オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

カテゴリ:ドラマ記事 > ドラマ for 14

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第11話は官兵衛は織田の援軍を待っていたが、信長は謙信が動いたという事で北陸に兵を向ける事にする。それにより官兵衛は援軍を期待できなくなったが、半兵衛が訪れ、半兵衛に宇喜多直家を調略せよという命を受けて直家に面会するも直家は数々の裏切りを繰り返してきた男故に簡単には調略できなかった。一方秀吉は勝家と謙信との戦いで方針が合わず、自らの判断で兵を長浜へ引き上げる。一方官兵衛もまた秀吉が謹慎になったという事で慌てて秀吉の下へ向かうが、秀吉はどんちゃん騒ぎをしており、これは信長に謀反の疑いなしというアピールという事を半兵衛に告げられ、官兵衛はまた秀吉の本音を聞いて改めて秀吉の言葉に嘘はないと見抜く。そして秀吉は信長から播磨へ兵を進めるように告げられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」最終話はドンキが川島夫妻との縁組が決まり、ポストは朝倉家に通って瞳との親子になり切った関係を続けていた。そんな中ピア美は実の父親と一緒に暮らす事になったが、ピアノをこれからも続けなさい!そして通ってきなさいとピアノを諦めようとしていたピア美に希望を照らす。一方ボンビは念願だった東條夫妻がボンビを里子として引き取りたいと申し出るもボンビが突然拒否するが、ボンビは現実に里子になる事で不安を思えたがそれを東條夫妻が受け止めて里子になった。残ったオツボネは看護学校進学を決め、ポストは朝倉夫妻の元で瞳を演じ切っていた。しかしそれを知った魔王が朝倉夫妻の元へ行って養子縁組に署名を求めるが、そこで魔王がポストを指して瞳にこの子は本当の子供ですか?と問い、瞳は現実を受け止めた。そしてポストはオツボネ、ロッカーと共にコガモの家で暮らし続ける事になり、ポストは魔王の里子として生きていく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第9話はNPSに蘇我に代わるメンバーとして元陸上自衛隊の女性隊員だった林イルマが配属される。配属初日に刃物を持った犯人が女性を人質にして地下の洞道に逃げ込んだ事でNPSに出動命令が下る。出動したNPSは犯人を追い込み、犯人確保に成功するが、その人質が犯人を殺そうとしそれをイルマと蘇我がナイフを撃って一號を救ったのだった。しかしこの件でイルマが確保した犯人に銃口を向けて始末書を書かされることになった。その後イルマはかつて一號とゆづるを救った警官の娘である事を告げられ、一號はゆづるの両親の仏壇に供養し、イルマの父がそれ以来罪悪感に駆られている事を知る。それ以来イマルは急所を外して狙撃する腕を磨きその点では蘇我と違った考えを持っていた。そんな中再び正木が現れ、大物政治家などを人質にとって正木がゆづるを人質にとったと連絡してきた事で一號はゆづるの下へ駆けつけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第10話は毛利が大軍の水軍を率いて播磨に上陸する。これを迎え撃つ官兵衛だったが別所、赤松の援軍は期待できず、織田軍の援軍も送れない状況だった。そんな中官兵衛は相手が大軍という事で油断していると知り、それを利用して朝の霧を利用して奇襲攻撃を掛けて援軍が来たように見せかけて毛利軍を退けた。その頃織田軍は石山本願寺と戦っていたが門徒衆の抵抗は激しく攻略が難しい状況に陥った。そんな中で官兵衛勝利の知らせに信長は官兵衛の働きを褒め称える。一方秀吉は幾度なる浮気でおねからお灸を据えられた。一方官兵衛は1度は毛利に降った女子衆を再び受け入れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第8話はポストは臨時教師の妻の娘を演じる事でその娘のようになり、ポストにとって両親がいる幸せを感じ取っていた。一方ドンキは川島夫妻とのお試しの日々を過ごすうちに本当に幸せとは何なのかに苦しんでいた。そんな中ピア美がピアノ発表会本選の日を迎えて、本番に挑む直前ポストは以前の発表会で父親が観に来ていた事告げるとピア美は会場を探し始める。