オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

カテゴリ:野球記事 > 野球 for 巨人論評09

5
14日、日韓クラブチャンピオンシップ日本王者巨人対韓国王者KIA戦が長崎県営野球場で行われ、9対4で巨人が阿部捕手の3ランなどで逆転しアジア王者に輝き原監督はWBC、リーグ戦、日本シリーズ、アジア王者の4冠を獲得して今年の公式戦を終了した。試合は巨人先発ゴンザレス、KIA先発梁弦種の投げ合いで始まり、初回にKIAが3番羅志完のタイムリーで先制すると、5回にも同じく3番羅志完の2点タイムリー3点リードするが、巨人も6回に3番小笠原選手のホームランで1点を返すと、7回に7番阿部捕手の3ランで逆転に成功した巨人はこの回に一挙7点を奪ってリードを広げると4番手オビスポが3イニングを1失点に抑えてそのまま逃げ切り巨人は初のアジア王者に輝いた。これで巨人は今季全てのタイトルを獲得して今シーズンの戦いを終えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日プロ野球日本シリーズ北海道日本ハム対巨人の第6戦が札幌ドームで行われ、0対2で巨人が北海道の反撃を最後まで許さず7年ぶり21度目の日本一に輝いた。試合は北海道先発武田勝投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、初回に巨人は先発東野投手が強烈なピッチャーライナーで東野投手が緊急降板するアクシデントに見舞われるも緊急登板した内海投手がこのピンチを振り切る。そして巨人は2回に7番阿部捕手のタイムリー2ベースで先制すると、2番手内海投手が毎回走者を背負いながらも得点を許さず、6回に巨人は2死1塁から3番小笠原選手がライト前ヒットを打つとライト稲葉選手が弾く間に1塁走者松本選手が生還し貴重な追加点を上げる。そして巨人は6回途中から3番手豊田投手、4番手山口投手、5番手越智投手が抑えて、8回途中から抑えのクルーンを投入するが、北海道も9回に2死2,3塁まで迫るも最後は4番高橋選手を三振に振り切り巨人が7年ぶり21度目の日本一に輝いた。これで巨人は昨年取り逃した日本一を奪回して日韓戦を残すも今季の激闘を終えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5日プロ野球日本シリーズ巨人対北海道日本ハム戦の第5戦が東京ドームで行われ、3×対2で巨人が追い込まれた9回に5番亀井選手の同点ホームラン、7番阿部捕手のサヨナラホームランで劇的な逆転サヨナラ勝利で7年ぶりの日本一に王手を掛けた。試合は巨人先発ゴンザレス、北海道先発藤井投手の投げ合いで始まり、2回に北海道が9番藤井投手のサードゴロをサード小笠原選手が弾いて先制を許すと、巨人は先発藤井投手の前にチャンスを広げる事ができないまま8回に藤井投手から2番手建山投手に代わったところを攻めて、2番松本選手の代打大道選手の同点タイムリーで試合を振り出しに戻したが、9回に北海道は2番手山口投手から4番高橋選手のホームランで再び勝ち越して北海道は抑えの武田久投手を投入したが、その裏巨人は5番亀井選手が初球を捉えて起死回生の同点ホームランで振り出しに戻すと、7番阿部捕手が劇的なサヨナラホームランで巨人はリードを許した試合を見事にひっくり返して大手を掛けた。これで巨人7年ぶりの日本一へ王手を掛けて札幌へ乗り込む! ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
4日プロ野球日本シリーズ巨人対北海道日本ハム戦の第4戦が東京ドームで行われ、4対8で北海道が2アウトからの集中打で尚成投手を攻略して対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。試合は巨人先発尚成投手、北海道先発八木投手の投げ合いで始まり、3回に北海道が2アウトから4番高橋選手のタイムリー、6番小谷野選手のタイムリーで4点を先制する。しかしその裏巨人も2番松本選手のタイムリーで1点を返すが、5回に北海道が4番高橋選手のホームランで突き放すと、7回にはスクイズを決め、8回には6番小谷野選手のタイムリーでダメ押しした。巨人も8回に4番ラミレスの3ランで追い上げたが最後は抑えの武田久投手が抑えてそのまま逃げ切った。これで対戦成績は2勝2敗のタイに持ち込まれ勝負は札幌ドームの第6戦以降にまで持ち込まれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日プロ野球日本シリーズ巨人対北海道日本ハム戦の第3戦が東京ドームで行われ、7対4で巨人が壮絶な空中戦を3番小笠原選手の勝ち越し2点タイムリー2ベースでリードして北海道の反撃を振り切り2勝1敗で先勝した。