新元号が令和に決まりいよいよ平成も残り1か月となりました。平成の30年を生きてきた者としては色々な思いが交錯する訳ですが、色々な平成の終活も終わりあとは新たなる時代を迎えて次の時代が良い時代であってほしいと願うばかりです。

という事で平成最後の月方針を綴っていきます。

野球記事

いよいよプロ野球が開幕し長いペナントレースの幕が開けました。平成最後の公式戦は今月一杯となりますが、新たなる時代ではどんなドラマが観れるのか楽しみです。個人的には令和になってから公式戦2試合を既に観戦する予定が決まりました。東京ドームの観戦は実に14年ぶりに観戦となりますが、それだけここ14年は地元で巨人戦を観れる機会があったから行かなかったと言えます。

広島との開幕カードを勝ち越した巨人は今シーズンどういう戦いをしていくのか?令和になって初めての試合になるだけに楽しみです。

そしてBCリーグも今週から開幕します。なかなか多忙なので開幕戦へは行く事ができませんが毎年必ず1試合は観戦しているので日程を見て観戦に行きたいと思います。


サッカー記事

開幕して1か月となりますが、アルビレックス新潟は開幕4試合は好調をキープしましたがここ2試合は攻撃陣の不発により連敗を屈して再び下位グループに転落してしまいました。サッカーそのものは悪くないのですが、如何せん長年の課題であるFWの決定力不足が解消されず6試合を戦った感じです。前半戦はアウェイが圧倒的に多いので厳しい戦いになりますが、まず開幕10試合を何としても勝利5割はキープしたいところです。

そして浦和レッズは調子が上がらない状況にもかかわらずリーグ戦3試合2勝1分と悪くても結果を残している事はチームにとってプラスだと思います。悪い時に勝てる事で良い時には更に良い結果が出ると前向きに捉えられるだけに4月の戦いに注目です。あと5月のチケット確保したので初めてホームでの観戦も決まりました。2年前に中立の立場で埼スタには行ったのですが、あの時は6万人の満員の中で観戦しましたが今回は自由じゃなく指定席を確保したので改めて違った視点から試合を観たいと思います。

映画記事

今月は3〜4本予定しております。マイペースに鑑賞していく予定です。

ドラマ記事

大河は継続し、4月は水10、火10、木10、日9、日10.3の視聴を予定しております。記事のレビューは今のところ水10と日9は確実にしますが、それ以外は書きたくなったら書くスタンスです。もちろんツイート実況は致します。

音楽記事

こちらは随時レビューします。

メディア記事

こちらも随時レビューします。

その他記事

こちらも随時レビューします。

以上4月方針でした。

管理人のオフですが昨年1年間の目標は大幅にクリアしたので3年連続クリアを目指して全力で仕事に取り組みますがワンオペに精神的に疲労困憊という状況です。

さていよいよ平成も1か月となり平成から令和へ時代が変わる訳ですけれど、平成という時代は私にとっては不遇の時代だったという印象しかありません。就職氷河期に丁度入り、最初の就職こそ上手く行きましたが、その後失業しまさかの専門学校入学という波乱の展開から卒業後1年就職浪人した経験を経て再就職しましたがその2年後に再び退職して半年ほど浪人して今の会社に12年以上勤めているというのが今に至ります。

会社を辞めても次の会社に行き着くまでが大変なのは過去の経験から痛感しているので余程の事がない限りは現在の会社を辞める事はできませんが、先があるか?と言われると先も正直明るくないというのが今の現在地ですね。それでも正社員としてやっているだけでもまだマシと思ってやっているので結婚せず1人であれば今の給料でも何とかやっていけるので結婚は正直なところ現実的じゃありませんね。

今の給料で結婚しても共働きでない限りやっていけないほどですから・・・私にとって結婚は現実じゃないというのが現実です。そんな現実を生きた平成なので良い時代と言えないのも無理もありません。私の世代で良い時代と言えるのは順調に就職して正社員として順調に仕事をしている人以外はいないでしょうね。低所得者層に入る人が多い私の世代ではまずそういう世代なので1人なら両親を看取った後なら何時でも亡くなる事ができるという状況であるので最後は孤独死になるのだろうとは思います。

とはいえそれまでは色々な事をやっていきたいので動けるうちに色々な経験をしていきたいとは思います。

先月私がこれまでやってきた事をとうとう終わらせました。平成の終活はこれにて終了という事で本当なら続けたかったのですけれど、自分の実力並びに自分のスキルと人望ではこれ以上の結果は出せないという事と他に後継者もいないという事で全ての責任を私が負うという事で負った責任は墓場まで持って行く事を決断した次第です。

私は最後の人になってしまった訳ですけれど、改めて自分には結果こそ残せたかもしれませんが、人望がなかった事が全てという事と、自らの力がなかった事が全てと言ってしまえばそれまでです。多分私じゃなかったらやる前に無理だと投げ出したかもしれませんが、同じ最後の人になる位なら結果を残して最後の人になろうという気持ちがあったので最後は最高の結果を残して終わらす事はできました。

最後の人の多くは結果を残せず終わってしまう人が圧倒的に多いですが、その逆というケースはあまりないとは思います。それでも終わらせてしまった事に変わりなく改めて知ったのは物事は継続させてこそ有能!という事です。どんなに最高の結果を残そうと継続できなければ無能だという事です。

そんな無能だった私でも結果を残して歴史に刻む事ができた事だけが私にとって唯一の救いだったと言えます。何時の日か私がやった事が評価される日が来る事を願って平成の終活としました。

色々と振り返りましたが平成のうちネットの世界で活動してもう20年以上になるのですが、この20年で経験できた事はネットの世界がなかったら絶対に経験できない事だったのだけは確かです。その事で私がやってきた事が歴史の1ページとして残せた事もあったという事実だけは確かですし、私に色々な可能性と経験を与えてくれたのが平成の時代でもあっただけにこの経験が次の時代にどう活かされていくのだろうか?という事は感じます。

という事で平成最後の1か月よろしくお願い致します。