリバイが崩されるだけの証拠を

突き止めた香坂はここで裏切者をあぶりだし、

裏切者は副署長だった事が判明し、

副署長を告発して捜査を続行したが女性らは逃げられた後だった。

その黒幕が小野田一課長だと知るシーンがメインだった。
ストーリー

香坂は、渡部とともに捜査を続け、山田の助けもあり、

風見京子を殺害した真犯人を池沢菜穂から聞き出そうとするも、

供述を一転されてしまい、捜査一課と所轄は深い痛手を負った。

そんな中、小野田は事件を解決するためならなんでも使うと、

所轄との合同捜査本部を設置する。

この事件の最重要人物とされる隆一は、

バーのオーナー・山本アリサの証言からアリバイが成立していた。

だが、アリサの写真を見た香坂は、左遷させられた一件の時に、

隆一とアリサが一緒にいたことを思い出す。

二人の関係次第ではアリバイを崩せると考え、指示に逆らって捜査をするため、

一課に合流した中村から情報を得てアリサの店に向かうが…。

以上TBS小さな巨人HPより


今回は山田に手柄を取られた香坂だったが、

香坂にとってまさかの展開が香坂のリベンジのチャンスの場となった。

それはこの事件にはさらに続きがありバーのオーナーの女性と

自殺した女性との事件のアリバイである疑問点があったのだった。

その疑問点を探るべく捜査を続けようとしていたところに

小野田一課長が合同捜査本部を設置する事になった。

それが香坂にとってリベンジへの布石となった訳だけれど、

当然妨害行動がある訳で、当初は張り込みしていたバーに副署長が現れたり、

先に任意で事情聴取で一課に連行されたりと先回りされていた。

しかし所轄の執念の捜査でアリバイを崩せる監視カメラの映像を発見した

所轄はダビングしてそのビデオを鑑識に提出しようとした。

しかしそのビデオを副署長が持ち出した事で副署長が裏切っていた事を晒した事で

副署長を更迭する事に成功した香坂だったが、肝心の女性には逃げられたのだった。

しかし山田の情報でその真の黒幕が小野田一課長である事を知った

香坂は山田と共に小野田一課長を追い詰めようとするのだった。

次回は黒幕とわかった小野田一課長は一体裏で何をやっていたのか?

その手口に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。