試合は巨人先発オビスポ、北海道先発先発糸数投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が3番稲葉選手のホームランで先制すると、2回にも6番小谷野選手のホームランで2点リードするが、その裏巨人は6番李、7番阿部捕手の連続ホームランで同点に追いつくと3回に3番小笠原選手のホームランで勝ち越すが、5回に北海道が1番田中選手のホームランで再び同点に追いつく。しかし巨人はその裏3番小笠原選手の2点タイムリー2ベースで勝ち越す。このまま逃げ切りかと思われた8回に北海道も反撃に転じて、ファースト李のエラーで1点を返されたが3番手山口投手が踏ん張り、その裏巨人が7番阿部捕手の2点タイムリーでダメ押しした巨人が最後は抑えのクルーンが締めて第3戦は巨人が制した。これで巨人は2勝1敗と先行して第4戦を迎える。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
1日プロ野球日本シリーズ北海道日本ハム対巨人の第2戦が札幌ドームで行われ、4対2で北海道日本ハムがエースダルビッシュの緊急先発の前に攻略できず先発内海投手が3番稲葉選手のホームランなど5連打で4失点して敗れ対戦成績を1勝1敗の5分となって東京ドームに舞台を移す。試合は北海道先発ダルビッシュ、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、緊急登板したダルビッシュは3,4割の力しか出ない中で確り組み立てて巨人に付け入る隙を与えない。北海道は3回に3番稲葉選手のホームランで均衡を破ると、5番スレッジ、7番糸井選手のタイムリーで内海投手をKOした。巨人も4回に1死1塁から5番亀井選手の2ランで2点差として追撃するが、6回まで投げたダルビッシュを2死満塁まで追い込むも3番小笠原選手が三振に倒れ追いつけない。両チーム共得点できず9回に北海道は抑えの武田久投手を投入して逃げ切った。これで巨人は対戦成績を1勝1敗とされて本拠地東京ドームに戻る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
31日プロ野球日本シリーズ北海道日本ハム対巨人の第1戦が札幌ドームで行われ、3対4で巨人が1番坂本選手の勝ち越し2点タイムリーと代打李のタイムリーでリードした得点をリリーフ陣が守り切り初戦を制した。試合は北海道先発武田勝投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、2回に巨人が6番谷選手のホームランで先制するもその裏北海道は5番スレッジのホームランで同点に追いつく。両チームとも譲らず迎えた5回に巨人は2死2,3塁から1番坂本選手のタイムリー2ベースで2点を勝ち越す。しかし北海道も6回に先発ゴンザレスを攻めて2番手山口投手から代打二岡選手のタイムリーで1点差とするが、巨人は7回に代打李のタイムリーで突き放すと、3番手越智投手も抑えて迎えた9回に巨人は抑えのクルーンを投入するが、1点を返されなおも2死1,2塁も最後は6番小谷野選手を三振に打ち取り巨人は接戦を拾った。これで巨人は日本一へ先勝して第2戦を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第4戦が東京ドームで行われ、8対2で巨人が谷選手の満塁ホームランで中日の野望を打ち砕き2年連続日本シリーズ進出を決めた。試合は巨人先発東野投手、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、初回に2番松本選手のバント処理のミスの間に1点を先制すると5番亀井選手のタイムリーで2点を先制する。3回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで無死満塁から6番谷選手の満塁ホームランで一気に試合を決めた。中日も4,5回に1点ずつ返したが、巨人は6回に4番ラミレスのダメ押しタイムリーで中日の戦力を喪失させた。9回に今季限りで引退する立浪選手が代打で登場して場内は惜しみない拍手で立浪選手を送られた。最後は抑えのクルーンが抑えて巨人は2年連続日本シリーズ進出を決めた。これで巨人は日本シリーズで28年ぶりに北海道日本ハムと日本一を掛けた戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第3戦が東京ドームで行われ、5対4で巨人が原監督の代打策が成功し中日から逆転勝利で2年連続日本シリーズ進出に大手を掛けた。