そして本番になるとピア美は演奏を始めるが途中でピア美は演奏を止めてしまい突然パパと一緒がいい!と泣き出す。それでも幸せを願い会場を去ろうとする父親だったが魔王の言葉に促されてピア美の下に駆けつけて抱きしめるのだった。そんな中今度はドンキの母親がやってきて1人になったから引き取ると言い出す。ドンキは母親の言葉に従いコガモの家を出ようとした。それを知ったロッカーが川島夫妻を連れてきて最後のあいさつをさせる。ドンキの心は揺れる。そんな姿を見た魔王はドンキの母親に土下座して私はコウノトリです。この子の親をもう1度探すチャンスを与えてくださいと語り出し、叶もまた私はコウノトリですと語り、ドンキは自らの意思幸せを教えてくれた川島夫妻の下に駈け出してぬくもりに飛び込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第8話は誘拐事件を追うNPSは誘拐事件の重要参考人に速田の恋人が重要参考人として疑われる。捜査を重ねるうちにSITは犯人が速田の恋人と断定し逮捕状を取って連行する。何かの間違いだと感じた速田は捜査を再度洗い直すも、NPSは捜査から外される。一方NPSは再度捜査をやり直し、そこで再捜査した結果犯人は別にいる事を突き止めたNPSは犯行現場を押さえて速田の恋人の無実を証明した。しかし警察は何も責任すら取らないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第9話は官兵衛は半兵衛に播磨を纏めてみよという言葉に躍起になり、これまで対立していた別所、赤松と小寺3氏が揃って信長に謁見する事になるなら上洛するように小寺政職に約束をこぎつける。官兵衛はその足で別所を説き伏せると、長年の敵対関係だった赤松も説き伏せた事で政職も上洛せざる得ない状況になったが、直前になり政職が行かないと言い出し困った官兵衛だったが、そこに村重の大軍がやってきて織田の軍勢の強さと多さを見せつけた。これにより政職も腰を抜かして上洛を決断し、上洛を果たす。しかし官兵衛はこれが全て半兵衛の計り事である事を知り半兵衛に転がされていた事を痛感する。そんな中石山本願寺との本格的な衝突、並びに毛利が水軍を率いて攻め入ってきたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さんはポストの事を娘の名前で呼び、ポストは驚く。一方ボンビは東條夫妻に気に入られようと髪を切って男の子のふりをしてまで頑張るも、それをドンキが告げ口して壊してしまう。ドンキはロッカーの事件以降人が変わったようになり、不審な行動をするようになる。一方でポストはその教師の妻があのようになった事情を知り、現実を受け入れられない姿を目のあたりにする。そんな中ドンキの行動を魔王が問い質すとどうしてかドンキは階段から落ちて逃げ出し、行った先が魔王の元妻香織のところだった。そしてそこで魔王が香織を助けるために子供を諦めた苦渋の過去が語られた。そしてポストは自殺しようとした教師の妻を自らその娘を演じて救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第7話はバスジャックで元妻と息子を人質に捕られた古橋は自ら説得に向かうが、犯人はそれに応じようとしない。その間に犯人の要求通りバスを用意し、乗り換えようとする時に犯人は古橋の息子を人質にしてバスは走り出した。そして犯人の父親が途中で説得に向かうも既に関係が壊れた中では説得するのは困難であり、バスは再び走り出すも、SATの作戦で突入したものの犯人が爆弾を起動させ、その間に人質を救出したが、バスに残った犯人を一號がバスから引きずり出して爆弾をはぎ取って蘇我の射撃で爆弾を空中で爆破させ犯人を確保したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀吉に播磨平定の命を下す。一方初めて秀吉と出会った官兵衛は秀吉の人柄に多少戸惑いながらも秀吉の魅力に引き込まれていく。低調なおもてなしを受けた官兵衛は秀吉と意気投合して行く。一方秀吉の配下である竹中半兵衛は官兵衛を試そうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第6話はロッカーがドンキとコガモの家へ戻る途中で女性に暴力を振るう男性を発見してその暴力を止めようと殴った事で警察に捕まってしまう。