ステイホームから3か月が経過し緊急事態宣言をへて解除となったものの世界は大きく変わってしまった3か月は本当にすべての価値観を変えてしまいました。その間に東京五輪は延期となりプロ野球、Jリーグ、映画、ドラマ、イベント全てが中止となり何もない3か月を送るとは誰も想像できなかった。

そして新たなる誰も経験した事のない夏を迎える訳ですが正直これから新型コロナウイルスがどういう状況になるのか全く読めません。それでもみんなは生きていかなければならないという事で新しい生活様式で迎える夏となります。

そんな6月方針を綴ろうと思います。


野球記事

緊急事態宣言が解除されようやく6月19日に開幕する事が決定しました。既に甲子園大会も中止となり、プロ野球が開催できなければ何も開催できないほどの状況でありますが、まずプロ野球ができる事を証明する為の戦いが始まります。巨人もこの状況で迎える開幕で果たしてどんな戦いをしていくのか注視しております。

そしてBCリーグもようやく開幕できる目途が付きましたが正直いくら観客が少ないと言っても経営危機の球団が多く予断を許しません。

まずできる事を証明する戦いが始まります。


サッカー記事

Jリーグも緊急事態宣言解除に伴い、J2、J3が6月27日、J1が7月4日が再開となります。

再開するとはいえ現状では7月11日までは無観客試合を開催される事となり、これはJリーグ史上でも2014年3月の浦和対清水戦の制裁による試合以来となりますが、今回は観客の安全を考慮した上でありこのような事態を迎える事になろうとは誰も予想ができませんでした。そしてさらに観客が入れるようになっても最初は50%以下で5000人以下というとても厳しい条件の中で観戦となります。

私は新潟のシーズンパス所有者なのでその扱いについては今後クラブから案内が届きますが、私の場合は指定席で1人で観戦しかつメインスタンドのかなり高めの席で観戦している事と後援会員費が3口会員である事を踏まえると再開後の入場が解禁され入場制限でも優先順位は高い方として行ける可能性はあります。

ただ感染症の条件を踏まえると年齢制限は敷かれる可能性が非常に高く、高校生以下及び60歳以上の入場は難しいのではないかと感じております。高校生以下という理由は既に休校が長引き学情優先という観点から制限される可能性が高く、60歳以上は観戦したら重症化しやすいのと感染力が年齢が高いほどあるという事を踏まえて制限対象になる可能性があります。

それに加えて行ける人でも当日に37度5分以上の人は入場できず、さらにマスク及び消毒など徹底した感染予防対策をして行かなければならず観戦するだけでもハードルは相当高い。

まさに未知の世界で観戦に行く事となります。そして今年はおそらく県外へ行く事はまったくできないので今年は県内から出る予定はありません。

J1も7月4日に再開となりますが、J1の場合は残り33試合なので41試合あるJ2と比べればルヴァン杯さえノックアウトのトーナメントにする事で試合数の削減が可能です。既に今年いっぱい国際試合は開催不可能という観点からも国内リーグのみの戦いになるでしょう。

映画記事

こちらも緊急事態宣言が解除され映画館は再開されたものの、既にガイドラインで席を間を空けなければならず収容人数問題もあり殆どの作品が公開延期となってしまいました。

通常の座席数かオンラインで鑑賞できるようでない限りは新作公開は多くはしばらく延期となり映画館のラインナップの殆どは過去の作品ばかりの上映となってしまうだけに私自身復帰予定だった作品が公開延期となり、現時点では早くても7月17日まで鑑賞する作品はありません。その作品すら延期される可能性が高く7月も全滅する可能性すらあります。

少なくても上半期の劇場鑑賞は既に見送りを決めておりますのでしばらく映画館に行く事はありません。

場合によっては今年公開された作品の配信をレビューする可能性はありますが現時点でレビューネタはありません。


ドラマ記事

現在大河ドラマも7日を持ってしばらく休止となり、しばらく新作ドラマの視聴は無くなってしまいます。番組編成期でもここまで何もドラマがない事は過去に東日本大震災で1か月遅れのドラマはありましたがそれでも1か月ですがほぼ1クール見送りとなる事態はテレビ業界史上初となります。

予定していた火10、水10、木9、日9も放送が延期となり、唯一続いていた美食探偵明智五郎も6話で中断となってしまいました。これらが始まるまではしばらく過去の傑作ドラマの特別編で乗り切る予定です。

音楽記事

こちらは随時レビューとなります。

メディア記事

こちらも随時レビューします。

その他記事

こちらも随時レビューします。

以上6月方針でした。

管理人のオフですが年次報告書類を後は出すのみとなりました。

新型コロナウイルスの影響により何も活動する事がない状況でしたがようやくプロ野球がJリーグが開幕再開します。最初こそ無観客ですがそれでも試合を観れる事は幸せとDAZNやテレビで視聴していく事になるのはひとまずメリハリのなくなっていた日常を取り戻せそうです。

さて私自身全ての趣味が自粛状態となってしまい今は仕事の時以外外出は本当に限られています。テレワークとは全く無縁の仕事をやっているので仕方ないのですが何時感染するかわからない状況で仕事をする事は正直かなり不安との生活だと感じる毎日です。

私自身もステイホームが始まってから大きく変えたのがマスクの徹底はもちろんですが、消毒及び手洗い、うがい、洗顔、検温と本当にこれまで全くしなかった訳ではありませんが毎日徹底してやっています。特に手先の消毒は外出先では頻繁にしているのでこれは癖をつけています。

あとコロナ対策の多くはキャッシュレスは既にこの騒動前からやっていたのでいち早く対応しておりますし、オンライン名刺も既に3年前からEightを使っていたのでスマホ及びネットで名刺交換は可能になっております。

あとこれから夏に向けて熱中症の危険があるだけにマスクは夏に向けて洗えるマスクを多く調達しました。私が選んだのは水着素材のマスクということで今月から実際に着用しましたが風を当てれば涼しく過ごせる事がわかったので素材も水に濡れる事を前提としているだけにこの夏を過ごすには1番良いのかもしれません。

あとは観戦アイテムとしても既にクラブから発売されたマスクは調達済みという事でやはり支援も兼ねて購入して観戦する時に着用をしていきます。

そして今月はいよいよキャッシュレス還元の最終月となるので現在政府が延長を検討しておりませんが最後の月に買わなければならない物を揃える予定です。

試合に足を運べるようになるまで確り準備していきます。

という事で6月もよろしくお願い致します。