試合は巨人先発尚成投手、中日先発吉見投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手の2ランで2点を先制すると、中日先発吉見投手が5回まで無失点に抑える。しかし巨人は6回に4番ラミレス、5番亀井選手の連続ホームランで一気に同点に追いつく。しかし中日は3番森野選手の内野ゴロの間に1点、4番ブランコのタイムリーで2点リードするが、8回に巨人が5番亀井選手の打球をショート井端選手が失策して1点を返すと、代打脇谷選手の逆転2点タイムリー2ベースで逆転に成功した巨人が最後は抑えのクルーンが3人で抑えて3勝1敗として日本シリーズ進出に大手を掛けた。これで巨人は今日にも2年連続日本シリーズ進出を決める。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第2戦が東京ドームで行われ、6対4で巨人が4回にキャプテン阿部捕手のホームランを皮切りに代打大道選手の2点タイムリーで中日を突き放してそのまま逃げ切り対戦成績を2勝1敗として先行した。試合は巨人先発オビスポ、中日先発チェンの投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手の2ランで2点を先制されるが、その裏巨人が3番小笠原選手のタイムリーで1点を返す。3回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで同点に追いつくと、4回に7番阿部捕手のホームランで勝ち越すと、原監督は勝負を掛けて代打大道選手の2点タイムリー2ベースで3点リードを奪った。5回にも1番坂本選手のタイムリーでリードを広げた。中日は8回に7番藤井選手の2ランで2点差としたが、最後は抑えのクルーンが締めて巨人は対戦成績を2勝1敗とした。これで巨人は2年連続日本シリーズ出場へ一歩リードした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
21日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第1戦が東京ドームで行われ、2対7で中日が先発ゴンザレスの立ち上がりを攻めて野本選手の3ランなどで5点を奪い初回で勝負を決めて対戦成績を1勝1敗の5分に持ち込んだ。試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発小笠原投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手のタイムリーで先制すると5番和田選手のタイムリーで2点リードし、6番野本選手の3ランで初回で5点をリードした。巨人も2回に8番古城選手のタイムリーで1点を返すが、3回に中日が4番ブランコのホームランで突き放して完全に中日ペースで試合が進み、6回に8番谷繁捕手のタイムリーでダメ押しした。巨人も7回に1点を返すが、最後はセットアッパー浅尾投手が抑えて巨人は3年連続CS初戦を落とした。これで巨人は対戦成績を1勝1敗として5分に持ち込まれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ5対3で東京ヤクルトが8回裏に逆転に成功し、巨人は内海投手の10勝と年間90勝はならずリーグ戦全日程を終えた。試合は東京ヤクルト先発由規投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、7回まで巨人が3対2でリードして内海投手から山口投手、越智投手に繋ぐが、越智投手が捕まり8回に逆転を許して内海投手の10勝目はならなかった。試合もそのまま終わり巨人は44年ぶりの90勝はならなかった。これで巨人はリーグ戦全日程を終えてCSへ突入する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、1対0で広島が緒方選手の引退試合を飾る10年ぶりの1時間試合となる1時間52分で決着し巨人は90勝は最終戦に持ち越しとなり、ゴンザレスの最多勝は無くなった。試合は広島先発大竹投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、初回に広島が3番天谷選手の犠牲フライで先制すると、投げては先発大竹投手がテンポよく投げ続け巨人はチャンスらしいチャンスすら作れない。ゴンザレスも初回以降ピンチらしいピンチもなく迎えた8回裏今季限りで引退する緒方選手が代打で登場し、最後の打席で3ベースを放ち最後はゴンザレスの暴投でホームを狙うもタッチアウトとなった。最後まで巨人は先発大竹投手は攻略できず、巨人は44年ぶりの90勝は最終戦に持ち越しとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