それを見たドンキはどうしてもその時の衝撃が大きく女性を助けたよりも男性を殴った事を伝える。それからポストとオツボネ以外はロッカーの事を恐怖に感じて避けるようになる。そんなロッカーはかつて暴力を振るう父親に暴力で耐える日々を送っていた。しかしその時に母親が庇っていた時に父親を突き飛ばし一見死んだと見えたが、その後ロッカーが逃げた後に父親は立ち上がりロッカーを追うつもりだった父親を母親が刺して殺したのだった。長く病気で意識を失っていた母親は意識を取戻し、そこでその真実を告げられてロッカーはこれまで自分が殺したという抱えていた気持ちを吐き出した。そんな中コガモの子供たちはロッカーに出て行ってほしいと声を上げるが、ここで魔王が子供たちに枕を抱かせて講義を始めて、子供たちに臭い物に蓋をする大人になるな!これまで信じていた人を信じてあげる事を解き、さらに可哀そうという奴が可哀そうな人と説き、世間の目を気にするような人にならないように説いた。そしてその講義は子供たちにとって今後の人生に大きく刻まれる講義になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第6話は離婚して別れた息子が突然山梨から訪れてきた古橋はどう向き合って良いのかわからず一號とゆづるのところを訪れて遊び相手になってもらう。離婚した原因がNPSになった事により家庭に戻る機会が無くなったことによるものだった。程なくして離婚した元妻が訪れて息子と共に山梨に戻るバスに送る古橋たちだったが、そのバスがバスジャックされて元妻と息子と乗客らが人質となってしまう。これにより現場に向かう一號と古橋だったが、犯人の犯行はエスカレートし次第に人質が殺傷されていく。そんな中バスがパンクで止まり、犯人は爆弾と共に自爆しようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第7話は武田信玄が死去して勢いに乗る織田信長は浅井、朝倉を破り、武田氏も長篠の合戦で打ち破った事で勢力を西の伸ばそうとしていた。そんな中で播磨では西の毛利か?東の織田か?でどちらに付くかで揺れていた。そんな中義理を重んじる毛利につく城主が多く、姫路も安国寺恵瓊が訪れ毛利に付くように説得を受ける。しかし官兵衛は直に織田軍の力を見ているだけに簡単には毛利について良いものか?と思案する。そんな中父職隆の一言で迷いは振り切り官兵衛は小寺政職に織田に付くように進言し説得し、自ら使者として信長に謁見するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日ドラマ「明日、ママがいない」第5話はピア美が学校である女性から声を掛けられた事により演奏会に出場する事になった。その為にポストを連れて夜の音楽室で練習するピア美だった。その頃ドンキが再び以前のお試しの家へ行く事となり、今度こそという気持ちになる。そんな頃パチが行ったお試しの家ではお菓子と大好きなシャンプーの匂いの家で楽しく過ごしていた。そしてピア美が演奏会でピアノを披露しているとピア美の父が現れ、ポストは止めるもピア美の父は一緒に暮らせないと語る。そして魔王がその理由を述べるとポストは暮らしたくても暮らせない辛さを感じてピア美に父が来た事を伝えなかった。そしてポストもまたパチが里子に行く事を決意した事によりパチを涙で送り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第5話はある女子高生が睡眠薬で自殺を図ったと連絡が入る。ここ最近この関連の事件でMが使用した銃弾が残されている事からMとの関わりを疑う。その頃ゆづるの病院に自殺未遂した女子高生が入院している事を知った一號らは自殺未遂した原因が神父と名乗る人物だと知り、その人物がある心療内科の医師だった。NPSはMとの関わりを考慮してその人物の家に突入するも気配がなく、その頃その人物は警察に自首していた。自首して事情聴取する一號らはその人物が自殺から救おうとした事を証言されるが16人中11人は救えたが5人を死なせたと話しの見解でこの判断が分かれる。そして警察から検察へ送検されようとした当日犯人は愉快犯に刺されて命を落とそうとしたが一號の懸命の処置で意識不明の重症ながらベットの上で命を終える結末を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第6話は信長包囲網を敷かれた信長は義昭が兵を上げるのを待つ作戦に出た。