4日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、1対5で巨人が尚成投手の好投で勝利し、尚成投手は2年ぶりの10勝を上げて90勝に王手を掛けた。試合は東京ヤクルト先発村中投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、2回に巨人が7番小田嶋選手の2ランで2点を先制すると、5回には相手の押し出しなどで3点を追加した。投げては尚成投手が8回を1失点に抑え10勝目を上げた。これで巨人は今季89勝として残り2試合で90勝を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
2日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、0対1で巨人は横浜4番村田選手のホームランの1点が重く圧し掛かり内海投手の10勝目はならなかった。試合は巨人先発内海投手、横浜先発ランドルフの投げ合いで始まり、両投手譲らず迎えた7回横浜が4番村田選手のホームランで均衡が破れた。巨人も反撃を試みるが及ばず内海投手の10勝目がならなかった。これで巨人は年間90勝までの到達が少し厳しくなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ2対6で巨人がラミレスの7年連続100打点を飾る勝利で中日戦3タテを阻止した。試合は中日先発川井投手、巨人先発オビスポの投げ合いで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制するが、その裏中日が4番ブランコの内野ゴロの間に1点を返すが、2回に巨人が3番小笠原選手、4番ラミレスの連続タイムリーで2点を追加すると、4回にはライトのエラーで2点が入り終始有利のまま試合は展開し、投げては先発オビスポが8回1失点で6勝目を上げた。これで巨人は中日戦の3タテを阻止して残り試合の個人タイトルとCSへの調整に専念する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、3対2で巨人が終盤に逆転し内海投手は2桁勝利まであと1勝とした。試合は巨人先発内海投手、広島先発ルイスの投げ合いで始まり、4回に広島が5番マクレーンのホームランで先制すると、5回に2番天谷選手のタイムリーで追加点を上げる。しかし巨人は6回に2番松本選手の犠打の間に2塁走者坂本選手の好走塁1点を返すと7回には7番阿部捕手の30号ホームランで同点に追いつくと、8回には代打大道選手の内野ゴロをショートの野選で勝ち越しに成功し、投げては先発内海投手が8回2失点に抑え、最後は2番手豊田投手が広島の反撃を抑え勝利した。これで巨人はリーグ1位決定後の試合を粘って勝利し年間90勝以上を目指し、個人成績を含めて調整していく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、5対3で巨人が谷選手、ラミレスのホームランなどで小刻みに得点を重ねて最後は抑えのクルーンが締めて3年連続リーグ1位を決めてリーグ戦ではV9を達成して以来のリーグ3連覇を達成した。試合は巨人先発オビスポ、中日先発山井投手の投げ合いで始まり、2回に6番谷選手のホームランで先制すると、5回に4番ラミレスのホームランに、8番古城選手のタイムリー、9番オビスポのプッシュバントヒットで3点を追加したが、6回に中日が8番谷繁選手の3ランで1点差に迫るが、7回に4番ラミレスのタイムリーで突き放すと、2番手越智投手、最後は抑えのクルーンが締めて、巨人は3年連続リーグ1位を決めて3連覇を達成した。これで巨人はリーグ1位としてCSで中日か3位チームとの戦いで日本シリーズ出場権を掛けて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、2対0で巨人が5番亀井選手の2ランを守り切りマジック1として23日に引き分け以上でリーグ1位が決まる。試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発チェンの投げ合いで始まり、5回まで両投手とも譲らず迎えた6回巨人は1死1塁から5番亀井選手の2ランで先制すると、投げては先発ゴンザレスが7回を無失点で切り抜け、2番手越智投手、最後は3番手山口投手が抑え巨人がマジックを1として23日にも引き分け以上でリーグ1位が決まる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、2対8で巨人が3回の打者一順の猛攻で東京ヤクルトに大勝しマジックを5として東京ドーム6連戦で一気にリーグ1位を決めにかかる。試合は東京ヤクルト先発由規投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、3回に巨人は3番小笠原選手のタイムリーから口火を切り、打者一順の猛攻で一挙5点を上げる。4回には3番小笠原選手のホームラン、5回には8番脇谷選手のタイムリーで試合を決めた。投げては先発尚成投手が6回に2失点した以外は危なげない投球で今季初完投で勝利した。これで巨人はマジックを5として最短で23日にもリーグ1位が確定する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

17日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、4対2で巨人が連敗を2で止めてリーグ1位マジックはついに1桁の9に突入した。試合は巨人先発オビスポ、阪神先発久保投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリーで先制すると、6番谷選手のタイムリーで追加点を上げる。しかし阪神も3回に3番鳥谷選手の押し出し、4番金本選手の犠牲フライで同点に追いつくが、その裏巨人は4番ラミレスのホームランで勝ち越しに成功すると、6回に6番谷選手のホームランでリードを広げると、先発オビスポが7回を2失点に抑え、2番手山口投手、最後は抑えのクルーンが抑えて巨人は阪神戦の連敗を止めて3で止めてマジックを9とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、5対13で巨人が連夜の大量得点で勝利しマジックを12とした。試合は広島先発斎藤投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制するが、広島はその裏5番マクレーンの2点タイムリーで逆転する。しかし巨人は2回に5番亀井選手のホームランで同点に追いつくと、5回に相手のミスからチャンスを広げて一挙4点を上げてリードすると、7回には4番ラミレス、8番中井選手のプロ初ホームランで5点を上げて試合を決めた。投げては先発内海投手が7回を2失点に抑えて勝利投手となった。これで巨人は着実にマジックを減らして週間勝ち越しに大手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、4対2で巨人が東京ヤクルトのミスに付け込んで逆転し阿部捕手のホームランで試合に決着をつけた。試合は巨人先発尚成投手、東京ヤクルト先発由規投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの内野ゴロの間に1点を先制するが、2回に東京ヤクルトが7番川島選手の内野ゴロ、8番相川捕手のタイムリーで逆転に成功するが、その裏巨人は2番松本選手の打球をショート川島選手の悪送球で逆転に成功する。こう着状態が続いた6回に巨人は6番阿部捕手のホームランで突き放した巨人が2番手越智投手、3番手山口投手、最後は抑えのクルーンが抑え巨人は引き分けを挟んで4連勝とした。これで巨人はマジックを18に減らして再びビジター6連戦でマジックを減らしたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
4日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、3対3で巨人が9回2アウトで3番小笠原選手の打球が天井を直撃して奇跡の同点打となり、捕手不在を木村選手が見事にカバーして今季最長の5時間27分の試合をドローに持ち込んだ。試合は巨人先発グライシンガー、東京ヤクルト先発ユウキ投手の投げ合いで始まり、東京ヤクルトが2回に6番宮本選手のタイムリー、3回に3番青木選手のタイムリーで2点を先制すると、巨人は6回に3番小笠原選手のホームランで1点差とするが、7回に1点を許し、迎えた9回1点差とした2死3塁で3番小笠原選手のフライは天井を直撃し目測を誤った外野が取れず同点に追いついた。