その間に信玄が上洛を目指して遠江の徳川領を攻める。それでも動かない信長は近江の陣を秀吉に任せる。一方官兵衛は黒田家の結束の為に善助、太兵衛に義兄弟の契りを交わすように命じる。その頃義昭が兵を上げた事で出陣した信長はその途中で村重に摂津攻略を任せる。そして摂津一国の国主となった村重に官兵衛が駆けつけて信長の戦いぶりを聞くも左京亮が亡くなったためその戦いぶりは善助、太兵衛に見てくるよう命じ、黒田家は信長が義昭を追放した事で西の毛利、東の信長どちらにつくか迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第5話は自宅謹慎を言い渡された千波と設楽は設楽の道場の子供たちを連れて遊園地にヒーローショーを観に行く事になった。ヒーローショーで盛り上がる中千波が迷子になるとその先で殺人事件に遭遇してしまい、設楽を呼んで現場を現況のままにした上で応援を呼んだ。そして現場検証をすると犯行の状況から犯人は4人に絞られた。1人はマネージャー、1人は公演責任者、そして後輩のアクター、イケメン俳優にも犯行のチャンスがあり4人の中に犯人がいると睨んだ千波はビデオカメラの映像から犯人を割り出し、千波の推理で犯人は後輩アクターである事を割出し、見事に事件をスピード解決させたが、アクターが不在になったために設楽が代役としてヒーローを演じるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第4話をはボンビがお試しに行く事になり行ったものの、そこで倒れてしまいボンビは戻ってきた。どうしてボンビが倒れてしまったのかを調べるポストはボンビが両親が死んだ事だけは知っていた。しかし本当の理由を知ろうとボンビのお試し先、さらにボンビの親戚まで向かったが、そこで知ったのはボンビの両親は遺体が見つからないまま認定死亡とされていた。そしてボンビの親戚が母親と双子であり、双子の親戚の人がどうして引き取れなかったのか?など色々と考えさせられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第4話は予行練習中に国際テロリストに横川が拉致され、非公表のまま横川救出作戦を実行する事になった。そこで横川救出のためにNPSとSATが合同で救助に向かう。しかしテロリストたちは一號だけで来いと告げてくる。拉致されている横川の居場所を掴んだNPSとSATはテロリストをが潜む倉庫に向かうとそこで銃撃戦となる。突撃した一號だったが、相手の罠にハマり、一號の機器に蘇我らが援護射撃するが、一號はテロリストを逃がして事件は未解決のまま非公表となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第5話は信長が京へ上洛を果たした頃、播磨は赤松が姫路を攻めて攻防を繰り返していた。そんな中官兵衛に待望の嫡男が誕生しこれがのちの黒田長政となる。小寺氏は守備を黒田家に任せたが、今度は自ら出陣し、赤松を待ち受ける。しかし赤松軍の奇襲にあってしまい、小寺氏はアッサリ退却し、黒田勢だけで赤松軍と戦う事になった。数で劣る黒田勢は必死に抵抗するも次第に押され次々と死傷者を出してしまう。しかし官兵衛は1日目が終わると休む事をせず動ける者だけで赤松軍に攻め込み多数の犠牲の下、赤松軍を退けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第4話は千波は正式に現場参加が認められた。しかしこれには意図があり、千波の失敗を期待してのものだった。千波は商店街で起きた会長事務所の強盗事件を捜査する事になった。重要参考人である和菓子屋の店主は数日までに起きた殺人事件の重要参考人でもあった。そんな中千波は和菓子屋の店主に聞き込みをして悪い事をしていないと告げられる。そして捜査を続けると家の周りには落書きやごみが投げ込まれており、これを消したり、処理したりして店主との距離を縮める事から千波は始めた。そしてそこで設楽が殺人事件の凶器を発見し、そこである男が意味深なコメントをするのだった。それを怪しいと感じた千波がその家へ向かい、そこで参考人の男が殺しの犯人とわかり設楽が逮捕し殺人事件は解決した。