そして延長11回には3番手加藤捕手が頭部死球で負傷退場すると捕手不在を木村選手が10年ぶりにマスクをかぶりこのピンチを切り抜けてドローに持ち込んだ。これで巨人は今季9度目のドローとなったが、マジックを19に減らした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2日福井球場で巨人対横浜戦が行われ、6×対5で巨人が9回に坂本選手の2ラン、ラミレスのサヨナラヒットで2連勝としマジックを21に減らした。試合は巨人先発東野投手、横浜先発三浦投手の投げ合いで始まり、2回に横浜が3点を先制すると、4回にも追加点を与える苦しい展開が続くが、4回に巨人は6番谷選手のタイムリーで1点を返すと、8回に6番谷選手、7番阿部捕手の連続ホームランで2点差まで迫ると、9回に巨人は1番坂本選手の2ランで同点に追いつくと、最後は4番ラミレスのサヨナラタイムリーで巨人は横浜戦2連勝でマジック21に減らした。これで巨人は横浜戦2連勝で再びマジックを減らす事に成功し長期遠征を終えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、 2対4で巨人が3番小笠原選手の1000打点を祝う2ラン、 4番ラミレスの2打点で逃げ切りリーグ1位マジック26が点灯した。 試合は中日先発吉見投手、巨人先発久保投手の投げ合いで始まり、 3回に巨人は3番 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、4対7で巨人が4番ラミレスの通算1500安打を飾る4安打で快勝し中日戦勝ち越しを決めて27日の試合に勝利すればマジック26が点灯する。試合は中日先発川井投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制すると、5回に2番松本選手のタイムリー、6回に7番阿部捕手の犠牲フライで2点を追加する。しかし中日も6回に3番森野選手のホームランで1点を返すが、7回に巨人は4番ラミレスのタイムリー2ベースに5番亀井選手の犠牲フライで2点を追加し、8回にも1番坂本選手のタイムリーでダメ押しした。中日も7回に李炳圭のホームラン、9回に代打平田選手の2ランで追い上げたが、届かず巨人は中日戦勝ち越しを決めた。これで巨人は27日の試合に勝利すれば待望のリーグ1位マジック26が点灯する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
23日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、 1対2で巨人が守護神林昌勇を攻めて2つ連続押し出しで 逆転に成功し最後は抑えのクルーンが抑えて東京ヤクルト戦勝ち越した。 試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、 4回に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、4対3で巨人が横浜に競り勝ちし同一カード3連勝で広島に敗れた中日とのゲーム差を2.5とした。試合は巨人先発久保投手、横浜先発ウォーランドの投げ合いで始まり、2回に横浜が4番ジョンソンのホームランで先制すると、3回には3番内川選手のタイムリーで追加点を上げる。巨人はその裏2番木村選手の時に出塁した坂本選手が2盗、木村選手のヒットの打球を横浜がミスする間に生還し1点差とし、4回には4番ラミレスの併殺打の間に同点に追いついた。しかし横浜は5回に3番内川選手のタイムリーでリードを許すが、その裏巨人は2番木村選手の犠牲フライで同点に追いつき、3番阿部捕手のホームランで逆転に成功すると、巨人は2番手藤田投手、3番手越智投手、4番手山口投手、最後は抑えのクルーンが抑え巨人は対横浜戦3タテをした。これで巨人は広島に敗れた中日とのゲーム差を2.5とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、4対0で巨人が東野投手の好投と小笠原選手の2点タイムリーで勝利し2連勝で横浜戦勝ち越しを決めた。試合は巨人先発東野投手、横浜先発三浦投手の投げ合いで始まり、3回に巨人は3番小笠原選手の2点タイムリーで先制すると、4回にも8番古城選手の2点タイムリーで追加点を上げた。投げては先発東野投手が横浜打線を抑え込み今シーズン6勝目を上げた。これで巨人は2連勝とし中日とのゲーム差を守った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