しかし一度お店の信用を失った状況では再び商売を再会する事が難しい中千波は名誉回復に動くが店主が最後の最後で強盗事件を自首したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第3話は年齢不問のいて座生まれが条件でいて座生まれのポストとオツボネが里親候補の夫婦の家へ行った。そこでは多忙で家にいない両親がテレビモニターを通じてこの家の車いすの子の手助けにという事で里子を探したようだ。そんなオツボネはかつて母親に殴られた時に左目を失明した過去を持ち、その目はその時に傷が残っていた。そんなオツボネは施設長から出ていけ!と言われ、捨てた母親のところへ戻る。一方ポストは1度は拒否した車いすの子と次第に距離を縮めていく。そこで車いすの子が体操の事故で車いすとなりさらに両親が離れ離れで愛情に飢えていた。そんな姿を見たポストは車いすの子が歩けるように手助けする。そしてようやく立てるまでに回復した。一方オツボネは戻ったもののそこに居場所はなかった。母親は母親じゃなく、オツボネはロッカーに助けられて再びコガモの家に戻った。そしてポストは車いすの子と仲良くなった矢先、車いすの子が両親の離婚を告げられ、絶望して足を傷つけて絶望したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第3話はNPSの存在を周知してもらう目的でマスコミにNPSを公表した。そこで部隊のモデルとして一號が取材を受けるがこれをしらされていなかったゆづるは複雑な気持ちになる。そしてSATにとってもこれは面白くない。そこでSATとNPSどちらが日本を守る組織かを示すための模擬戦をやる事となった。そこで模擬戦が始まるが長年訓練慣れしているSATに対してNPSは結成したばかりで思うような行動が当初取れない。しかも豪雨の中でNPSは苦戦を強いられる。しかしSATに次第に追いつき始めた。その中でSATのメンバーが誤って崖に転落し救助するか?そのまま進むか?の決断を強いられ、SATはこのまま進んだが、NPSは転落したSATメンバーを救出を選択した。この判断は国防に置いて迷われる部分のある判断で両者とも正しい判断だったとも言えるがそんな中で模擬戦2日目で人質役だった秋が国際テロリストに本当に拉致されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第4話はおたつが亡くなってから3年の月日が流れようやく傷が癒えようとしていた。そんな中小寺家に待望の嫡男が誕生し、嫡男が誕生した事により黒田家に謀反の疑いが掛かる。それを晴らすため職隆は官兵衛に家督を譲り、自らは隠居する事でこの窮地を凌ぐ事を決意する。一方信長はついに難攻不落の稲葉山城陥落に成功し岐阜城と改め天下布武を唱えて天下統一を宣言し足利義昭と共に上洛を目指す。その頃官兵衛は職隆から家督を受継ぎ、櫛橋家の力と当初縁談する予定だったが、力がこれを拒否した事により光が嫁ぐ事となり、家督と正室を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第3話は戦力外として捜査に参加させてもらえない千波は設楽を連れて勝手にパトロールを行っていた。そんな中千波と設楽はピエロに襲われ、設楽が殴られ入院する事になる。この事態がネットで流された事でネットではピエロマンとしてヒーロー扱いされていた。この事件に警察も捜査するがサーバー管理人はただ貸しているだけだと逮捕できない。そんな中千波がピエロを発見し追いかけるもピエロを取り逃がしてしまい謹慎を命じられた。諦め切れない千波は絶対犯人を捕まえると自宅から捜査を開始する。そして動画が追いかけられた形跡があり、そこから自転車での撮影を掴んだ千波は自宅のパソコンからピエロマンに挑戦状を叩きつけてピエロマンを逮捕する挑発に出る。これにマスコミは騒いだが、川萩係長がマスコミ規制を敷き、犯人確保に万全を期すが、ピエロの仮面を被った人が多数現れ、千波はピンチに陥るが、そこに入院していた設楽が駆けつけピエロマンを逮捕し、サーバーの管理人は千波が逮捕したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第2話は新しい里親候補を見せられたポストたちはパチ、ドンキがお試しで里親候補の下へ行く事になった。そんな中でパチは何時もママの匂いがするシャンプーを手放さない。その理由は虐待を受けても忘れられない子供の本能だった。そんな中ピア美は行くはずだった里親候補のところにドンキに譲り、自らはポストと共にイケメンの御曹司のパーティーに出席した。そこでピア美は上手な腕前のピアノを披露するが、それを出席した子供たちが嫉妬しそれを見たポストが先に手を出した女の子にピア美の代わりに喧嘩するのだった。一方代わりに行ったドンキは里親候補のやさしさに涙が出てしまい、優しさゆえの辛さを感じるのだった。一方パチは里親候補のところへ行ったが、叶が里親候補にパチの生い立ちを話し、パチはパチンコ依存の母親により虐待を受けて、熱いところに死の淵まで追い込まれた過去があった。それを聞いた里親候補はその嫌な想い出を忘れさせようと張り切るが、子供の心はそんなに簡単なものでなく、それでも母親のシャンプーの匂いを忘れられないパチはシャンプーを捨てようとする里親候補の女に強制的に取り上げられた事で嫌な想い出がフラッシュバックして倒れる。嫌な予感がしていたポストたちはパチの里親候補先へ行ってそこでパチが倒れているのを見たポストが駆けつけて体を張ってパチを守ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第2話はデパートで起きた爆破事件で動く事となったNPSは加入したばかりの一號に出動命令が下る。出動を待機していたNPSだったが、その間に銀行が占拠され多数の人質を取られてしまった。NPSはSATと共に人質救出に出るが、それぞれの方針の違いからなかなか噛み合わない。そんな中他のビルで爆発が起こり、一刻の猶予もならない状態になった。そこで先に先鋒対としてNPSの一號とSATの蘇我を先に潜入させる。そこで状況を把握したNPSだったが、人質が銃で撃たれる直前だと感じた蘇我は先に飛び出して銃を撃とうとするも、その直後に一號が照明弾を放ち、犯人を4人まで確保したが、5人目はスマートフォンで起爆するように仕組んでいる事を宣言するも、事前に爆弾処理班に処理が完了していたおかげで爆破せず、最後のボタンも防ぎ切り、事件は犠牲者なしで終わった。その数日後一號に蘇我がお前は認めないと告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第3話は浦上家に嫁入りしたおたつが赤松家の襲撃により命を落とす。怒りに満ちた官兵衛は赤松を討つべしと進言するも職隆に制しされ、当面様子を見るという事になった。そんな官兵衛に祖父重隆は命の近い道を考えろ!と論される。そんな官兵衛に職隆から堺に鉄砲を調達して来い!と命じられ、堺へ向かおうとするも道中で賊に襲われるが、そこで牢人荒木村重に救われ、道中で戦場を見届けながら境に到着すると村重の案内で今井宗久との対面を果たす。そこで尾張の木下藤吉郎が買いつけてきた事を聞かされる。そんな官兵衛は堺でキリスト教と出会うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第2話は戦力外とされた千波と設楽はさらに監視を強められ、警察のオレオレ詐欺の芝居公演に借り出される。しかし千波はある看護師が自殺した事件に興味を持ち、その看護師が勤務していた病院に仮病で入院し、捜査する。着実に聞き込みをする中で、この病院で以前ある高校生が亡くなった医療事故があり、その事故に看護師が絡んでいるという事を知る。その看護師は亡くなった高校生と親しくなかったが、葬式にはこの病院から唯一参加していた。そして現場に残されていたレアチーズケーキが2つあった事からこの事件はその医療事故に関係していると気づいた千波はオタク推理を発揮し、この事件は自殺だったものの主治医から再三医療事故の事実を隠すよう止められていた事実が明らかになったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」は児童施設に預けられた子供たちが親から捨てられ、その中で過酷な現実は子供ながらに知る事で現実を生きていくストーリーである。児童施設で3万人が暮らすという現実、そして里子になった子供たちが里親から受ける虐待などこの問題を真剣に考える事で子供たちにも選ぶ人権が必要ではないかと考えていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